筑波大学発ベンチャーSportipが下妻市と共同でイベントを開催

AIを用いた野球のスイング動作解析イベントを実施!

トレーナー・コーチ・整体師向けAI解析アプリ「Sportip Pro(スポーティッププロ)」を提供する株式会社Sportip(本社:東京都港区、代表取締役CEO:高久 侑也、以下Sportip)は、2021年1月に茨城県下妻市と共同でAIを用いた野球動作解析イベントを開催します。



■背景/目的
当イベントはSportip AIを活用することで、下妻市のWaiwaiドームしもつまへの有効活用が促進されるかどうか検証することを目的とし、開催をいたします。スポーツ活動の促進はもちろん、Sportip AIを活用することで個人のパフォーマンス向上を実現できるかどうかも合わせて検証いたします。

 
■概要 ※内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

日時:2021年1月24日(日) 13時〜15時

場所:Waiwaiドームしもつま(https://waiwai-shimotsuma.jp/)
対象:
・午前の部:地元高校野球部(こちらはお申し込みいただけません。)

・午後の部:一般の方(中学生以上)
※30名限定になります。先着順となりますので、ご注意ください。

コンテンツ詳細:
・姿勢分析・野球のスイング動作解析・結果の共有
スタッフが個々人の立位姿勢と野球のスイング動作を撮影し評価します。AIが自動で解析した結果はお持ち帰りいただくことができます。
※解析結果の見方はその場でスタッフがご説明します。

・スイング動作の半個別指導
解析結果を基とし、指導員を中心に参加者全体にスイングのフォーム指導を行います。
日頃の練習で疑問に思っていることがあれば、ぜひスタッフに質問してください。

・トレーニングの実践
個人の問題を解決するトレーニングについて正しいフォームで指導します。

参加費:500円/人

主催:下妻市 / 企画運営:株式会社Sportip

■参加申し込み
ご参加を希望の方は下記よりお申し込みください。
https://forms.gle/m4NYy8XmdNTwktiC8

注意事項
・コロナ禍の状況により、来場制限や開催中止の可能性がございます。
・運動靴で参加してください、スパイクは不可となります。
 
【下妻市にぎわい広場:Waiwaiドームしもつま】
Waiwaiドームしもつまは半屋外全天候型の広場で、スポーツからイベントまで多目的に使う事が出来る街なかのサードプレイスです。面積1,800㎡、フットサルコート2面の広さで、200インチ大型ビジョンを備えるなどイベントが開催しやすい設えとなっていますが、普段はレクレーションや日常の滞留空間として使われ、市民の交流の場として活用されています。


【株式会社Sportip 概要】
社名:株式会社Sportip (筑波大学発ベンチャー)
本店:東京都港区南青山二丁目2-15 ウィン青山942
本社:東京都文京区本郷二丁目39-6 大同ビル6階
ホームページ:https://www.sportip.jp/
代表:代表取締役 CEO 髙久 侑也
設立:2018年9月25日
資本金:1700万
事業内容:
■アプリケーション開発
■動作解析システムの開発
■メディアの運営:https://traininglab.sportip.jp/
受賞・採択歴:
- IAPS-TTA Soft landing Subsidy Program(台湾) へ採択
- 筑波大学産学連携推進プロジェクトへ採択
- InsTechオープンイノベーションビジネスコンテスト2019 最優秀賞
- GESA(The Global EdTech Startups Awards) 日本予選2019 最優秀賞
- Plug and Play Japan アクセラレータープログラム Summer/Fall 2020 Batch 採択
- IVS(Infinity Ventures Summit)2020 ONLINE LaunchPad 登壇
- Industry Co-Creation (ICC)  サミットFUKUOKA 2020 登壇
- Incubate Camp 13th 総合第4位

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Sportip >
  3. 筑波大学発ベンチャーSportipが下妻市と共同でイベントを開催