シタテルがJAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)のウェアを制作

〜社内の空気や文化を変えていくツールとしてチームウエアを活用〜

 人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す新しい研究開発プログラム「JAXA(※1)宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)(※2)」の「新事業を生み出す“プロデューサー”」の新しいウエアをプロデュースいたしました。

(※1)【JAXA】
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構。宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関。

(※2)【J-SPARC】
事業意思のある民間事業者等とJAXAの間でパートナーシップを結び、共同で新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す新しい研究開発プログラム。

■宇宙事業の「プロデューサー」というアイデンティティを象徴する衣装でインナー改革を目指す

「X-NIHONBASHI(クロスニホンバシ)」は、2018年に宇宙ビジネスにおける日本初の共創拠点として開設され、J-SPARCチームはこの共創拠点で活動されています。

JAXAではこれまで、エンジニアジャケットやスーツなど、それぞれの拠点で着るものが異なる文化があり、X-NIHONBASHIでも、スーツを着用されていました。しかし、ベンチャー企業の方々のカジュアルな服装とのギャップに、だんだんと違和感を感じる瞬間が出てくるようになり、オリジナルのウエアを制作することに。

JAXAの技術や知見を持ちながら、民間や政府を巻き込んで様々なアイデアを束ねていく、宇宙事業の「プロデューサー」という新しい肩書き。そのアイデンティティを象徴する衣装として、また”衣服の価値”としてJAXA自体の「インナー改革」を実装できるよう、オリジナルウエアの制作させていただきました。

■斜めジップアップパーカーがとてもスタイリッシュな「J-SPARC」のオリジナルウエア

生地は、光沢感のある濃紺を採用。表面の中央にジップがないため、カジュアルになりすぎず、ジップを上まであげるとスタンドカラーになるデザインとなっています。

​■スタンスや働き方も変わるセルフブランディング

ウエアを着ていると、社内外において会話のフックになることも。衣服が持つ価値はそれぞれですが、スタンスの表明(=セルフブランディング)であることにも気づき「ウエア一つで働き方も変わってくる」と感じていただいております。社内の空気や文化を変えていくこと、衣服がそのチャレンジのツールのひとつとして、お役立ていただくことができました。


■詳細はこちらから
【シタテル導入事例】
JAXAで新事業を生み出す“プロデューサー”の新しいウエア
https://sitateru.com/case/jaxa

■シタテル株式会社
衣服生産プラットフォーム事業を運営。「人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変える」をミッションに掲げ、衣類の生産インフラを必要とする人々が、いつ、どこであっても自由に服をつくることができるようなプラットフォームを提供。国内を中心とした1,000社の縫製工場・生地メーカー等と連携、16,000社のブランドやデザイナーが登録している。(2020年3月1日現在)

■会社概要
・会社名:シタテル株式会社
・代表取締役:河野 秀和
・事業内容:インターネットによる衣服生産のプラットフォーム事業の運営
・資本金:1億円
・従業員数:82名(2020年3月1日現在)
・設立:2014 年3 月    
・本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2階
・東京支社:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル8階
・Webサイト:https://sitateru.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シタテル株式会社 >
  3. シタテルがJAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)のウェアを制作