株式会社AIRSTAGEにパナソニックが長時間労働抑止システム「Chronowis」を納入

~時間外勤務を減らし、長時間労働を防ぐ働き方改革を目指して~

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:香田 敏行/以下、パナソニック)が提供している長時間労働抑止システム「Chronowis(クロノウィズ)」が、株式会社AIRSTAGE(本社:北海道川上郡、代表取締役社長:久保 直人)に導入されました。
「Chronowis」の導入事例は下記のサイトにてご紹介しています。

▼お客様の導入事例
https://www.panasonic.com/jp/business/its/chojikan.html#casestudy
導入に際して株式会社AIRSTAGEにインタビューした内容をご紹介させていただきます。

■業務課題と「Chronowis」導入背景(株式会社AIRSTAGEからのコメント)
働き方改革で時間外勤務を減らすため。
決められた時間以上に勤務しているスタッフや禁止している時間を超えても残業している社員が増えてきており、ルールだけでなくシステムの抑止力を用いて長時間労働を防ぐ必要があると感じたため。

■株式会社AIRSTAGEについて
主な事業内容:ドローンおよびドローン部品の販売・卸売等、講習の実施、農薬散布事業
ドローンの先駆けであるラジコンヘリを創業当時から扱い、農業や災害等の場で多面的に活躍しているドローンを販売しています。札幌店にお客様サービスセンターをかまえアフターサービスにも力を入れています。

その他のお客様の導入事例は、下記のURLよりダウンロードいただけます。

▼お客様の導入事例をダウンロードする
https://it-sol.jpn.panasonic.com/public/application/add/7589
 

「Chronowis」が選ばれる3つの理由「Chronowis」が選ばれる3つの理由


■長時間労働抑止システム「Chronowis」について
長時間労働抑止システム「Chronowis」は、パソコンの利用制限とPC稼働ログ取得で長時間労働の抑止を支援するサービスです。テレワーク導入などにより懸念される、勤務実態の未把握、長時間労働、法定労働時間超過リスクなどの課題に対し、PC利用時間の記録、時間外利用時のポップアップ表示や強制シャットダウン、残業時間が月間の上限値に達する前の事前通知などの機能で、労働時間を可視化し、働きすぎやコンプライアンス違反を防止します。
 

 

▼「Chronowis」製品サイト
https://www.panasonic.com/jp/business/its/chojikan.html

【お問い合わせ先】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
お問い合わせ受付窓口
電話番号:0570-087870
受付時間:9時~12時、13時~17時30分(土・日・祝・パナソニック指定休業日を除く)

▼Webサイトからのお問い合わせはこちらから
https://www.panasonic.com/jp/business/its/chojikan/sec/contact/agree.html
※「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください

長時間労働抑止システム「Chronowis」長時間労働抑止システム「Chronowis」

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 >
  3. 株式会社AIRSTAGEにパナソニックが長時間労働抑止システム「Chronowis」を納入