5カ国9拠点でシェアオフィス事業を展開するゼロテンパーク、熊本県・熊本市、SCBラボ、崇城大学など6者による包括連携協定を締結

SCBラボが主宰する「イノベーションアカデミー」を「The Company 熊本」内に開講

熊本県および熊本市、一般社団法人SCBラボ、学校法人君が淵学園 崇城大学、株式会社熊本日日新聞社と、プロジェクト創生型ワークスペース&コミュニティの『The Company(以下 ザ・カンパニー)』を運営する株式会社Zero-Ten Park(本社:福岡市博多区、代表取締役:榎本 二郎、以下 ゼロテンパーク)は、熊本の地域コミュニティ構築とイノベーション創発に向けた包括連携協定を2019年12月26日(木)に締結いたしました。調印式には、6者それぞれより代表者が出席し、連携協定締結にあたり今後の展望をコメントさせていただきました。また同連携の取り組みとして、SCBラボが主宰する「イノベーションアカデミー」をゼロテンパークが運営するコワーキング「The Company 熊本」内に開設することが決定しております。(2020年4月開設予定)

6者による包括連携協定・調印式にて6者による包括連携協定・調印式にて

左から、熊本県 副知事 小野泰輔氏、一般社団法人SCBラボ 理事(所長)星合隆成氏、学校法人君が淵学園 崇城大学 理事長・学長 中山峰男氏、SCBラボ 副代表理事 添島絵美氏、株式会社熊本日日新聞 代表取締役社長 河村邦比児氏、株式会社Zero-Ten Park 常務取締役 上田真也、熊本市 経済観光局長 平井英虎氏。

2020年4月、イノベーション人材を育成する「イノベーションアカデミー」を開講

2019年7月に開業した「The Company 熊本」2019年7月に開業した「The Company 熊本」

SCBラボが主宰する「イノベーションアカデミー」は、イノベーションを起こせる人材を育成する熊本発祥のオンリーワンのアカデミーです。同団体・理事の星合氏(崇城大学情報学部教授)が提唱する地域活性化、イノベーション創発、コミュニティビジネス創発のための新たな理論「地域コミュニティブランド」(Social Community Brand:SCB)は、単なるモノづくりを目的とするものではなく、モノづくりを通じて地域コミュニティや地域資源のつながりを構築することを狙いとしています。「単なるシェアオフィスの提供ではなく、コミュニティを構築する」ことを目指すザ・カンパニーの思想とも一致することから、今回の取り組みに至りました。

一般社団法人SCBラボ 理事(所長)星合 隆成 プロフィール

工学博士、崇城大学情報学部教授、早稲田大学招聘研究員。一般社団法人SCBラボ所長・理事、イノベーションアカデミー校長、元NTT研究所主幹研究員・参与。世界初のP2Pネットワークであるブローカレス理論・SIONet(シオネット)の提唱者として知られている。現在は、P2Pを地域活性化に活用する「地域コミュニティブランド」の研究を進めている。主な著書に、『ブローカレスモデルとSIONet』(オーム社・2003)、『つながりを科学する地域コミュニティブランド』(木楽舎・2018)など。

星合氏 コメント
地域創生・地域活性化に向けては、「新結合」によるイノベーションを創発することが大切です。この「新結合」イノベーションにおいては、特に「つながり」が重要になります。そこで、直観や経験に基づいて「つながり」を構築するだけでなく、「つながり」を科学的に構築することも大切になるのです。我々は、1998年に提唱した世界初のP2P理論である「ブローカレス理論」や、ブローカレス理論をベースにイノベーション創発のための理論として2011年に開発した「地域コミュニティブランド(Social Community Brand : SCB理論)」を用いて、「SCBイノベーションアカデミー」を拠点に地域イノベーションを推進していきます。

 

Zero-Ten Park 代表取締役 榎本 二郎 コメント:

ザ・カンパニーは、働き方や企業の規模に関わらず、プロフェッショナルが従来の組織の枠組みを越えて「つながる」ことで大きな仕事づくりを実現するための場としてスタートいたしました。単なるシェアオフィスではなく、多種多様な職種と人材が交錯し密な関係を築くことで入居者同士の仕事のクオリティが向上していくような空間を目指しています。今回の連携によって、「The Company 熊本」におけるコミュニティ構築を加速し、プロジェクトの創生と入居メンバー、ならびに地域経済の発展に貢献できるよう尽力していきます。

一般社団法人SCBラボとは
地域活性化・地域コミュニティ構築・イノベーション創発のための理論であるSCB理論(地域コミュニティブランド)の手法を用いて地域創生や地域社会の健全な発展を目指す。現在、全国でSCB理論を実践する取組みが50か所程で進んでおり、ソフトバンクやマイナビもSCBラボの加盟メンバーとしてプロジェクトを展開中。また、総務省、農水省、群馬県・熊本県等の地方自治体、企業での講演も積極的にも行っており、各方面から注目されている。
公式サイト:https://scblab.jp/

福岡発コワーキング『The Company(ザ・カンパニー)』とは
 

5カ国9拠点にて事業拡大!会員数は約400社・1100
・会員同士で仕事の受発注を可能にマルチロケーションで働く

『The Company』はワークシェアとマルチロケーションをキーワードに、新しいチームの作り方と大きな仕事づくりを可能にする全く新しい形のワークスペース&コミュニティです。「個人がタッグを組みプロフェッショナルチームに」「企業の枠にとらわれないチーム作りが即座に可能」「国内外にネットワークが繋がりグローバルな仕事を」単なる空間のシェアではなく、コミュニティの構築を目指しています。オリジナルSNSで繋がり、仕事をつくり、仲間を増やす。働き方が変わる新しい時代のワークスペースです。公式サイト: http://thecompany.jp/

■運営会社
商号:株式会社Zero-Ten Park
所在地:福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル1F
代表者:榎本 二郎
設立:2018年7月2日
公式サイト:http://zeroten.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Zero-Ten >
  3. 5カ国9拠点でシェアオフィス事業を展開するゼロテンパーク、熊本県・熊本市、SCBラボ、崇城大学など6者による包括連携協定を締結