<熱と暮らし通信>入浴に関する全国47都道府県別意識調査 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっている方は約5割 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」

入浴がストレス解消につながっていると答えた方が最も多いのは「東京都」 コロナ禍のストレスを解消するには「マインドフロ(風呂)ネス」!? 入浴科学者早坂先生監修「免疫が上がりやすい入浴法」

 今年も、秋冬が近づいてきました。気温も低くなり冷えが気になる季節です。この度、健やかな暮らしを提案するリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)は、入浴に関する意識を探るべく、入浴科学者・早坂信哉先生に監修いただき、全国47都道府県の20~60代の男女計2,350名を対象に調査を実施しました。
<主な調査結果>
  • 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっている方は約5割
  • 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」
  • 上がりやすい入浴ができているのは「千葉県」「栃木県」
  • 免疫の上がりにくい42℃以上の入浴をしている人は約3割いることが判明
  • 毎日浴槽に浸かる人が日本一多いのは「宮城県」、シャワー派が多いのは「沖縄県」
  • 日本一入浴温度の高い熱風呂県は「鳥取県」、温度が低いのは「宮崎県」
  • コロナ禍でストレスが増えた方は過半数
  • 入浴がストレス解消につながっていると答えた方が最も多いのは「東京都」
  • 冷え性に悩んでいる方が多いのは「東京都」「群馬県」「宮城県」
  • 温泉が好きだと答えた方は約7割、日本一温泉好きが多いのは「熊本県」


早坂 信哉 先生
東京都市大学人間科学部教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医。お風呂を医学的に研究している第一人者。「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」など多数のメディアに出演。主な著書は『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)、『入浴検定 公式テキスト お風呂の「正しい入り方」』(日本入浴協会)など。

入浴科学者 早坂先生に「免疫が上がりやすい入浴法」を実践できているかどうかを確かめる簡易チェックシートを作成いただきました。チェック数が5個以下の方は免疫が上がりにくい入浴をしてしまっている可能性大!

 

 

「免疫が上がりやすい入浴法」簡易チェックシートに関して、早坂先生に解説いただきました。


【早坂先生コメント】
免疫力を上げにくい入浴をしている人が約半数もいました。せっかく入浴するなら免疫力アップを意識した入浴をしていただけるといいですね!



入浴科学者 早坂信哉先生監修「免疫が上がりやすい入浴法」 簡易チェックシート
免疫が上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」

全12項目の「免疫が上がりやすい入浴法」簡易チェックシートを作成しました。チェックが5個以下の方は「免疫が上がりにくい入浴」をしてしまっている可能性が高いです。最もチェック数の少なかった項目は、「浴槽で深呼吸をする」、続いて「入浴前に浴室暖房をかける、シャワーでかけ流しをして浴室をあたためる」となりました。また、「汗が出るまで浴槽に浸かる」という方も少ないことが分かりました。

Q1.以下の入浴に関する内容について、あてはまるかどうかをお答えください。(単一回答 N=2,350 )

また、「免疫が上がりやすい入浴法」簡易チェックシートにおいて、チェック数が5個以下で免疫の上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」、続いて「島根県」という結果となりました。一方で、免疫が上がりやすい入浴(チェック数9個以上)を最も実践できているのは「栃木県」「千葉県」という結果になりました。

【早坂先生コメント】
免疫力の上がりにくい入浴法トップが沖縄県だったのはシャワー文化の影響が大きいですね。深呼吸をする人は少なく、お風呂の「湯気」の効果を意識している人がとても少ない人が分かりました。湯気を吸い込む方法は欧州の温泉療法ではよく行われる方法です。

秋冬の時期に毎日「浴槽に浸かる」方は約4割
毎日浴槽に浸かる人が日本一多いのは「宮城県」、シャワー派が多いのは「沖縄県」

秋冬の時期にどれくらいの頻度でお風呂に入るかを聞いてみました。その結果、毎日浴槽に浸かると答えた方が約4割、1週間に1回以上浸かる方は約7割となりました。一方、毎日シャワーのみですませる方は約3割と、秋冬の時期は浴槽に浸かる方が多いことが分かりました。

Q2.あなたは、秋冬の時期にどれくらいの頻度でお風呂(シャワー・浴槽)に入っていますか? 浴槽に浸かる場合、シャワーのみの場合のそれぞれについてお答えください。(単一回答 N=2,350 )

また、都道府県別で比べたみたところ、毎日浴槽に浸かる人が日本一多いのは「宮城県」、毎日シャワーのみですませる方が最も多いのは「沖縄県」となり、続いて「宮崎県」など比較的暖かい地域が上位にランクインしました。

【早坂先生コメント】
寒い地域で浴槽、温かい地域でシャワーが多い傾向にあり、浴槽派、シャワー派の違いは、気温に影響されているようです。普段、シャワー派の多い県の方も、この冬だからこそ、ぜひ浴槽に浸かっていただきたいです。

免疫の上がりにくい42℃以上の入浴をしている人は約3割いることが判明
日本一入浴温度の高い熱風呂県は「鳥取県」、温度が低いのは「宮崎県」

秋冬の時期に浴槽に浸かると答えた方に、入浴する際に何℃のお湯に入るかを聞いてみました。その結果40℃のお湯に入浴する方が約3割と最も多い結果となりました。一方で免疫が上がりにくい42℃以上のお湯に浸かっている人も約3割いることが判明しました。

Q3.あなたは秋冬の時期に浴槽に浸かって入浴する際に、何℃のお風呂に入ることが多いですか?(単一回答 N=1,709)

入浴の温度について都道府県別に比べてみると、入浴温度が日本一高い熱風呂県は「鳥取県」、続いて「奈良県」という結果になりました。また、日本一入浴温度が低いのは「宮崎県」という結果になりました。

【早坂先生コメント】

だいぶ40℃の適切湯温の方が増えてきた印象です。一方3割以上の方が未だに42℃以上の熱い湯で入浴されていることが分かりました。熱風呂県の方は、もう少しぬるい湯も試してみてください。40℃でも意外としっかり温まります。

浴槽に浸かる時間は「10分以上~20分未満」が最も多い結果に
日本一入浴時間の長い長風呂県は「茨城県」、入浴時間が短いのは「高知県」

浴槽に浸かると答えた方に、どれくらいの時間浴槽に浸かっているかを聞いてみました。その結果、「10分以上20分未満」と答え方が最も多く、続いて「10分未満」と答えた方が多い結果になりました。

 

Q4 .あなたは秋冬の時期に浴槽に浸かって入浴する際に、どのくらいの時間浴槽に浸かっていますか?(単一回答 N=1,709)

また、都道府県別で比べてみたところ日本一入浴時間が長いのは「茨城県」で21.1分、続いて「岩手県」「長野県」となりました。一方、日本一入浴時間が短いのは「高知県」で約10.7分、続いて「埼玉県」という結果となりました。

【早坂先生コメント】
多くの方が10分以上-20分未満と適切な入浴をしていました。とてもうれしいことです。一方、茨城県では平均が21.1分という長風呂でした。あまり長風呂だと、冬でものぼせ(入浴熱中症)の可能性があり、注意が必要です。

コロナ禍でストレスが増えた方は過半数
コロナ禍にストレスが増えたと感じた方が多かったのは「神奈川県」
入浴がストレス解消につながっていると答えた方が最も多いのは「東京都」

新型コロナウイルスの影響によるストレスについて調査しました。その結果、過半数の方が「ストレスが増えた」と答えました。また、都道府県別で比べるとコロナ禍で最もストレスが増えたと感じている人が多かったのは「神奈川県」、続いて「福岡県」が多いという結果になりました。

Q5.新型コロナウイルスの影響で、外出自粛や精神的な負担など、生活に様々な影響が出ています。 こうした状況で、あなたはストレスを感じることが増えましたか?(単一回答 N=2,350)

また、入浴とストレスの関係についてもきいたところ、入浴がストレス解消につながっていると答えた方は過半数という結果になりました。都道府県別で比べてみたところ、入浴がストレス解消につながっていると答えた方が最も多いのは「東京都」という結果になり、続いて「石川県」「福島県」「佐賀県」が上位にランクインしました。

Q6.あなたは、お風呂(シャワー・浴槽)に入ることがストレス解消につながっていますか?(単一回答 N=2,350)

【早坂先生コメント】
コロナの感染者数が多かった首都圏でストレスを感じる方が多いという結果になりました。特に東京では遠方への外出自粛期間も長く、自宅で手軽にできるストレス解消法として入浴が改めて見直されたことが明らかになりました。在宅勤務の時は、入浴の後は仕事はしない、など生活のメリハリにお風呂を活用するといいですね。

冷え性に悩んでいる方が多いのは「東京都」「群馬県」「宮城県」
入浴時にスマホを持ち込む方は約2割
スマホを持ちこんだ時は平均約12分入浴時間が伸びるという結果に

冷え性の悩みについて調査したところ、冷え性に悩んでいると答えた方が約3割という結果になりました。また、都道府県別で比べたところ冷え性に悩んでいる方が多い都道府県は「東京都」「群馬県」「宮城県」という結果になりました。

Q7. あなたは、冷え性に悩んでいますか?(単一回答 N=2,350)

浴槽に浸かって入浴すると答えた方に、入浴の際にお風呂にスマホを持ち込むかどうかを調査したところ、スマホを持ち込む方は約2割という結果になり、また、スマホを持ち込んだ時は平均約12分入浴時間が伸びるという結果になりました。

Q8.あなたは浴槽に浸かって入浴する際に、お風呂にスマホを持ち込むことがありますか?(単一回答 N=1,709 )

Q9.浴槽に浸かって入浴する際に、お風呂にスマホを持ち込むことがあるという方にお聞きします。 スマホを持ち込んだ時、お風呂に入っている時間が普段より長くなりますか? どのくらい長くなるかを、分単位でお答えください。(単一回答 N=320)

【早坂先生コメント】
冬に多い悩みの1つが冷え性です。宮城県が一番悩んでいる人が多い結果となりましたが、宮城は浴槽利用者も多いことから、冷え性改善のために浴槽に積極的に浸かっているのかもしれません。

温泉が好きだと答えた方は約7割
一方で、温泉に行く頻度は「1年に1回未満」が最も多い結果に
日本一温泉好きが多いのは「熊本県」

温泉についての意識について聞いてみました。その結果、温泉が好きだと答えた方は約7割という結果になりました。また、都道府県別に比べてみたところ、温泉好きが多かったのは「熊本県」、続いて「和歌山県」という結果になりました。

Q10.あなたは、温泉が好きですか?(単一回答 N=2,350)

温泉に行く頻度についても聞いてみたところ、温泉に行くことはない人を除くと「1年に1回未満」と答えた方が最も多く、温泉が好きな方が多いにも関わらずあまり行けていない方が多いことが判明しました。

Q11.あなたは、どのくらいの頻度で温泉に行きますか?※新型コロナウイルスの発生前についてお答えください。(単一回答 N=2,350)

【早坂先生コメント】
温泉の多い熊本県や古くからの温泉地がある和歌山県で温泉好きが多い結果となりました。しかし、温泉に時々行っている人は多くありません。免疫力改善効果は温泉の方が家庭風呂より大きいと考えられていますので、コロナに気を付けて温泉にも時々行ってみるとよいでしょう。

本調査で、コロナ禍によってストレスに悩んでいる人が多いことや、入浴によってストレス解消をしている方が多いことがわかりました。そんなコロナ禍において「免疫が上がりやすい入浴法」を入浴科学者 早坂先生におまとめいただきました。

【調査概要】

調査時期 :2020年10月4日~10月6日
調査方法 :インターネット調査
調査対象  :20~60代 男女 計2,350人(各都道府県50人ずつ)
調査エリア :全国47都道府県


※本リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は、必ず【リンナイ調べ】とご明記ください。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンナイ株式会社 >
  3. <熱と暮らし通信>入浴に関する全国47都道府県別意識調査 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっている方は約5割 免疫が上がりにくい入浴をしてしまっているのは「沖縄県」