レンジャーシステムズ、IoTコネクティングサービス「monoコネクトBLE」がIoTBASEの「IoTCanvas」と連携

〜BLEビーコンと小型ゲートウェイで、多様なセンサーデータをクラウドへ送信〜

レンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)が提供するIoTコネクティングサービス「monoコネクトBLE」は、IoTBASE株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:澤和寛昌、以下IoTBASE)が提供する「IoTCanvas」と接続対応を行ったことをお知らせします。

 


◼️monoコネクトBLEについて
monoコネクトは、人や物の動き・温度・明るさ・湿度・CO2濃度など様々な状態を検知するセンサーをBLEビーコン内に組み込んだIoTセンサーと、センサーデータを集約してクラウドに送る専用小型ゲートウェイを組み合わせたコストパフォーマンスとサービス設計の柔軟性に優れた、monoごとをつなぐIoTコネクティングサービスです​。

▼特徴

  • 低価格:IoT事業への新規参入において阻害要因となるコスト問題を解決
  • 自由なサービス設計:ゲートウェイのデータ送信先や通信プロトコルなどの設定がWeb上で可能 
  • 運用構築が不要:ゲートウェイの死活監視やFWの更新が可能なWeb管理画面を提供

▼対応BLEセンサーと活用例
【開閉】トイレや部屋の扉の開閉により利用状況を可視化
【人感】会議室などの空間の在室状況を可視化
【遮断】倉庫などにあるモノの有無を検知
【温湿度】オフィスや工場などの温湿度を可視化
【加速度】モノが動いたことの検知やリアルタイムでの動きの検知
【マット】モノの重さを検知し、人の滞在時間や混雑状況などの可視化が可能

「monoコレクトBLE」紹介サイト
https://ranger-systems.co.jp/service/visualization/mono-connect-ble/

■IoTCanvasについて
「IoTCanvas」は、現場の見える化で業務課題を解決するIoTクラウドサービスです。
デバイス/回線/アプリをワンストップで提供し、簡単・低コストでIoT活用による課題解決を実現します。

「IoTCanvas」紹介サイト
https://iotbase.co.jp/service/iot-canvas/

 

 

▼IoTCanvasの仕組み
用途別のパックを組み合わせて様々な業務課題を1つのアプリで解決します。

 

 

■用途別パック一覧


■IoTBASE株式会社 会社概要
会社名:IoTBASE株式会社
代表者:代表取締役 澤和 寛昌
事業所:東京都豊島区南池袋2-35-10 レインボービル5F
事業内容:IoTシステムの企画・開発・提供及びコンサルティングURL:https://iotbase.co.jp/

■レンジャーシステムズ株式会社 会社概要
会社名:レンジャーシステムズ株式会社
代表者:代表取締役社長 相原 淳嗣
所在地:東京都港区新橋2-6-1 さくら新橋ビル6F
設立:2007年10月
資本金:3,000万円
事業内容:ネットワーク・システムインテグレーション事業
URL:https://www.ranger-systems.co.jp/

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先◆
企業名 : レンジャーシステムズ株式会社
担当者 : IoT事業部 江野
TEL  : 03-6257-1850
E-Mail : information@ranger-systems.co.jp

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. レンジャーシステムズ株式会社 >
  3. レンジャーシステムズ、IoTコネクティングサービス「monoコネクトBLE」がIoTBASEの「IoTCanvas」と連携