エナーバンク自社メディア「電力バンク」が月間12,000PV突破

コロナ禍でコスト削減や新電力・電力切り替えに関する記事へのニーズが拡大

株式会社エナーバンク(本社:東京都中央区、以下:エナーバンク)が運営する自社メディア「電力バンク」は2019年3月にリリース以降、投稿数を85記事まで増やし、法人企業が取り組むべき電力に関するアクションをわかりやすくブログ形式で紹介してきました。コロナ禍におけるコスト削減の拡大および、新電力や電力切り替えに関するニーズの高まりを受け「電力バンク」および自社プレスリリースの総月間PV数が12,000PVを突破しました。

■法人ユーザーからのアクセスが多数

アクセスにおけるデスクトップとモバイルの比率はデスクトップ56%、モバイル/タブレット44%でデスクトップからのアクセスが半数以上を占めており、コンシューマーとの差別化が難しい電力のWebマーケティングの中でしっかりと法人ユーザーに刺さるコンテンツを配信できているといえます。


■記事アクセスランキング(期間 2020/9/23〜2020/10/23)
コロナ禍で世の中のコスト削減のマーケットが拡大したことを受け、コスト削減記事が1位、2位を占めています。また、新電力に関する情報や電力切り替え時に気になる周辺の情報(高圧電力と低圧電力の違いや、日本卸電力取引所など)に対する検索ニーズが高いことがわかります。さらに、「高圧電力」のキーワード検索で1位(2020年10月23日時点)を獲得するなど電力リバースオークション「エネオク」のメインターゲットとなる法人ユーザーをSEOにて獲得できていることがわかります。電力バンクからの「エネオク」へのお問い合わせも増加しています。

 

No.1 企業のコストダウンが必須のコロナ時代!コスト削減には何をするべき?
https://blog.enerbank.co.jp/other/how-to-reduce-cost/
No.2 コロナの長期化が心配。無理なく経費を削減する方法とは。
https://blog.enerbank.co.jp/other/reduce-cost-effectivity/
No.3 なぜ新電力の方が電気料金が安いの?
https://blog-elb.enerbank.co.jp/eneoku/why-the-new-electricity-supplier-is-cheap/
No.4 電気料金明細を紛失してしまった場合の対処法
No.5 電気ってどこから調達するんだろう?日本卸電力取引所のこと
No.6 高圧電力と低圧電力の違いは?見分け方も含めて詳しく紹介!
No.7 日本は競争できるか?再エネ導入を加速する世界Net Zeroレースの様子
No.8 卒FITってなに?なにを卒業するの??
No.9 電気代ってどうやって決まるの?電気代が決まる仕組みを徹底解説
No.10 テプコ(東京電力)とは?法人向け電気料金プランを徹底解説!


■電力バンクの新たなコンテンツ 「経営者ブログシリーズ」

電力自由化、脱炭素の流れや再生可能エネルギーに対する環境が激変する中、エネルギーテックの経営者が今何を考えているか、実際に現場で動いているリアルなマーケットの情報を直接言葉で伝えていく「経営者ブログシリーズ」を開始しました。複雑なエネルギー環境の中でビジネスを行う方にとって少しでも事業のヒントにつながり、一緒にエネルギービジネスを加速させていければと考えています。

◯​なぜ今「需要家」が大事なのか  No.002
https://blog.enerbank.co.jp/ceoblog/ceoblog-002/
◯エネルギーにおけるテクノロジーの役割は No.003
https://blog.enerbank.co.jp/ceoblog/ceoblog-003/
◯小泉大臣が言う再エネを安くとは No.005

https://blog.enerbank.co.jp/ceoblog/ceoblog5/


■電力バンクとは

法人企業が取り組むべきアクションをわかりやすく紹介するエネルギー特化のメディアです。2019年3月にリリース以降、現在85本の記事を保有し、最新のトレンドや電力切り替えに関する情報をブログ形式で配信しています。

https://blog.enerbank.co.jp/

■エナーバンクが提供するサービス

・電力リバースオークション「エネオク」
「エネオク」は法人向けの電力調達サービスで、企業・官公庁・自治体で使われています。全国の小売電気事業者の中からWEB上でリバースオークション(競り下げ入札方式)を行い、施設を保有する法人事業者とマッチングする国内No.1の電力リバースオークションサービスです。2020年6月には環境省の「再エネ調達ガイド」にも掲載され、再エネプランやRE100を考慮した電力調達にも利用できます。

https://auctions.enerbank.co.jp/

・環境価値取引プラットフォーム「グリーンチケット」
https://www.greenticket.jp/

 

■会社概要
株式会社エナーバンク
代表取締役社長:村中健一
共同創業者COO:佐藤丞吾
東京都中央区日本橋2-1-17丹生ビル2F
TEL:03-6868-8463
mail:info@enerbank.jp
ホームページ:https://www.enerbank.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エナーバンク >
  3. エナーバンク自社メディア「電力バンク」が月間12,000PV突破