MUSESシリーズのフラッグシップオペアンプ「MUSES05」の量産開始

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:森田 謙一)は、高音質オーディオデバイス「MUSES」シリーズのフラッグシップとなる高音質オペアンプ「MUSES05」の量産を開始しました。
【概 要】
 MUSES(ミューズ)シリーズは、オーディオファンに"真実の音"を提供することを目的として開発された、高品位で原音に忠実な音を再現し、感性に響く音の追求をしたオーディオ専用デバイスです。
 今回量産開始したMUSES05は、従来のオペアンプやディスクリートで構成されたアンプでは、再現しきれなかった音楽情報を、余すことなく忠実に再現し、音楽を楽しむ事に特化したオーディオ専用のオペアンプです。
 


は、新日本無線株式会社の商標または登録商標です。



【特 長】
 ■高音質
MUSES05は、音質向上を実現する際の障壁になっていた生産性の制約を極力排除し、音質を重視した回路、材料、組立技術を用い高音質化を実現。

・MUSES05の高音質化技術

 

  1)高音質プロセス   
   ・オーディオ用にプロセスチューニングし、音質を重視した専用トランジスタを開発

                    高音質化ウェハプロセス
  2)高音質回路技術
   ・フルバランス型の差動増幅回路により応答性、ダイナミックレンジ、歪率の特性向上

                    フルバランス型差動増幅回路
  ・アンプ内の前段と後段の相互干渉を極限まで低減するため、回路の入力段と出力段を分離した2チップ構成

                    入力段と出力段の2チップ構成
 3)高音質素材
  ・リードフレームに高純度の無酸素銅を採用し、低損失と高放熱化を実現

                    無酸素銅リードフレーム

 ■高性能
 超低歪率、低雑音、高スルーレートなど優れたオーディオ特性を実現。
 【MUSES05製品機能】
  入力段/回路数              J-FET/1回路
  動作電源電圧               ±3.5V to ±18V
  全高調波歪率               0.00003% typ. (f=1kHz)
  入力換算雑音電圧         7.5nV/√Hz typ. (f=1kHz)
  スルーレート               SR=40V/μs typ.
  利得帯域幅積               12MHz typ.

 ■小型パッケージ
 フレームに高純度の無酸素銅を採用する事により、小型パッケージで、高音質化と高放熱性を実現。

                 ESON12-CA8 (無酸素銅フレーム)

                 サイズ: 4.5 x 5.0 x 0.78mm

【アプリケーション】
  ●高級オーディオ
  ●プロ用オーディオ
  ●カーオーディオ
  ●ポータブルオーディオ

【生産予定】
  生産中、一般販売は2021年10月頃を予定

【企業情報】
  会社名   : 新日本無線株式会社  (日清紡グループ※)
  所在地   : 東京都中央区日本橋横山町3番10号
  URL     : https://www.njr.co.jp/
 ※新日本無線は、日清紡グループのマイクロデバイス事業の中核を担っています。


 
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新日本無線株式会社 >
  3. MUSESシリーズのフラッグシップオペアンプ「MUSES05」の量産開始