GOGEN株式会社、プレシリーズAラウンドで3億円の資金調達を実施

〜不動産売買のオンライン取引プラットフォーム提供に向け、事業開発を加速〜

 不動産売買に特化した電子契約サービス「Release(レリーズ)」、手付金が不要となる住宅購入支援サービス「ゼロテ」の開発・提供等を展開するGOGEN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:和田 浩明)は、SBIインベストメント株式会社が組成・運営するSBI 4+5ファンド(SBI 4&5投資事業有限責任組合及びSBI 4&5投資事業有限責任組合2号)を引受先とする3億円の資金調達を実施いたしました。
 2022年8月にサービスをローンチしたレリーズは、デベロッパー・ハウスメーカー・仲介会社など不動産売買に関わる事業者からの利用が加速し、現時点における利用企業の取扱流通数から、レリーズを通じた不動産売買流通総額(GMV:Gross Merchandise Value)は5,000億円に上る(※)ものとみられます。
 今回調達した資金は、レリーズを不動産取引プラットフォームとして発展させるための開発強化・人材採用などに投資する予定です。当社は事業を通じて、MISSIONとして掲げる「あたらしいやり方で、人々によりよい不動産を」の実現を目指してまいります。


GMVについて:レリーズ導入企業が自ら主導する年間流通取引総額を指します。導入企業の本社所在地の都道府県における平均購入価格(参照…住宅金融支援機構発表資料:https://www.jhf.go.jp/about/research/2020.html)に、導入企業が自ら主導する年間売買件数(導入企業からのアンケートによる申告数)を乗じ、算出をしています。

■SBIインベストメント株式会社 投資部 マネージャー 佐々木尊正様からのコメント
 GOGENは不動産取引支援におけるB2B2C向けのプラットフォーム提供を目指しており、第一弾のプロダクトとして、不動産売買に特化した電子契約サービス「Release(レリーズ)」を提供しています。22年5月の宅建業法の改正を契機に、既に多くの不動産会社への導入が進んでいますが、業務効率化の推進だけではなく、契約の入口から電子化することで、新たな不動産購入の体験価値の提供や、従来の売り切りを中心としたモデルから、LTV重視へのシフトも一層期待されます。
 ビジョン・ミッションへの共感もさることながら、和田さん・佐々木さんを初めとしたチーム体制に惹かれ、今般リード投資家として出資をさせて頂きました。不動産会社だけでなく、不動産売買の周辺における様々なプレイヤーとの連携が必要となることより、SBIグループおよび協力パートナーのネットワークを活用し、同社を全力でサポートさせて頂きます。

■GOGEN株式会社 代表取締役CEO 和田 浩明からのコメント
 エンドユーザーの体験を根幹に据えた不動産売買のプラットフォーム開発とその提供スピードを武器に、業界の変革にチャレンジしていきたいと考えており、その基盤を固める為には、創業間もないこのタイミングにおける資金調達が不可避と考えておりました。日本を代表するベンチャーキャピタルであるSBIインベストメント様、並びに金融/不動産領域における変革者でありながら確固たる地位を確立されているSBIグループ様からのご支援をいただけることを、本当に嬉しく思いますし、引き続き全身全霊で事業に取り組んでまいります。


【SBIインベストメント株式会社について】
社名  :SBIインベストメント株式会社
代表者 :北尾 吉孝
所在地 :東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19F
設立  :1996年6月
事業内容:ベンチャーキャピタルファンド等の運用・管理 
会社HP  :https://www.sbinvestment.co.jp/

【GOGEN株式会社について】
社名  :GOGEN株式会社
代表者 :和田 浩明、佐々木 勇人
所在地 :東京都港区北青山2-14-4 the ARGYLE aoyama 6F
創業  :2022年2月
事業内容:不動産取引のオンライン化に係るサービス等の企画・運営・管理、各種コンサルティング業務
会社HP  :http://gogen.jp
採用情報:https://gogen.jp/careers

【代表取締役CEO 和田 浩明 プロフィール】
新卒で日鉄興和不動産株式会社に入社。分譲・賃貸マンションの用地仕入れ・開発マネジメント・商品企画・販売推進など住宅事業全般を経験。その後、経営企画・CVC運営・DX推進・広報などに従事。2022年2月にGOGEN株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。

【不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」について】
「レリーズ」は、案件の登録から引き渡しまでの不動産売買にかかる一連の取引フローにおいて発生する契約手続きを実施いただける、不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービスです。電子署名を実施する書類に加え、捺印が不要な書類や、その他取引にかかる書類も、物件・案件ごとに整理して管理・閲覧・ダウンロードが可能です。これまでの契約書作成業務はそのままに、捺印手続きと書類管理をレリーズに置き換えて取引業務を推進いただけます。

サービスHP:https://release.estate

【住宅購入支援サービス「ゼロテ」 について】
「ゼロテ」は、従来購入時に買主が売主に対して支払っていた売買価格の 10%程度の手付金が不要となるサービスです。買主は購入時に必用な手元資金を最大 97%(※1)削減することが可能になるため、例えば証券等の資産を現金化する手間や時間が低減されます。「ゼロテ」は当社が事業提携している不動産会社の販売物件・仲介物件にてご利用が可能(※2)です。「手付金 0 円」による現金不要のあたらしい住宅取得の仕組により、新たな住宅購入需要や購入体験の創出を実現します。
サービスHP:https://zerote.info/

(※1)5,000 万円の物件を購入する際に、物件価格の10%相当の手付金(500万円)を支払うケースと、ゼロテの利用手数料(15万円)を支払うケースを比較した場合。
(※2)利用可能物件は提携会社の全物件ではなく、御利用にあたり条件がある場合もございます。詳細は各社に直接お問い合わせください。また未提携の不動産会社さまの物件の購入を検討されていて、ゼロテの御利用を検討される場合、当社にお問い合わせ頂くことで、当該の不動産会社に対し当社から提携の御案内が可能です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GOGEN株式会社 >
  3. GOGEN株式会社、プレシリーズAラウンドで3億円の資金調達を実施