<コロナウィルス対策>「病児シッター」会社がほぼ全額負担。テレワーク社員の子供の看護をサポート

マナラ化粧品 2020年3月12日(木)より制度スタート

オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売を行う、株式会社ランクアップ(本社:東京都中央区銀座 代表:岩崎裕美子)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年2月3日(月)より「時差通勤」「テレワーク」を実施中。そしてこの度、3月2日からは「子連れ出社の推奨」、3月12日(木)からは「テレワーク中の「病児シッター制度」を導入しました
【利用料の1日あたり3万円を、会社がほぼ全額負担】
 コロナウイルス対策として、現在多くの企業がテレワークを推奨している。しかし長期化するテレワークの課題として上がってきたのが、子供の体調不良の対応である。低年齢の子供は病気をしやすく、保育園に預けられなくなることが多い。看病のためママ社員はその度に仕事を休まなくてはならず、仕事ができなくなってしまうのだ。そこで、その悩みを解決するために、ランクアップでは、テレワーク中に病児シッターを利用できる制度を導入した。これにより、子供の看病と世話はシッターさんにお願いし、親である社員は、仕事に集中することができる。

【シッターさんが作ってくれた人形と遊ぶ社員の子供】【シッターさんが作ってくれた人形と遊ぶ社員の子供】


病児シッター制度の利用費用は、1日約3万円。会社がほぼ全額負担し、社員負担は1回あたり300円のみで、何回でも利用できる。(2020年3月末まで。延長の可能性有)
※対象は小学2年生までの子供を持つ社員


【病児ベビーシッター利用率は約80%】

もともとランクアップでは、8年前から「病児シッター制度」を導入している。導入した理由は、仕事と子育てに悩む社員をサポートするためで、子供の突発的な病気の看護等に利用できるようにしていた。現在の利用率は約80%。未就学児を持つ社員25人中、20人がこの制度を利用している。この制度のおかげで安心して復職できるため、復職率はほぼ100%である。(1名のみ夫の海外赴任のため離職)。今回は、コロナウィルス対策として、この制度を期間限定でテレワーク中にも使えるように改訂した。(2020年3月末まで。延長の可能性有)


 

利用者の声:川口真紀 入社11年目 38歳  ※写真
 テレワーク中に息子がインフルエンザになりましたが、私はどうしても出席しなくてはならないオンライン会議や書類提出の締め切りがあり、病児シッターを依頼しました。そのおかげで重要な仕事を終わらせることができ、本当に助かりました。小さい子がいると病気の度に仕事を休まなくてはならないし、自宅でテレワークができても、子供の世話をしながら仕事をすることができないのでシッター制度に本当に助けられています。ゆっくり自宅で療養できたおかげで、卒園式にも無事にあふれる笑顔で参加できました!

【その他、働くママを助ける制度として子連れ出勤も可能】

【子連れ出社の様子】【子連れ出社の様子】

政府によるコロナウイルス対策として、一斉休校要請が始まって2週間、働くママが頭を悩ませている。 ランクアップでは、テレワーク勤務を推奨しているが、出社が必要で子の預け先が見つからない場合は、子供と一緒に出勤を許可している。子供は母親の近くに座り、宿題や勉強ができるので、母親も安心して仕事に集中できる。
ランクアップでは、子連れ出社制度を9年ほど前から導入。夏休みなどの長期休暇に利用頻度が高い。



 今後も株式会社ランクアップ(マナラ化粧品)は、新型コロナウィルスの感染拡大抑止、お客様と当社従業員の安全確保を最優先に、感染状況を踏まえて迅速に対応して参ります。


□■株式会社ランクアップ 会社概要■□
代表取締役社長:岩崎 裕美子
設立年:2005年6月10日
資本金:1,000万円
従業員数:100人(2020年2月)
売上高:114.6億(2019年9月期)
本社所在地:東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座3丁目ビル7F
事業内容  :オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランクアップ >
  3. <コロナウィルス対策>「病児シッター」会社がほぼ全額負担。テレワーク社員の子供の看護をサポート