Houzzが、住宅業界の専門家向けビジネスソフトウェア(SaaS)「Houzz Pro」を日本でリリース

住まいの専門家と住まい手にとって家づくりがより簡単で、身近に!マーケティングから案件管理、顧客とのコミュニケーションまで、事業を効率化するソリューション

2020年11月18日、世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供するHouzz Japan 株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役:加藤愛子、以下 Houzz (https://www.houzz.jp) は、より多くのクライアントを獲得し、コストや案件管理、そして顧客やチームとのコミュニケーションを強化することによって、専門家と住まい手の住まいづくりをフルサポートするソフトウェア(SaaS)ソリューションであるHouzz Proのリリースを発表しました。
Houzzは創業時より住宅業界の専門家、そして、そのお客様である住まい手に最高の家づくりの体験を提供することに注力してきました。これまでは、無料サービスに加え、住宅業界の専門家向けに特定のエリアで露出を増やし、専任アドバイザーによるブランディング・マーケティングのサポートをする地域特化型マーケティングサービスを提供してきました。

今回のリリースに伴い、これまでのマーケティングサービスに使いやすいビジネスソフトウェアを組み合わせて、住宅業界の専門家がマーケティングから、工程表や図面などの案件の詳細や顧客とのやり取りを一元管理できるようにします。 また、Houzz Proソフトウェアと同時にリリースされた専用モバイルアプリで、専門家はいつでもどこでも全ての情報を瞬時に確認することができます。

Houzzユーザーに対して実施した調査(*1)によると、コロナ禍で進行中のリフォームなどの住宅プロジェクトがあったHouzzの住宅所有者の4分の3以上(78%)が、専門家とプロジェクトを継続することができたと答えています。さらに、コロナ禍でプロジェクトを進めるために、リモートでのコミュニケーション(68%)、情報共有や契約書の承諾(31%)、請求書の受領や支払い(19%)に、オンラインツールの活用を望んでいると回答しました。

Houzz 共同創業者兼社長 アロン・コーエン コメント
「Houzz Proは、Houzzの専門家コミュニティのご意見をもとに誕生しました。デジタル化が進む中、住宅業界の専門家が収益性と効率性を高めると同時に、顧客満足度を上げられるツールを求めていることがわかりました。更に今年に入り、コロナ禍でこれまでにない課題に直面している企業が多く、より便利なデジタルツールの需要は世界中で加速していると感じています。私たちが開発したソリューションをできる限り多くの方にご活用いただきたいと考え、手頃な価格と使いやすさを何よりも重要視しました。米国およびヨーロッパ諸国で多くの専門家にご好評いただいているHouzz Proを、このたび日本でも専門家の皆さまにリリースできることを大変嬉しく思います。」

「Houzz Pro」の特徴
  • 顧客とのつながりの強化:新しくリニューアルされたメッセージング機能を使って専門家は、画像や資料、請求書、仕様変更、スケジュールなどを簡単にリアルタイムで顧客と共有することができます。スマートフォンからウェブ、またはアプリを通じてアクセス可能なため、事務所、現場、ご自宅、どこでもいつでも顧客と繋がることが可能です。顧客の承諾履歴など全てのやり取りを管理できます。
  • 円滑なコミュニケーション:専門家は、顧客ダッシュボードを介して、案件全体の進捗状況を顧客に簡単に共有できます。色分けできる工程表、日々の業務や作業状況に加え、過去のやり取りや資料にも簡単にアクセスできるため、案件や作業状況をいつでも瞬時に把握し、顧客とのコミュニケーションがより円滑になります。
  • 案件の進行をよりスムーズに:ビデオ会議ツールにより、専門家と顧客が安全かつ、スピーディーに打ち合わせを進められます。スケジュールツールは専門家のカレンダーと統合されており、専門家と顧客で会議を調整する時間を短縮できます。顧客は専門家のHouzzプロフィールと専門家一覧ページより予定の空き状況を確認して、打ち合わせを直接予約できます。
  • 見込み顧客管理が簡単に:見込み案件管理ツールでは、専門家がHouzzやそれ以外で獲得した見込み案件をまとめて管理でき、より多くの見込み顧客を案件化することに役立ちます。案件には内部メモを追加したり、関連する資料や画像を添付することができ、また、見込み顧客と直接コミュニケーションを取ることもできます。案件化してからも、これまでのやり取りや記録をワンクリックで案件管理ツールに移動させることができるため、資料等の紛失を防ぐことができます。
  • 見積書作成、送付、オンライン上の簡単承諾:見積書作成ツールを使用すると、専門家は、迅速で正確に見積書を作成できます。また、専門家は、独自の見積書をアップロードしたり、先々に使用したい独自のテンプレートを保存することもできます。見積書を電子メール、またはHouzz上のチャット機能で顧客にワンクリックで送信し、電子サインで承諾を得ることもできます。そうすることによって、承諾された見積書の内容や承諾日を双方で確認しやすくなり、ミスコミュニケーションを防ぐことができます。
  • 仕様変更、支払い管理:仕様変更を顧客へ伝達し、追跡、顧客から電子サインを通じて簡単に承諾を得ることができます。また、支払いのスケジュールを設定し、顧客に請求書を自動的に配信することができます。
同時にリリースされたHouzz Pro専用のアプリは、Houzz Pro会員向けにiOSとAndroidで利用できます。世界でベストアプリに選ばれているHouzzモバイルアプリを手掛けたチームによって構築されたHouzz Proアプリは、デスクトップソフトウェアと同じ機能を備えています。

すべてのサブスクリプションメニューに含まれる新しいマーケティングおよび広告機能には、これまで以上に強化されたデータ解析ツール、洗練されたプロフェッショナルなウェブサイト作成・ホスティングサービス、自動生成される企業紹介動画、および専門家が最もフィーチャーしたいレビューを表示できるツールが含まれます。すべての顧客とのやり取りには、クライアントとの信頼を築くために必要不可欠な企業ロゴと会社名が自動的に追加され、ブランド構築にも役立ちます。

Houzz Proの詳細は www.houzz.jp/pro よりご確認いただけます。ご予算やチーム構成に合わせた金額でご活用いただけます。最低金額は月額6,300円。無料お試しプランもあり、既存プログラムに申し込んでいる場合は、既存プログラムの一環としてこの新しいソフトウェアが自動的に提供されます。Houzz Proは日本以外に、米国、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシアで展開しています。

(*1)データはHouzzに登録している日本のユーザーに対して2020年9月25日から10月18日まで実施された「コロナ禍住宅市場調査」の回答を集計したものです。N=2545 

< Houzz とは
Houzz(ハウズ)は、世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームで、部屋の模様替えから、リフォーム、リノベーション、注文住宅など、家づくりに必要なあらゆる情報をウェブサイトやアプリで提供し、世界中の「住む人」と「住まいの専門家」をつないでいます。家づくりに関する膨大なデータベース、活気あるコミュニティ、そして革新的なテクノロジーにより、簡単におしゃれな事例写真を見つけたり、アイデアやアドバイスを得たりできるほか、理想の住まいをカタチにできる専門家を探して仕事を依頼することもできます。住まいの専門家は、Houzz Pro  (www.houzz.jp/pro) を活用することで、効果的なターゲット・マーケティングから案件管理ができます。Houzz は米国カリフォルニア州パロアルト市に本社を構え、東京、ロンドン、ベルリン、シドニー、モスクワ、テルアビブなど世界中に拠点を置いています。

Houzz では 2100万枚以上の事例写真を掲載しており、住まいの専門家が手がけたインテリアやエクステリア、キッチンやバスルームなどのプロジェクトを紹介しています。また、250万以上の建築家、インテリアデザイナー、工務店、設計施工・リノベーション会社など多くの専門家が登録しています。

Houzz と Houzz のロゴは、Houzz Inc. による登録商標です。より詳細な情報は、houzz.jp をご参照ください。

お問い合わせ先
Houzz Japan 株式会社
E-MAIL: jp_pr@houzz.com
 
  1. プレスリリース >
  2. Houzz Japan 株式会社 >
  3. Houzzが、住宅業界の専門家向けビジネスソフトウェア(SaaS)「Houzz Pro」を日本でリリース