Ginco、DBJキャピタルからプレシリーズAの資金調達を実施。

DBJキャピタル初のブロックチェーン企業投資実績に。

株式会社Ginco(本社:東京都中央区、代表取締役:森川夢佑斗、以下、Ginco)は、日本政策投資銀行グループのベンチャーキャピタルであるDBJキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:内山 春彦、以下、DBJキャピタル)を引受先とした第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドの資金調達を行いました。「長期性・中立性・パブリックマインド・信頼性」という4つのDNAを持つDBJキャピタルからの出資のもと、ブロックチェーン技術関連の各種ソリューション開発に取り組んでまいります。


Gincoは、ブロックチェーン技術を軸として「経済のめぐりを変えていく」というビジョンのもと、大手企業をはじめとするお客様へブロックチェーン技術関連ソリューションの提供を行ってまいりました。

特にGincoでは、ブロックチェーン技術の社会実装の進展には、規制準拠とセキュリティ向上が業界全体の課題であると位置づけ、安心・安全を提供することを目指してきました。

現在は、技術活用の進む金融領域で暗号資産やセキュリティトークンの業務用管理システムの開発を主幹事業とし、安全なデジタルアセットビジネスの普及を後押ししております。

今回の資金調達により、Gincoの強みであるセキュリティ・暗号技術などのテクノロジーと業務適用性の高いプロダクトデザインを活かして、ブロックチェーン技術を活用した未来の業界標準サービスの開発を推し進めてまいります。

【DBJキャピタル 河合 将文氏のコメント】
ブロックチェーン技術は、現在のユースケースである暗号通貨や今後応用が期待されるデジタル証券など、金融市場に大きな変革をもたらすと考えています。一方、暗号資産の市場発展や投資家の参入拡大にとって、暗号資産を安全に管理することは最重要課題の一つになっています。Gincoが提供する暗号資産管理ソリューションは、高い安全性と優れた業務適用性を同時に実現することで、そのような課題の解決に貢献するものと期待しています。

また、非金融領域においても、Gincoがこれまでウォレット開発で培った技術力を活かして、知的財産管理や電子署名管理など様々な分野におけるブロックチェーン活用が可能となります。テクノロジーの力によって公平性や真正性を担保していく新たな世界観を実現してくれるものと期待しています。

DBJキャピタルではブロックチェーン業界に長らく注目してきましたが、その中で今回初めての投資に至りました。代表の森川様をはじめ、高い志を持ったGincoメンバーの皆様と共に理想を実現すべく、DBJグループの総合力を活かして尽力し、ご支援させて頂けることを大変嬉しく思います。

 

【株式会社Ginco 会社概要】
当社は「経済のめぐりを変えていく」をビジョンに掲げ、ブロックチェーン技術を用いて、未来の業界標準サービスをお客様と共創するテックパートナーです。ブロックチェーン開発基盤「blockchainBASE」、取引所向け暗号資産管理システム「Ginco Enterprise Wallet」、楽曲著作権管理システム「HashTune」等を開発。その他、カストディOEMやウォレットOEMなどのソフトウェアモジュールや各種支援サービスを提供。コンサルティングから実装にいたるまで、ブロックチェーン活用に取り組む事業者の課題を解消しております。

所在地:〒103−0015  東京都中央区日本橋箱崎町35−3 BRICKGATE日本橋 4F
代表者:森川夢佑斗
設 立:2017年12月21日
事業内容:ブロックチェーン技術関連ソリューションおよびサービスの開発・運営・販売
企業URL:https://ginco.co.jp/

※弊社では現在、COVID-19の流行に際してBCPに基づく対策を実施しており、本リリース掲載の写真も2020年2月25日時点に撮影したものを使用しております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Ginco >
  3. Ginco、DBJキャピタルからプレシリーズAの資金調達を実施。