2021 AUTOBACS SUPER GT Round 8 FUJIMAKI GROUP 富士GT300kmレース開催結果【FSWインフォメーション No.I-38】


富士スピードウェイは、2021年SUPER GTシリーズの最終戦「2021 AUTOBACS SUPER GT Round 8 FUJIMAKI GROUP FUJI GT300km RACE」を開催し、2 日間で延べ 58,500 人(※)のお客様に
ご来場いただきました。※11月27日(土):23,200 人(晴れ)、28日(日):35,300 人(晴れ)
 
11月28日(日)に行われた決勝レースは、GT500クラスで#36 au TOM’S GR Supra関口雄飛/坪井翔組、GT300クラスで#60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT吉本大樹/河野駿佑組が優勝。
SUPER GT全8戦が終了し、GT500クラスとGT300クラスのドライバーズチャンピオン・チームチャンピオンは下記のとおり決定しました。

■ 2021 AUTOBACS SUPER GT シリーズチャンピオン
●GT500クラス
[ドライバーズチャンピオン] 関口雄飛/坪井翔
[チームチャンピオン] TGR TEAM au TOM’S
●GT300クラス
[ドライバーズチャンピオン]井口卓人/山内英輝
[チームチャンピオン]R&D SPORT

■ 2021 AUTOBACS SUPER GT Round 8 FUJIMAKI GROUP FUJI GT300km RACE 決勝結果
●GT500クラス
レース序盤でセーフティカーが導入され、再スタート後、#36 au TOM’S GR Supraがポール
ポジションからスタートした#14ENEOS X PRIME GR Supraを抜き先頭に立ちました。
レース後半、ポイントランキングトップで本大会を迎えた#1 STANLEY NSX-GTが、#55 ARTA NSX GT3と接触し戦線離脱。#36 au TOM’S GR Supraが、そのままトップでチェッカーを受け、シリーズポイントで逆転、2021年のシリーズチャンピオンを獲得しました。
[1位]No.36 関口雄飛/坪井翔 au TOM’S GR Supra
[2位]No.37 平川亮/サッシャ・フェネストラズ KeePer TOM’S GR Supra
[3位]No.14 大嶋和也/山下健太 ENEOS X PRIME GR Supra

 


●GT300クラス
序盤は、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT、#60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra、#52 埼玉トヨペットGB GR Supraによる3台の先頭争いが続きました。ピット作業が終わると、#52が先頭に立ち2位以下を引き離すも、レース後半タイヤトラブルにより緊急ピットイン。追走していた#60 SYNTIUM GR Supraが先頭に立ち、第2戦に続く富士2連覇を果たしました。
また、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが3位に入り、初のシリーズチャンピオンを獲得しました。
[1位]No.60 吉本大樹/河野駿佑 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
[2位]No.65 蒲生尚弥/菅波冬悟 LEON PYRAMID AMG
[3位]No.61 井口卓人/山内英輝 SUBARU BRZ R&D SPORT

 



● リザルト・公式通知  
ダウンロードページ URL   
https://drive.google.com/drive/u/0/mobile/folders/1DTTbJS55VDoq8VTVmRKNp5wskIZpy8zf?usp=sharing


■ サポートレース
サポートレースは、27日(土)、28日(日)の両日にわたり、2021 FIA-F4選手権シリーズ第13戦・第14戦が行われ、下記の通りの結果となりました。

■  2021 FIA-F4選手権シリーズ  第13戦
●総合順位                           
[1位]No.35 野中誠太 TGR-DC RS トムススピリットF4
[2位]No.80 伊東黎明 OTG DL F4CHALLENGE
[3位]No.36 荒川麟 TGR-DC RS トムススピリットF4
 ● インディペンデントカップ
[1位]No.63 鳥羽豊 HELM MOTORSPORTS F110
[2位]No.43 DRAGON ZAP SPEED F110
[3位]No.96 齋藤真紀雄 CS マーケティング アキランド

■  2021 FIA-F4選手権シリーズ 第14戦
●総合順位
[1位]No.35 野中誠太 TGR-DC RS トムススピリットF4
[2位]No.36 荒川麟 TGR-DC RS トムススピリットF4
[3位]No.6 木村偉織 HFDP/SRS/コチラレーシング
●インディペンデントカップ
[1位]No.11 HIROBON Rn-sports Andare
[2位]No.98 IKARI BJ Racing F110
[3位]No.3 佐藤セルゲイビッチ 結婚の学校 フィールドモータースポーツ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富士スピードウェイ株式会社 >
  3. 2021 AUTOBACS SUPER GT Round 8 FUJIMAKI GROUP 富士GT300kmレース開催結果【FSWインフォメーション No.I-38】