生活困難な新卒採用内定者に対し給付型支援を実施

新型コロナウイルス感染症の影響で生活費や教育支援が必要な学生向け

高松建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:高松孝年、以下当社)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済的に困窮した新卒採用内定者に対し給付型支援策を実施する事を決定しました。当制度では、残りの学生生活を安定して過ごし無事に入社して頂く為、内定者に対し、一定の条件を設け必要に応じた支援金を給付する他、アルバイト機会の提供やオンライン授業に向けた通信環境の補助を行います。

【対象】
2021年新卒採用において、当社へ内定承諾をしていて、かつ各支援策の適用条件に当てはまる学生
(2021年3月卒業見込み)

【支援策内容】
1) 学生生活支援給付金 現金10万円

【給付対象】新型コロナウイルス感染症の影響により経済的な影響を受け支援が必要な方で、国の支援策である「学生支援緊急給付金」を申請している学生

2) 後期学費給付支援金 現金35万円
【給付対象】新型コロナウイルス感染症の影響によって、親(世帯主)が失業した学生

3) アルバイト機会の提供
【対象】希望者
【内容】内定職種ごとに施工管理、設計、営業それぞれアシスタント業務(時給1,500円)

4) 学校のオンライン授業に向けた通信環境補助
【対象】希望者
【内容】3ヶ月程度の通信環境(Wi-Fiレンタル等)の提供

【申込み開始日】
2020年6月3日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 髙松建設 >
  3. 生活困難な新卒採用内定者に対し給付型支援を実施