【JR両国駅旧駅舎を全面リニューアル!!2016年11月下旬、粋な江戸の食を堪能できる複合飲食施設「‐両国‐ 江戸NOREN」が誕生!】

2016年11月下旬、JR両国駅に「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトにした「-両国- 江戸NOREN」が開業いたします。「味」「素材」「料理人」のこだわりを堪能していただく複合飲食施設で、歴史ある旧駅舎をリニューアルした外観と、館内には江戸の町屋を意識した吹抜け空間が広がり、食だけではなく江戸の伝統や文化を楽しめるイベントや催事等も行ってまいります。

 

 
  • 【江戸最大級の庶民の街、両国で。】
 

両国はかつて江戸最大級の庶民で賑わっていた街。町人の活気あふれる両国はせっかちな江戸っ子ならではの発想で、手早く食べられる江戸前の握り寿司が広まった原点でもあります。活気や粋・遊び心があり、様々な食文化が成熟した江戸をテーマに、和食の魅力を伝え、堪能する情報発信基地を目指します。



 

 
  • 【魅力1:1929年に建てられた駅舎を改装!】
1929年に建造された歴史ある両国旧駅舎。直線とアーチ型にデザインされた3つの大きな窓、中央に配した駅時計等、小ぶりながらも当時の面影や懐かしさを活かし、この度新たな施設として生まれ変わります。

 
  • 【魅力2:「粋な江戸の食文化を楽しむ」12店舗&イベント・催事!】
「味」「素材」「料理人」のこだわりを堪能していただく12の飲食店と江戸にまつわるイベントや催事を多数展開します。訪日客や団体客にも対応したお店づくりを行います。

  • 【魅力3:江戸の町屋&日本相撲協会監修の土俵!】
江戸の町屋を意識した吹抜け空間が広がり、当時の活気を感じる屋台や、江戸時代から両国で興行が行われていた相撲の魅力の発信として日本相撲協会監修の土俵を設置します。
 
  • 【魅力4:両国周辺を回遊したくなる!観光拠点の設置】
観光案内所(運営:墨田区)を設置し、江戸最大級の庶民の街と言われた両国が持つ歴史や、両国国技館及び江戸東京博物館、新たに開設される「すみだ北斎美術館」等の観光資源を活かし、両国を始め、墨田区全体の回遊性を高める拠点を目指します。

  • 施設概要
施設名称:-両国- 江戸NOREN
施設特性:「江戸の食文化」をテーマとした飲食施設
所在地 :東京都墨田区横網1丁目3番地20 (JR両国駅西口直結)
開発規模:約2,900㎡ 2階建
開業時期:2016年11月下旬 
 
  • 事業主体概要
名称  :株式会社ジェイアール東日本都市開発
所在地 :東京都渋谷区代々木2-2-2(JR東日本本社ビル13階)
会社設立:1989年4月20日
資本金 :14億5,000万円(株主:東日本旅客鉄道株式会社 100% )
代表者 :出口 秀已
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイアール東日本都市開発 >
  3. 【JR両国駅旧駅舎を全面リニューアル!!2016年11月下旬、粋な江戸の食を堪能できる複合飲食施設「‐両国‐ 江戸NOREN」が誕生!】