「Healthcare Venture Knot 」10月26日開催~宇宙兄弟の「せりか基金」とのコラボレーションによる、希少疾病に関するセッションも実施

医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ、日本最大規模のビジネスコンテスト

 株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(東京都港区、代表取締役:青木 武士)とShinjuku Healthcare Incubation Park(東京都新宿区、運営代表: 石井 洋介、以下「SHIP」)は、10月26日(土)に日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト『Healthcare Venture Knot 2019 』を開催します。

 今回は、「希少疾病医療」をテーマにしたパネルディスカッションを企画、小山宙哉氏による大人気漫画『宇宙兄弟』から派生した、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療研究費を支援する一般社団法人 せりか基金より、代表の黒川 久里子さんがモデレーターとして登壇します。
パネリストにはALSの当事者として鷹和合同会社 代表の真下 貴久さんが登壇。当事者とヘルスアスタートアップがそれぞれの視点から希少疾病領域において「本当に必要なヘルスケアサービスとは何か」を本音でお話いただきます。
 メインイベントのビジネスコンテストは、①アイデア部門と②アーリー部門を設定。アイデア部門では、医療者が現場で感じている課題についての解決案を提案。その熱い気持ちをビジネスに繋げるアドバイスやヘルスケア企業とのマッチングをサポートします。アーリー部門は、既に起業しプロダクトやサービスが実装されているヘルスケアスタートアップが、マネタイズや長期持続性を含めたビジネスプランを発表します。
 また、エキシビションピッチとしてヘルスケアベンチャーノット運営委員が選出したスタートアップに登壇いただき、成功事例としてビジネスモデルを発表していただきます。
 
Healthcare Venture Knot 2019 ~医療者とヘルスケアベンチャーを結ぶ~
【日程】 2019年10月26日(土) 13:00-19:00
【会場】 ベルサール御成門駅前
     東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル1F
「御成門駅」A4出口徒歩1分(三田線)
「大門駅」A5出口徒歩9分(大江戸線・浅草線)
「浜松町駅」北口徒歩10分(JR線・東京モノレール)
「新橋駅」烏森口徒歩12分(JR線)
「神谷町駅」3番出口徒歩10分(日比谷線)
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinagawa/bs_onarimonekimae/access/
【参加費】 社会人:3,000円/学生:1,500円
申込ページ:https://peatix.com/event/993675/view
 
【プログラム】
13:00- 開会
<第1部>
13:15- ビジネスコンテスト アイデア部門
14:15- ビジネスコンテスト アーリー部門
15:45- ヘルスケアベンチャーノット推奨スタートアップ エキシビションピッチ
<第2部>
17:00- 当事者×スタートアップ×医療者 パネルディスカッション
17:45- コンテスト審査発表
18:00- 懇親会
19:00  閉会
 
【ビジネスコンテスト概要】
事前審査を通過したファイナリスト各4者が登壇してプレゼンテーションを行い、厳正なる審査のうえ各部門の最優秀賞を選定します。
 
①アイデア部門 医療者によるヘルスケア課題解決ビジネスアイデアコンテスト
入賞特典:SHIP1年間無料加盟権/キャピタルメディカ・ベンチャーズ青木 武士、SHIP石井 洋介とのアイデアブラッシュアップランチご招待/起業時にキャピタルメディカ・ベンチャーズが出資を検討(100万円)
出場者 :河村 由実子/リハノワ〜自助から繋げる互助への連携~
     清水 なほみ/なぜ「街の保健室」が必要なのか?
     伴 大輔  /訪問リハとテクノロジー
     山田 達也 /グラム染色を世界の医療機関に広げ、抗菌薬の適切な使用をすすめる
※発表順、タイトルは変更の可能性有

 

②アーリー部門 スタートアップによるヘルスケアビジネスコンテスト

最優秀賞:SHIP無料加盟権/キャピタルメディカ・ベンチャーズが運営するファンドからの出資(最大500万円)
出場者 :株式会社ゼスト 伊藤 由起子/在宅医療の人手不足をHackする☆ZEST
     アトピヨ Ryotaro Ako/日本初の”アトピー見える化アプリ”アトピヨ
     株式会社ファーマクラウド/医薬品流通の非効率を無くす
     株式会社エブリ・プラス 佐藤 亜以/介護施設と外の世界を繋ぐSaaS型プラットフォーム“レクリエーションマッチングサービス”
※発表順、タイトルは変更の可能性有

 
③ヘルスケアベンチャーノット推奨スタートアップ エキシビションピッチ

「イケてる」ヘルスケアスタートアップがサービスを開発のポイントを紹介
登壇者:Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀アプリケーション賞/シルタス株式会社
    Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀オペレーション賞/株式会社 笑美面
    Healthcare venture knot 2019 ヘルスケア最優秀ビジネスデベロップメント賞/株式会社miup
    Healthcare venture knot 2018最優秀賞/AMI株式会社
 
【パネルディスカッション概要】
テーマ   :スタートアップが切り拓く、希少疾病医療の可能性~ALS治療の現場から~
パネリスト :当事者/真下 貴久(鷹和合同会社 代表)
       スタートアップ/浅井 克仁(株式会社遺伝子治療研究所 代表取締役社長)
       スタートアップ/進 照夫(株式会社aceRNA Technologies 代表取締役社長)
       スタートアップ/北村 幸一郎(メスキュージェナシス株式会社 代表取締役社長)
       医療者/桑原 宏哉(神経内科医、厚生労働省 医政局 研究開発振興課治験推進室室長補佐)
モデレーター:黒川 久里子(株式会社コルク 取締役副社長、一般社団法人せりか基金 代表)
       青木 武士 (株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ 代表取締役)

 
■Healthcare Venture Knotについて
『Healthcare Venture Knot』は日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト。

ヘルスケア領域の環境は大きく変わってきていて、しっかり利益を上げながら社会に役立つ成果を出す事にこだわるヘルスケアスタートアップが増加しています。そして最前線で治療にあたる医療者は、患者の生活を守る為に日々成果を出し続けています。 このようにヘルスケア領域を今より良くしたい、課題を解決したい、と日々研鑽を積んでいる両者を結び付けるために当コンテストを企画しました。審査員として起業家、医療者、アカデミアよりヘルスケア領域に造詣が深いメンバーが集結。医療者の方が現場で感じている課題をビジネスという手法で解決できる可能性があること、ヘルスケア領域のスタートアップによるビジネスが医療者からの視点でどのように発展するかなど幅広く議論いたします。さらに来場者の皆さんの学びの場、情報交換の場として多くの縁が結ばれることを期待しています。 

■Shinjuku Healthcare Incubation Park(SHIP)
SHIPはヘルスケアに特化した新規事業開設支援のためのオープンなインキュベーションHUB。企業に限らずNPOや臨床研究等のSocial goodな活動すべてを支援対象とし、東京都の補助金事業で運営されています。
所在地    :東京都新宿区大久保1-1-10 グンカン東新宿ビル502
CEO   :裵 英洙
運営代表  :石井 洋介
ホームページ:http://ship.ventures/
 
■株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ
病院の経営支援や高齢者施設を運営する株式会社キャピタルメディカのコーポレートベンチャーキャピタル。キャピタルメディカのネットワークを活かし、投資先ベンチャーに対し、全国の医療機関と高齢者施設を実証フィールドとして提供することができる日本で唯一のヘルスケア特化型ベンチャーキャピタルとしてヘルスケア領域でのイノベーションを推進し、社会に貢献しています。
所在地   :東京都港区虎ノ門1丁目2-3 虎ノ門清和ビル
代表取締役 :青木 武士
事業内容  :ヘルスケア領域のベンチャー投資/セミナー・勉強会の開催/経営支援
資本金   :1億円
ホームページ:http://capimedi.com/cmv/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キャピタルメディカ >
  3. 「Healthcare Venture Knot 」10月26日開催~宇宙兄弟の「せりか基金」とのコラボレーションによる、希少疾病に関するセッションも実施