<大会結果>弱虫ペダル presents Jユースツアー 第11戦

(一社)全日本実業団自転車競技連盟(通称 JBCF)の主催する若者向けロードレースツアーの第11戦が9/26(日)に開催された

JBCFは以前より「Jユースツアー」として若者を対象としたロードレースを開催してきたが、2021年シーズンは大人気の自転車漫画「弱虫ペダル」の協賛を得て、「弱虫ペダル presents J Youth Tour」として生まれ変わった。さらに、対象年齢も15,16歳のみと設定されて、正真正銘のユースツアーとなった。今回はその第11戦目となる。

会場となった群馬サイクルスポーツセンターは、1周6kmのアップダウンに富んだコース。7周42kmで行われたレースには27名が出走。雨が降り気温の上がらないなか、午前11時53分にレーススタートした。
 

JユースツアーのスタートJユースツアーのスタート

スタートと同時にレースはハイペースで進行。集団はみるみる人数を減らし、7名が先頭集団に残る。この中には、リーダージャージを着る木綿峻介(ヴィファリスト)の姿もあり、お互いの牽制もあって勝負は膠着状態に。決定的なアタックが決まらないまま最終周回を迎えると、最後には岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team)とともに抜け出した関口拓真(深沢高等学校)が岡崎とのマッチスプリントを制し、見事優勝を飾った。木綿は4位でフィニッシュし、リーダージャージを守った。
 

周回の進行と共に7名まで絞られた集団周回の進行と共に7名まで絞られた集団

7名の先頭集団は崩れることなく終盤へ7名の先頭集団は崩れることなく終盤へ

リーダージャージの木綿峻介(ヴィファリスト)を含むリーダージャージの木綿峻介(ヴィファリスト)を含む

関口拓真(深沢高等学校)が優勝関口拓真(深沢高等学校)が優勝

表彰式表彰式

リーダージャージは木綿峻介(ヴィファリスト)がキープリーダージャージは木綿峻介(ヴィファリスト)がキープ



【リザルト】
1位 関口拓真(深沢高等学校) 1時間7分14秒
2位 岡崎一輝(Yamanakako Cycling Team) +1秒
3位 三浦一真(Team BFY Racing) +15秒
4位 木綿峻介(ヴィファリスト) +16秒
5位 松島煌和(COW GUMMA) +17秒
6位 梅津飛羽(北海道帯広南商業高等学校) +32秒

中間スプリント賞 三浦一真(Team BFY Racing)

ユースツアーリーダー 木綿峻介(ヴィファリスト)


詳細はJBCF HPをご確認下さい。
https://jbcfroad.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 >
  3. <大会結果>弱虫ペダル presents Jユースツアー 第11戦