外国人留学生の「思い」を日本語のスピーチで伝える 第5回KLA全国合同スピーチ大会、2年ぶりにオンラインで開催

~つながれ!にほんごの和~京進ランゲージアカデミーグループ

京進グループが運営する日本語学校 京進ランゲージアカデミーグループ(以下KLAグループ)では、2021年9月2日(木)に、第5回KLA全国合同スピーチ大会をオンラインで開催しました。

 

学生制作の大会ポスター学生制作の大会ポスター

KLA全国合同スピーチ大会は、KLAグループに在籍する学生が、日本語で自分の夢や思い、考えを語り合うもので、2016年から毎年開催しています。昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり中止、2年ぶりとなる今年はオンラインでの開催となりました。今回は日本国内11校に在籍する学生を対象にテーマは自由とし、留学生が今「日本語で伝えたいこと」について、それぞれの思いをのせたスピーチを行いました。

例年の大会では、各校からの代表が一か所に集い本大会を開催していましたが、今年はZoomを活用し、事前に発表・審査会を行いました。9月2日はそのスピーチ動画をライブ配信し、司会進行は例年と同じく学生が担当しました。スピーチの発表だけでなく学生たちによる各校紹介や応援メッセージ、前回入賞者からのメッセージやポスターコンテスト入賞者などとも中継を繋ぎ、躍動感・一体感のあふれる内容となりました。

 

今回はオンライン審査のため、例年以上に「心に響くスピーチを届けられたかどうか」に注目し、学生たちは個性あふれるパフォーマンスで、自分の考えや思いを発表しました。金賞は『あいさつを大切にする日本人』というタイトルでスピーチした、スリランカからの留学生、ダンバゴルレ・ゲダラ・ディルシャ・デシャーニ・ウィラシンハさん(名古屋北校)が受賞。午後から出勤したアルバイト先で「おはようございます」とあいさつされ不思議に思ったこと、短いあいさつや会釈であっても毎日かけ続けることから相手と信頼関係を築けること、日本人のあいさつには相手への思いやりがあると感じ、知れば知るほどもっと日本を知りたくなった経験について笑顔とはっきりとした口調で、聞く人の心に届くスピーチを披露しました。銀賞のマレーシアからの留学生 リー ジャー シエンさん(京都中央校)は正しいとことは周囲の目を気にせず実行できるよう心掛けたい気持ちや、銅賞の中国からの留学生 ル・コンエツさん(大阪校)からは、身の回りの小さな幸せに気づくことの大切さについて、それぞれ気持ちが伝わる発表を行いました。
 

留学生たちからは「応援してくれた仲間と一緒に取れた賞。日本語をもっと勉強して素晴らしい人になりたい」「4月から先生たちの指導のもと日本語も少しずつ上手になった。丁寧に指導してくれることに感謝している」「スピーチの練習で、徐々に自分の成長を実感できるのは素晴らしいと思った」など、周囲へ感謝や日本語学習に対する意欲、今回のコンテストでの経験を通じた成長についてなど、これからの留学生活に対しても前向きな声が多く聞かれました。

KLAグループでは、コロナ禍が深刻化しはじめた昨年の春当初から、京進グループ全体の中でも先駆けてオンライン授業を導入し、通学がままならない国内の在校生だけでなく、自国で待機する留学希望者に対しても学習を提供し、緊急事態下が続く中であっても日本語を学ぶモチベーションの継続を大切にした授業や学校運営に努めています。それと同時に、KLAに通う留学生だけでなく、外国人居住者が多く住む自治体に協力して新型コロナウイルスワクチン接種を行うなど(新宿区)、多文化共生社会の構築に対し日本語教育機関としての役割を模索しながら、事業を展開しています。

京進グループではこれからも、国際社会で活躍できる人の育成と、ひとりひとりの夢・実現のために、様々な学びの環境作りに創意工夫を続けてまいります。

【開催概要】
■大会名:第5回全国合同スピーチ大会
■本大会日時:2021年9月2日(木)10:00~11:45
■テーマ:自由
■参加校:KLAグループ校国内11校(新宿校・OLJ校・秋葉原校・DBC校・水戸校・名古屋北校・
     京都中央校・大阪校・神戸校・びわこ校、福岡校)
■スピーチ発表者:11名
■審査項目:内容・校正の表現の適切さ、テーマの明確さ、オリジナリティ、独自の視点
      スピーチの聞きやすさ、アピール度、感銘度
■入賞・賞金:金賞5万円、銀賞3万円、銅賞1万円、参加賞
■入賞者:
 金賞:ダンバゴルレ ゲダラ ディルシャ デシャーニ ウィラシンハ(スリランカ/名古屋北校)
 「あいさつを大切にする日本人」
 銀賞:リー ジャー シエン(マレーシア/京都中央校)
 「誰もしていないけど、正しいことは正しい。誰もがしているけど、違うことは違う。」
 銅賞:ル コンエツ(中国/大阪校)
 「身の周りの幸せ」

【KLAグループについて】

KLAグループは株式会社京進とその子会社が運営する日本語学校です。「日本と世界の架け橋となる人材を育成する」というミッションステートメントをかかげ、主に日本の大学・大学院・専門学校への進学を希望する留学生約2,500名を対象に運営しております。日本語指導とは別に、京進グループのオリジナル・自立型人間育成プログラム「リーチング」の手法を指導に取り入れ、自立的な人間形成を図り、将来、国際社会で活躍できる人材を育てるべく、組織的な教育をしています。

【京進グループについて】
京進グループは、グループビジョンとして「ステキな大人が増える未来をつくる」を掲げています。保育や、教育、キャリア支援、介護など、人の一生に寄り添うことで、「ステキな大人」が増える未来をつくる世界の実現を目指します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社京進 >
  3. 外国人留学生の「思い」を日本語のスピーチで伝える 第5回KLA全国合同スピーチ大会、2年ぶりにオンラインで開催