国立大学法人の就業管理を「スマカン」でDX化。

スマカン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:唐沢雄三郎)は、国立大学法人和歌山大学(以下「和歌山大学」)において当社サービスの『スマカンPublic -就業管理』が導入されることをお知らせいたします。

▼「スマカンPublic」の詳細はこちら
公的機関に特化したソリューションで、働き方改革関連法の公布に伴う変形労働時間制、フレックス労働制、在宅勤務といった働き方の変化にも対応
URL:https://smartcompany.jp/public/
▼人事評価と目標管理の「スマカン」の詳細はこちら
URL:https://smartcompany.jp/
 

  • 概要
この度、 和歌山大学において、多様な雇用形態のもと多数の教職員の方々が利用することを前提に、就業状況及び始業終業の実時間を管理するシステムとして「スマカンPublic -就業管理」(以下「本システム」)を導入いただくこととなりました。
本システムで利用するデータは既存の人事給与システムとの連携が可能であり、所定フォーマットへの出力及び加工によって財務会計システムとも情報を共有することができます。
今回の導入では、和歌山大学の就業規則や将来の組織改変にも柔軟に対応可能な機能を有すること、さらに労働基準法や公務員型の就業管理に関する諸法令等の改正及び人事院勧告に随時対応できるシステムであることが重視されました。
 
  • スマカンPublic -就業管理とは

人事院勧告、就業規則、労働基準法をはじめとする、法令・規則を遵守する公務員の勤務形態に対応しており、各種申請状況や就労状況、超過勤務等、就業に関するさまざまな状況を集計「見える化」し、日々の労務管理の効率化と正確性を両立する就業管理システムです。

「スマカンPublic -就業管理」の導入により、複雑な法制度のもとさまざまな人材情報や就業状況の一元管理が可能となり、多大な工数削減に繋がります。
また、人材情報管理のシステム化、ペーパーレスによるDX化の推進が可能となることから、職員の各種申請における利便性向上や管理者による適正な把握と管理をサポートし、組織におけるコンプライアンスの向上が期待できます。



 
  • 公的機関に「スマカン Public」が選ばれる理由
「スマカン Public」は公的機関特有の人事・労務管理に対応しつつ、システム運用に不慣れな方にも幅広くご利用いただくためユーザーインターフェースの操作性にこだわっています。また暗号化・脆弱性診断・データベース多重化などのセキュリティ対策に努めてきた信頼から、これまでおよそ30年にわたり、国立大学法人や官公庁をはじめシリーズ全体で670におよぶ公的機関や企業でご導入いただいております。
 
  • スマカンシリーズラインナップ

【企業概要】
会社名:スマカン株式会社
本社住所:〒140-0013 東京都品川区南大井6-26-2大森ベルポートB館8F
代表者:代表取締役社長 唐沢 雄三郎
製品サイト:https://smartcompany.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/smartcompany_jp
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCu27yDlgnj_G9nusVl6PSHA

【お問い合わせ】
本件に関するお問い合わせ・ご依頼は、下記メールアドレスまでお願いいたします。
スマカン株式会社 お問い合わせ窓口
E-mail:publicrelations@smartcompany.jp
  1. プレスリリース >
  2. スマカン株式会社 >
  3. 国立大学法人の就業管理を「スマカン」でDX化。