『IP Samurai』の精度向上を目指す(株)ゴールドアイピーは大阪大学鬼塚真研究室との連携強化を図るため大阪支社を設立しました。

世界初となる人工知能を搭載した特許審査判定システムを『IP Samurai』を開発した(株)ゴールドアイピー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、10月付で大阪千里中央に大阪支社を設立しました。
 ゴールドアイピーの主幹事業である『IP Samurai』は発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力するだけで、特許分類付与→先行技術調査→発明の内容理解・認定→特許登録可能性のランク付けまでを行いユーザーの特許調査の負担を大幅に削減することを可能にする世界唯一の特許審査シミュレーションシステムです。
 今回、ゴールドアイピーが大阪支社を設立した目的のひとつとして大阪大学情報科学研究科 マルチメディア工学専攻(現)鬼塚真研究室との連携があります。阪大鬼塚研究室とゴールドアイピーは、『IP Samurai』の共同開発および、共同による特許出願活動を行っております。ゴールドアイピー取締役CTOの三上崇志は、阪大鬼塚真研究室の博士後期課程に入学することにより、グラフマイニング技術の研究開発に注力することにより『IP Samurai』の精度向上を目指します。
 

 ゴールドアイピーの研究や西日本の営業拠点を目指す大阪支社の初代支社長には取締役CFOであり公認会計士の中島太郎が就任します。

 「大阪には研究開発型の製薬・電機メーカー等が多く本社を構え、新しくてユニークなものを創り出す風土があります。その中でも千里中央は新大阪駅や伊丹空港に近く、西日本のお客様により迅速なサービス提供を行って参りたいと考えております。」(中島太郎CFO)

 クライアントの知的財産戦略を加速させていく『IP Samurai』は2018年4月に販売された米国公報版(α版)がトヨタ自動車株式会社の100%子会社であるトヨタテクニカルディベロップメント株式会社を始め9社と契約しています。また、2018年12月には日本公報版(β版)が販売開始予定です。特許庁の知財情報の活用を促進するために提供されている、特許庁掲載の知的財産インテリジェンスサービス内でも『IP Samurai』の無料版が開放されており、現在約250人がサービスを利用しています。


【取締役プロフィール】 

代表取締役社長CEO 白坂 一
防衛大学校理工学部卒業。横浜国立大学院 環境情報学府 修了。機械学習による画像処理の研究で富士フイルムに8年間在籍。その後、特許業務法人白坂を設立、米ナスダック上場のビッグデータ解析企業の関連会社の社長を兼任。2015年に株式会社ゴールドアイピーを創業。特許業務法人白坂会長、弁理士、国家試験知的財産管理技能検定委員。
 

取締役CFO 中島 太郎
立教大学社会学部卒 大学で統計学を学び、証券会社にて法人営業に従事。その後、中央青山監査法人及び監査法人トーマツにて、法定監査、デューデリジェンス業務、セミナー講師、上場支援コンサルティング業務等を行い、2016年ロボット開発企業ヴイストンの取締役CFO、2018年ゴールドアイピー取締役CFOに就任。中島IPO支援公認会計士事務所代表、公認会計士。

【会社概要】
会社名:株式会社ゴールドアイピー
会社設立:2015年9月11日
代表者:代表取締役社長 白坂 一
資本金:2億4000万円(2018年11月24日現在)
本社所在地:東京都千代田区大手町1‐6‐1大手町ビル4階
大阪支社:大阪府豊中市新千里東町1-4-1阪急千里中央ビル8F
URL:http://goldip.co.jp/
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ゴールドアイピー
担当者:播磨里江子
TEL:03-6270-5577
e-mail:info@goldip.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールドアイピー >
  3. 『IP Samurai』の精度向上を目指す(株)ゴールドアイピーは大阪大学鬼塚真研究室との連携強化を図るため大阪支社を設立しました。