iCARE、経産省主催「健康経営優良法人」の認定をサポートする『Carely健康経営パック』の提供を開始

〜健康管理システム『Carely』の導入により、最小効率での制度認定を支援〜

2020年3月2日に経済産業省より発表された「健康経営優良法人2020」を受賞した株式会社iCARE(https://www.icare.jpn.com/)は、本省が公開している認定基準解説書に基づき、制度認定を最小効率で実現する『Carely健康経営パック』の提供を開始いたします。

 

  • 健康経営優良法人認定制度とは(経済産業省ホームページより抜粋)

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
 

  • 『Carely健康経営パック』概要
iCAREが開発する健康管理システム『Carely』は、従業員の健診結果やストレスチェック、残業時間や産業医面談の記録などの労働安全衛生法に関わる健康データの一元管理を実現します。『Carely健康経営パック』を導入することで、「健康経営優良法人認定制度」の認定要件を満たすことができます。また「健康経営銘柄」、「ホワイト500」の認定項目についても幅広いサポートを実現します。
 
  • サービス対応表と詳細スライド
経済産業省が公開している認定基準解説書に基づき、『Carely』が対応している機能の詳細を、対応表とスライドにてご紹介します。

【健康経営優良法人(中小規模法人部門)】


【健康経営銘柄、健康経営優良法人(大規模法人部門 / ホワイト500)】


【説明スライド】


スライドはこちらをご覧ください。
https://d39kau1ie0fw3g.cloudfront.net/wp-content/uploads/2020/03/03121900/20200303_iCARE.pdf


『Carely健康経営パック』のお問い合わせはこちら
https://www.carely.jp/lp/package-healthandproductivity/


【株式会社iCAREについて】
株式会社iCAREは、現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。『カンパニーケアの常識を変える』をミッションに掲げ、複雑な健康労務をシンプルに、煩雑な健康労務をカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社iCARE >
  3. iCARE、経産省主催「健康経営優良法人」の認定をサポートする『Carely健康経営パック』の提供を開始