ウェブサイト運用はAIに任せる時代へ。クラウドサービス「wonder ver.3」をリリース

ウェブサイトの分析・レポート・サイト改善などの仕事をAIアシスタントに任せ、業務効率化を図るクラウドサービス「wonder ver.3」を2017年12月12日にリリースいたしました (https://www.wonder-ma.com/)。

AIが人々の仕事を奪うのではないかと危惧される今、AIとの対立ではなく協業が求められると私たちは考えています。
その1つとして、AIアシスタントがウェブサイト運用を担う未来を創るべく、2016年12月にwonderを招待制でリリースして以降、2,500以上のウェブサイトデータを集積し解析を行ってきました。そのデータを基盤に、今後もさまざまなオートメーション機能を追加してまいります。

2017年11月22日に帝国データバンクが発表した『人手不足に対する企業の動向調査』によると、正社員について「不足」していると回答した企業は49.2%となり、過去最高を記録しています。中でも「情報サービス」の業態では70.9%にも上っており、企業の人手不足は深刻です。

安倍政権による働き方改革の促進が加速している背景からも分かるように、有効求人倍率がバブル期を上回る今、採用だけではない新たなアプローチが求められています。

そこで、ヴァンテージマネジメント株式会社では、延べ5,000社を超えるウェブサイト改善のノウハウを活用し、「wonder」を通して人手不足を解決することで、『世界を"エナジー"する ~Energize the people~』というミッションの実現を目指してまいります。
※リリース記念キャンペーン実施中:2017年12月31日までに新規登録いただいたお客様は「wonder」を無料でお使いいただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヴァンテージマネジメント株式会社 >
  3. ウェブサイト運用はAIに任せる時代へ。クラウドサービス「wonder ver.3」をリリース