「北の国から展」を渋谷PARCO8F「ほぼ日曜日」で開催します。

2020年、いまあらためてこの物語を。

みんなが夢中になった、あの国民的ドラマにまた会える....! 2016年に閉館した「北の国から資料館」(富良野)より、貴重な品々を写真パネルを中心にお借りして、展示します。期間限定、「出張・北の国から資料館」の登場。『北の国から』を、渋谷の街からお届けします。会期中、女優の中嶋朋子さん、お笑い芸人の蛍原徹さん、同ドラマの演出を手がけた杉田成道監督を招いたトークイベントも開催します。
本イベントの詳細は https://www.1101.com/hobonichiyobi/exhibition/271.html にてどうぞ。

1981年の、連続ドラマの放送開始から39年。現在もずっと愛され続けている国民的ドラマ、『北の国から』を渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で特集します。ドラマのロケ地となった北海道富良野市に、 「北の国から資料館」という全国のファンが訪れる施設がありました。同施設は2016年に惜しまれながら閉館。所蔵品として保管されていた貴重な資料の中から何点かをお借りして、会場に展示。期間限定、「出張・北の国 から資料館」の登場です。
【北の国から展】
  • 会期:2020年1月23日(木)〜2月9日(日)
  • 時間:10:00〜21:00
  • 場所:渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」 入場無料 ※1月31日(金)、2月2日(日)はトークイベントのため17:00CLOSE(最終入場16:30)
  • 主催:株式会社ほぼ日 協力:フジテレビジョン、日本映画専門チャンネル
[展示内容をご紹介します]

●記録・宣伝用の写真
「北の国から資料館」には、たくさんの写真が展示されていました。 ドラマの映像から抜き出した画像ではなく、撮影に同行していたスチールカメラマンが記録・宣伝用に撮影していた貴重なショットがメインです。年月を経て、破損・変色している物もありますが、あえて富良野にあったそのままで、展示します。
●名シーンを映像で
ドラマの展覧会ですから、やはり名シーンをその場で観ていただきたい。写真の展示に合わせて、モニタによる映像の展示も行います。「夜になったら寝るんです」「子どもがまだ食ってる途中でしょうが!」「泥のついた1万円札」「誠意のかぼちゃ」など、名シーン・名ゼリフを映像でご覧いただきます。
●衣装・小道具・台本など
第1話で螢(中嶋朋子さん)が着ていた衣装や、『北の国から’83冬』で純(吉岡秀隆さん)が着ていた衣装。さだまさしさん直筆の主題曲の楽譜。シュウ役を演じた宮沢りえさん直筆の手紙。地井武男さんが演じた中畑和夫が経営する会社の看板。杉田成道監督が実際に現場で使っていた台本などなど、『北の国から』に関連する「物」の展示も行います。
●『北の国から』グッズ、富良野のお菓子などの販売、撮影スポット、そして富良野の香りも。

北海道の「新富良野プリンスホテル」の敷地内にある「富良野・ドラマ館」というショップ限定で販売されている『北の国から』のオリジナル商品を特別に何点か販売いたします。また田中邦衛さん演じる黒板五郎が作り上げた「石の家」が撮影スポットとしてご用意。記念撮影をどうぞご自由に。そして、この展覧会にあたり『北の国から』原作・脚本の倉本聰さんがアイデアをくださいました。「都会で開く催しに、富良野の匂いを加えてほしい」。富良野の匂いを体験していただけるちょっとした工夫をご用意しました。
●<スペシャルトーク>中嶋朋子さん×糸井重里/蛍原徹さん×杉田成道監督
「北の国から展」の開催を記念して、会場で2つの豪華なトークショーをひらきます。
【中嶋朋子さん×糸井重里】
日時/1月31日(金)開場 19:00 開演 19:30 料金/1500円(税込・抽選販売)
【蛍原徹さん×杉田成道監督】
日時/2月2日(日)開場 19:00 開演 19:30 料金/1500円(税込・抽選販売)
螢を演じた中嶋朋子さんと糸井重里、そして『北の国から』大好き芸人の蛍原徹さんと同ドラマの演出を手が けた杉田成道監督のトークイベントを開催します。チケットは抽選販売。1月22日(水)午前11時より「ほぼ日曜日」のページにて受付ます。
●「北の国から展」開催記念、蛍原徹さんインタビューをほぼ日刊イトイ新聞にて掲載中。

蛍原徹さんに北の国からの魅力を訊きました。「第3話まで見ましょうか。」
https://www.1101.com/n/s/kitanokunikara_hotohara
『北の国から』大好き芸人で有名な、雨上がり決死隊の蛍原徹さんに、このドラマの魅力を真正面から訊きにいきました。「やっぱり最初から見るべきなんですかね?」と、このドラマを観たことがない聞き手が素直すぎる質問をぶつけます。蛍原さんはやさしく言いました。「もちろんです。まず第3話まで、見ましょうか」
  • [ドラマ『北の国から』について]1981年から24話、フジテレビ系列の連続ドラマとして放送。その後、2002年9月まで単発のスペシャル版が8作品放送され、いずれも高い視聴率を記録した。東京から北海道に移住してきた黒板五郎(田中邦衛さん)、純(吉岡秀隆さん)、蛍(中嶋朋子さん)の一家を中心に、人間の弱さと強さ、滑稽さと美しさを、厳しい大自然を舞台に描いた人間ドラマ。
  • [ドラマ『北の国から』の視聴方法について]「日本映画専門チャンネル」で『北の国から』放送スタート。この展覧会の開催に先駆けて、2020念1月11日より「日本映画専門チャンネル」にて従来の映像をより見やすくした「デジタルリマスター版」で『北の国から』全シリーズの完全放送がはじまっています。 (2/15(土)には第1話〜6話まで一挙放送)視聴方法など、詳しくは https://www.nihon-eiga.com/osusume/dramatictheater/kuramoto/kita2020/ をご覧ください。
  • FOD(フジテレビオンデマンド)でも『北の国から』を見ることができます。フジテレビ公式のオンデマンドサービスで、いつでもこの物語の世界に行けます。詳しくはhttps://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4322/ にてどうぞ。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ほぼ日 >
  3. 「北の国から展」を渋谷PARCO8F「ほぼ日曜日」で開催します。