「CapBridge Financial」、「ダルマ・キャピタル株式会社」が福岡市進出!

産学官が一体となって国際金融機能の誘致を推進する組織「TEAM FUKUOKA」※では、福岡に集積させる国際金融機能として「資産運用業」、「フィンテック」、「BCP」の重点分野を掲げ、誘致を進めています。
このたび、シンガポールで国内外の未上場企業の資金調達の支援を行うCapBridge Financial様(本社:シンガポール)及び、株取引をプログラムにより高速で行うダルマ・キャピタル株式会社様(本社:東京)が、福岡市に拠点を設立することを決定されました。
1.CapBridge Financial Pte. Ltd.(シンガポールからの誘致第1号)
■企業概要
・シンガポール金融管理局の認可を得て、資金調達を目指す未上場企業に対し、世界中の投資家との
マッチングを支援するプラットフォームを運営
・シンガポール証券取引所(SGX)の出資を受け、韓国や東南アジアを中心にグローバルに事業を
展開

■福岡市に設立する拠点の概要
・4~6月に福岡事務所を開設予定。設立後、サービス登録企業を増やすための営業活動を開始

2.ダルマ・キャピタル株式会社(フィンテック第1号)
■企業概要
・株取引をプログラムにより超高速で行う「高速取引行為者」
・金融庁に登録する高速取引行為者の中で、日本に拠点を持つ唯一の企業

■福岡市に設立する拠点の概要
・4月以降、福岡に拠点を設け、福岡証券取引所で高速取引を開始

3.これまでの福岡市の取組み
国際金融機能の誘致を目指し、国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」の開設や、国際金融に精通し、かつ、誘致推進にご尽力いただける「福岡市国際金融アンバサダー」の委嘱等の取組みを行い、2月に誘致第1号となる香港の資産運用会社「MCPホールディングス・リミテッド」様の進出を発表しました。今後とも、外資系金融機関等を対象とした誘致活動を行い、国際金融機能の集積を図ってまいります。

※ TEAM FUKUOKAとは
政府が世界中から優秀な人材や資金、情報を集め、国際金融都市の確立を目指すことを成長戦略の柱に置いていることを受け、地元経済界を中心に国際金融機能の誘致に向けた機運が高まり、九州経済連合会会長,九州電力代表取締役社長,福岡市長が発起人となって令和2年9月29日に設立
 

TEAM FUKUOKA設立総会TEAM FUKUOKA設立総会

  
■お問い合わせ
福岡市経済観光文化局
国際金融機能誘致担当
092-711-4647
globalfinance.EPB@city.fukuoka.lg.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 福岡市役所 >
  3. 「CapBridge Financial」、「ダルマ・キャピタル株式会社」が福岡市進出!