イエウール、「不動産一括査定サイト調査」にて、査定ユーザー数・提携不動産数・エリアカバー率など第1位を獲得

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹)の運営する、不動産売却・査定サービス「イエウール」は、東京商工リサーチ社の行った「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」において、「利用者数」「提携会社数」「対応エリア数」など全ての項目で1位となりました。現在、1900社の不動産会社と提携し、不動産売却・査定サービスにおいて日本最大級の規模となっていることをお知らせします。

■調査結果
1. 査定依頼ユーザー数 NO1
不動産の売却先を検討し、査定サイトを利用している方において、イエウールは一番多くのユーザーに利用していただいている結果となりました。

2. 提携不動産会社数 NO1
イエウールは、大手だけでなく全国の不動産会社と一番多く提携させていただいている結果となりました。
不動産会社との提携数が多いことは、売却先を探しているユーザーに対し選択肢が増え、より良い条件での売却が可能になります。

3. 全国(都道府県・市区町村)におけるエリアカバー率 NO1
査定依頼の対応エリアにおいても、イエウールは一番多く全国の市区町村の査定先をご紹介できる結果となりました。日本全国の不動産会社と提携しているため、全国のユーザーへご紹介が可能になります。
マンションの売却に加え、戸建て、土地の売却など様々な不動産売却に対応しています。

調査結果URL: http://www.tsr-net.co.jp/static/realestate_research/
調査時期  :2018年7月


イエウールは14年1月にサービス開始以降、当社の強みであるマーケティングを活かし良質なユーザーにリーチし、不動産会社とユーザーのマッチングを実現してきました。今後も利用者の方に満足いただけるよう、努力してまいります。

■イエウールについて
イエウール(https://ieul.jp/)は、売却を検討している不動産オーナーと、1,900社※を超える不動産仲介会社をマッチングさせる、不動産売却・査定のWebサービスです。最先端のテクノロジーを用いた独自のマッチングアルゴリズムと、独自データを蓄積・解析・学習するエンタープライズITにより新しい体験を実現、売却成立サポート件数は年間20万件を突破しています。
※リリース時点の数値


■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスには、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス「PAAM」(https://paam.speee.jp)、ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」(https://uzou.jp)、不動産売却・査定サービス「イエウール」(https://ieul.jp)、データプラットフォーム事業の「Datachain」(https://datachain.jp)などがあります。

社名  :株式会社Speee
事業概要:マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業
設立    :2007年11月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 大塚 英樹
資本金 :30,940,000円
URL     :https://speee.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Speee >
  3. イエウール、「不動産一括査定サイト調査」にて、査定ユーザー数・提携不動産数・エリアカバー率など第1位を獲得