FPTソフトウェア ガートナー社 2020年度「マーケット・ガイド」に選出され掲載

~Market Guide for Public Cloud Managed and Professional Services Providers, Asia/Pacific~

FPTソフトウェアは、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業であるガートナー社の「2020年版 アジア太平洋地域における、パブリッククラウドマネージドサービスおよびプロフェッショナルサービスプロバイダーのマーケット・ガイド(Gartner’s 2020 Market Guide for Public Cloud Managed and Professional Services Providers (MSPs) Asia/Pacific)」に、ベトナム企業として唯一、代表的な16社の中の1社として高い評価を受け、掲載されました。
ガートナー社の「2020年版 アジア太平洋地域における、パブリッククラウドマネージドサービスおよびプロフェッショナルサービスプロバイダーのマーケット・ガイド(Gartner’s 2020 Market Guide for Public Cloud Managed and Professional Services Providers (MSPs) Asia/Pacific)」(2020年10月19日、DD Mishra et al.)の全文は、こちら(英語サイト)よりダウンロードできます。
https://www.gartner.com/document/3991912

■ グローバル対応可能なクラウドマネージドサービスプロバイダー(MSPs)

FPTソフトウェアは、世界30か国以上をカバーすることができる 「グローバル対応」 クラウドMSPとして高い評価FPTソフトウェアは、世界30か国以上をカバーすることができる 「グローバル対応」 クラウドMSPとして高い評価

 

ガートナー社は2020年10月、クラウドビジネスにおける調達およびベンダーマネジメントに関するリーダー達が、ニーズに最も適したMSPを選定する際の参考となることを目的とし、「2020年アジア太平洋地域における、パブリッククラウドマネージドサービスおよびプロフェッショナルサービスプロバイダーのマーケット・ガイド」をリリースしました。このマーケット・ガイドによると、掲載されたクラウドMSPが選定された理由として、「APAC市場における存在感、クラウド関連のITスキル、実装の経験、運用規模、安定した企業成長力」などの要素が挙げられており、FPTソフトウェアはこれらの項目で高く評価されました。

この選出に伴い、FPTソフトウェア 取締役副社長兼最高執行責任者(COO)兼FPTジャパンホールディングス代表取締役会長であるチャン・ダン・ホア(Tran Dang Hoa)は、次のように述べています。

「FPTソフトウェアが、『2020年版 アジア太平洋地域における、パブリッククラウドマネージドサービスおよびプロフェッショナルサービスプロバイダーのマーケット・ガイド』に掲載されたことに対し、大変嬉しく存じます。この掲載によって、FPTソフトウェアが第三者の視点から『真のグローバル対応クラウドMSP』として認めていただいていることを認識することができました。また、このような世界を代表する著名な調査企業より評価をいただけたことによって、弊社がIT業界においてワールドクラスへの階段を一歩ずつ登っているということを強く再認識することができました。

また、近年、ビジネスの俊敏性が重要視され、クラウドを導入する企業、特にAPAC地域における企業が増えています。ただ、ビジネス上でクラウド環境を有効的に活用するステージに至るには、十分な専門知識が必要となります。そのため、さまざまな業界企業の皆様が市場において迅速かつ機敏な競争力を保つことができるように、FPTソフトウェアは最先端のソリューションやサービスを利活用して、全力でお客様をサポートします。」

■ グローバル市場に向けて
このマーケット・ガイドに加えて、FPTソフトウェアのクラウドプロフェッショナルサービスは、IT業界の意思決定者や専門家によって、肯定的または否定的なフィードバックと体験に基づく評価を提供するオンラインレビュープラットフォーム「Gartner’s Peer Insights: https://www.gartner.com/reviews/home」(英語サイト)で高く評価されています。また、これとは別に、FPTソフトウェアの包括的なRPA(ロボティック プロセス オートメーション)ツール「akaBot®」、およびエンタープライズブロックチェーンプラットフォームの「akaChain®」も、Gartner’s Peer Insightsの製品リストに追加されました。

これまでの約20年間、ITアウトソーシングで東南アジアをリードしてきたFPTソフトウェアは、2019年、フォーカスする戦略をオフショア開発からデジタル変革(DX)へと転換し、それ以降、クラウド、RPA、AI(人工知能)などを中心とした最新テクノロジーの提供とサポートをグローバルのお客様に提供しています。APAC地域では16か国に拠点を開設し、特にグローバル全体の売上高の50%以上を誇る日本市場に対しては、日本とオフショア(海外)全体で約10,000名の従業員が就業しています。また、シンガポールやオーストラリア、さらに韓国などの他の市場においても、FPTソフトウェアは、さまざまな分野で信頼できるパートナーとして高い評価をいただいております。

※全ての評価とレビューは、2020年10月19日現在のものです。

■ ガートナー免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Gartner Peer Insights Customers’ Choiceは、エンドユーザー個人の主観的な意見として提供されたレビュー、評価、データに基づいており、ガートナーまたはその関連会社の見解や支持を表すものではありません。

■ FPTソフトウェアについて
FPTソフトウェアは、2018年で創立30周年を迎え、社員数約28,000人を擁する東南アジア最大級ICT企業FPTコーポレーションにおいて、ベトナム国外に特化し、東南アジアだけでなく全世界に広範囲のITサービスを提供している企業です。豊富な人材を活用したオフショアでのアプリケーション受託開発に強みを持つのに加えて、開発プロセスの成熟度を示すCMMIの最高レベルであるレベル5を取得しており、1999年の設立以降、日本を含めた世界各国のIT企業とのパートナー関係を築いています。現在では、社員数約17,000人を擁し、お客様およびパートナーの状況に合わせた柔軟な体制を構築することが可能です。サービスとして、RPA、ブロックチェーン、AI(人工知能)、クラウド、IoT、ビッグデータ分析などの最新テクノロジー、およびデジタル変革(DX)の活用支援にも注力しています。

【社名】   FPTソフトウェア(FPT Software Co., Ltd.)
【本社】   ベトナム ハノイ(Hanoi, Vietnam)
【代表者】  代表取締役社長 ファム・ミン・トゥアン(Pham・Minh・Tuan)
【設立】   1999年1月
【従業員数】 約17,000名(2020年4月現在)
【事業内容】
  • ソフトウェア開発・システムインテグレーション事業
  • システム開発・運用・保守・コンサルティング事業
  • ソフトウェア開発アウトソーシング事業(オフショア開発)
  • 総合人材派遣紹介サービス・エンジニアリングサービス
  • 海外研修サービス・海外事業促進サービス

※当ニュースは、2020年12月14日にベトナムで発表されたリリースの抄訳をベースとしています。
<https://www.fpt-software.com/fpt-software-recognized-in-gartners-2020-market-guide-for-public-cloud-managed-and-professional-services-providers-asia-pacific/https://www.fpt-software.com/fpt-software-wins-multiple-asia-pacific-stevie-awards-for-innovation/>

■ 本件に関するお問い合わせ先
FPTジャパンホールディングス株式会社(FPTソフトウェア 日本法人)
マーケティング部
TEL: 03-6634-6868
E-mail: fjp.contact@fsoft.com.vn
  1. プレスリリース >
  2. FPTジャパンホールディングス株式会社 >
  3. FPTソフトウェア ガートナー社 2020年度「マーケット・ガイド」に選出され掲載