Hmcomm、NTTPCコミュニケーションズ「Innovation Lab」を活用した「異音検知POC Lab」を設立

             ―Hmcomm、異音検知の実証実験の場を提供―

ディープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司 http://www.hmcom.co.jp 、以下 Hmcomm)は、音を可視化する異音検知プラットフォーム(Flexible Anomaly Sound Training and Detection、以下 FAST-D)の本格展開を目指し、株式会社NTTPCコミュニケーションズ(https://www.nttpc.co.jp/、以下NTTPC)のInnovation LABに「FAST-D POC Lab」の設立を発表いたします。

 

HmcommはNTTPCのネットワーク基盤の提供を得て「FAST-D POC Lab」の展開を開始いたします。

集音した大容量データをセキュアな環境でアップロードを実現し、機械学習を実行するためには、高性能GPUを搭載したサーバーに加えて、データ転送時のセキュリティと通信路の確保が欠かせません。そのためには専用のネットワーク設営が必要となりますが、本格システム導入前のPOCフェーズにおいてすべての環境を提供することは難しくPOC実施の障壁となる課題が存在しておりました。HmcommではNTTPCのSD-WANを用いたVPNソリューションを活用する事で、この課題を解決しPOCの受付を幅広く行える機能設備の構築を行いました。

Hmcommは今後も音のAI IoTソリューションの創出に力を入れ、社会に貢献して参ります。

【FAST-Dについて】
異音検知プラットフォーム「FASTD」プラットフォーム・アーキテクチャー。ユーザーの環境・目的に合わせた集音デバイスによって集録された音響・振動データに対し、適切な前処理、ディープラーニング等を用いた特徴量抽出を行います。データに合わせた様々な異常判定アルゴリズムによる異常検出を実施する際に、一般的に異常データの発生頻度は低く、収集が困難な場合が多いため、この課題を解決するために、本プラットフォームでは、正常データから初期モデルを構築しております。初期モデルに基づく運用過程で得られた異常判定データの成否に対するユーザーのチェック(Hmcommが産総研技術移転および独自研究開発で培った音響、言語学習を行うことで、より高精度な異常判定モデルをシステムに反映させることが可能)によるモデル更新を行う「教師あり学習」機能と正常データからモデル作成をアプローチする「教師なし学習」機能を可能としております。

なお、この度の発表に関して、次の通りエンドースメントを頂戴しました。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ
代表取締役社長 田中 基夫
「NTTPCは、このたびのHmcomm様の取り組みを心から歓迎いたします。この取り組みにより、従来であれば熟練した作業員によって行われた異音検知も、AIが学習・判断することにより常時監視・自動化が可能となると確信しています。NTTPCは、Hmcomm様との協業関係を通じて、AI異音検知ソリューションの普及促進をサポートして参ります。」

エヌビディア合同会社
日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝
「NVIDIA DGX Systemsを有効活用したHmcomm様のAI異音検知ソリューションへの取り組みにより、製造業や農業を始めとした、様々な産業分野において進化がもたらされると確信しております。エヌビディアは引き続きNVIDIA InceptionスタートアップパートナーであるHmcomm様の取り組みを支援してまいります。」

【本記事に関連するプレスリリースについて】
1.Hmcomm、異音検知プラットフォーム開発事業がNEDOの「Connected Industries推進のための
  協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択
  URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000033941.html
2.三菱ケミカルホールディングス及び宮崎大学との共同研究について
  URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000033941.html
3.NTTPCコミュニケーションズ様によるディープラーニングAI取組パートナーとしての紹介
  URL:https://www.nttpc.co.jp/gpu/aipartner/hmcomm.html
4.AI音声認識活用分野で安川電機と提携
  URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000033941.html
5.異音検知プラットフォーム(FAST-D)を活用し、養豚における豚の健康管理・感染病検知の
  実証実験を開始
  URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000033941.html

【Hmcomm株式会社について】
●会社名 : Hmcomm株式会社
●URL  : http://www.hmcom.co.jp
●設立日 : 2012年7月24日
●所在地 : 本社     東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル2階
       熊本AIラボ 熊本県熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル2階
●事業内容: 産総研発のベンチャー企業として、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技
術の研究/開発、 ソリューション/サービスの提供を行っております。
音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。
●関連取得特許
特許4604178「音声認識装置及び方法ならびにプログラム」
特許4997601「音声データ検索用WEBサイトシステム」
特許5366169「音声認識システム及び音声認識システム用プログラム」

【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】
日本最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。

【株式会社NTTPCコミュニケーションズについて】
●会社名   : 株式会社NTTPCコミュニケーションズ
●コーポレート URL    : https://www.nttpc.co.jp/
●Innovation LAB URL  : https://www.nttpc.co.jp/gpu/

【本件に関するお問い合わせ先】
Hmcomm株式会社 担当 : 大貫
TEL:03-6550-9830 FAX:03-6550-9831 E-mail:info@hmcom.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. Hmcomm株式会社 >
  3. Hmcomm、NTTPCコミュニケーションズ「Innovation Lab」を活用した「異音検知POC Lab」を設立