新卒採用の人数減をおこなう企業は1.1%、新型コロナウイルスの新卒採用における影響アンケート結果を公開

WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ:https://harutaka.jp/)」を提供するHR Tech スタートアップの株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤比日樹)は、新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、株式会社i-plug・ 株式会社コクリポとともに立ち上げた就活生を支援するための「Webシューカツ推進委員会」において、新型コロナウイルスが新卒採用市場に与える影響についてアンケートを実施しました。
本プレスリリースでは、アンケート結果の一部を抜粋しお知らせいたします。

■アンケート結果概要
 

「新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2021年卒の採用予定人数を変更しますか?(単一回答)」において、「採用人数を減らす」と回答した企業は1.1%。「変更しない」を選んだ企業が90.2%と、9割を超えました。
 

新卒採用のスケジュールに関しては、61.5%の企業が「変更なし」。21.8%の企業が「変更する」を回答しています。

 


採用スケジュールを「変更する」と回答した企業を対象におこなった採用時期の調査では、ほとんどの企業で3月を避け、採用スケジュールの後ろ倒しが確認されました。

今回の調査の詳細は以下のWebサイトよりご覧いただけます。
<新型コロナウイルスが新卒採用に与える影響アンケート結果>
https://offerbox.jp/web-recruiting_resultlp/

<調査概要>
■調査目的:新型コロナウイルス が採用スケジュールに与える影響を把握する
■調査期間:2020年3月12日(木)〜2020年3月13日(金)
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:Webシューカツ推進委員会賛同企業
■有効回答数:174件
■特設サイト概要
<Webシューカツ推進委員会特設サイト>
https://offerbox.jp/web-recruitinglp/
本取り組みは、就活生ならびに新卒採用を実施する企業を支援することを目的に始動いたしました。新型コロナウイルスの影響は都市部の学生だけにとどまらず、地方学生の移動手段やイベント参加に先行きが不透明な状態です。
学生からも、不安の声が生じています。我々新卒採用に関わる事業をおこなっている企業の責任として、少しでも就活生の不安を軽減させたいと考え、発足いたしました。
賛同企業は約700社。より多くの方に選考における選択肢を増やすべく、特別支援企画を実施いたします。

■運営会社情報
<株式会社ZENKIGEN>
代表者:野澤比日樹
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 643区
設立:2017年10月
事業内容:動画面接プラットフォーム『HARUTAKA』の企画・運営
サイトURL:https://zenkigen.co.jp/about/

<株式会社i-plug>
代表取締役:中野智哉
事業内容:新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」運営
2012年9月に「OfferBox」をリリース。約200人の学生、約100社の企業の声から生まれた、新しい就活サービスです。
大阪オフィス(本社):大阪府大阪市淀川区西中島5-11-8 セントアネックスビル3階
東京フィス:東京都品川区大崎3丁目6番4号トキワビル4階
サイトURL:https://i-plug.co.jp/

<株式会社コクリポ>
代表者:富田直人
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13 TOKYU REIT 渋谷Rビル3F
設立:2016年1月
事業内容:ウェブ上でセミナーを開催するためのウェビナーサービス「コクリポウェビナー」の運営
サイトURL:https://www.cocripo.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZENKIGEN >
  3. 新卒採用の人数減をおこなう企業は1.1%、新型コロナウイルスの新卒採用における影響アンケート結果を公開