トマト農家発の発泡酒がネット通販開始!福島県いわき市から全国のご家庭へお届け

東の食の会がプロデュースしたトマト果汁50%使用の「WONDER GOLDEN EYE」、ついにネット販売スタート

一般社団法人東の食の会(東京都品川区、事務局長:高橋大就)は、株式会社ワンダーファーム(福島県いわき市、代表:元木寛)と連携し、同社が栽培するトマトを使った発泡酒を昨夏プロデュースしましたが、この度、地域内外での店頭販売から全国へ販路拡大すべく、オンラインサイトでの販売もスタートいたしました。

  • オリジナル専用ボックスで全国へお届け

今回、ネット通販開始に当たり、2本入と6本入の専用ボックスを新たに作りました。自家用だけでなく、ギフトとしてもご利用いただくため、ラベルデザインをうまく活かしたおしゃれなボックスに仕上げています。
福島県いわき市の体験型農場「ワンダーファーム」で栽培されたサンシャイントマトを原材料に用いた、農家が作る発泡酒は、アルコールとしての楽しみはもちろん、トマトそのものの食材としての魅力を凝縮した美味しさも感じられます。
飲料など「加工」を施す工夫と、ネット通販の「チャネル」を活用することで、福島で育まれた食材が、日本中に届けられ一人でも多くの方に召し上がってもらえるよう、オンラインでの販売を今後も強化・拡大して参ります。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/wonderfarm/bcf2cee0.htmlhttps://item.rakuten.co.jp/wonderfarm/c/0000000103/

 

 

2本入 化粧箱写真2本入 化粧箱写真

6本入 化粧箱写真6本入 化粧箱写真

 


▼購入可能なサイト▼


■製品概要
「WONDER GOLDEN EYE」
商品名:発泡酒 (麦芽使用率25%未満)
内容量:310ml
原材料名:トマト(福島県産)、糖類、麦芽、大麦、ホップ
アルコール分:3%
製造者:新潟麦酒株式会社
販売者:株式会社ワンダーファーム

株式会社ワンダーファーム
『五感を耕す。農と食の体験ファーム』をコンセプトに、東日本大震災後の福島の農業と地域活性化を目的に、2016年に耕作放棄地を利活用し国内最新鋭のトマト栽培ハウス、レストラン、物販施設、加工施設、体験施設を備えたワンダーファームをオープン。年間約1,500tと東北有数のトマト生産量を持ち、そのトマトを活用した様々な事業を展開している。また若手農業者や次世代農業関係者の育成にも力を入れており、農業研修の受け入れや企業からの研修の受け入れ等も積極的に行っている。

 

  • 一般社団法人東の食の会とは?

「東の食に、日本の力を。東の食を、日本の力に。」をモットーに、東日本大震災によって被害を受けた東日本の食産業の長期的支援を目的として2011 年に創設された一般社団法人です。東北の食の販路開拓や、商品プロデュース、人材育成を行い、当初の5年間で約 150 億円の流通総額を創出することに成功。これまで累計 600万缶、20億円以上を売り上げている岩手発のサバの缶詰「サヴァ缶」や、スーパー海藻「アカモク」、福島の寄付つきドライフルーツ「りんごポリフェノールのチカラ」、福島の伝統的漬け床三五八(さごはち)」をリブランディングした「358 (サゴハチ)」といった商品開発のプロデュースを行い、東北の食からヒット商品を生み出している。名称:一般社団法人 東の食の会
住所:東京都品川区大崎1-11-2ゲートシティ大崎イーストタワー5階
電話:03-6867-1128
FAX:03-5539-4982
H P:https://www.higashi-no-shoku-no-kai.jp/
facebook:https://www.facebook.com/higashinoshoku

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人東の食の会 >
  3. トマト農家発の発泡酒がネット通販開始!福島県いわき市から全国のご家庭へお届け