プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ミラボ
会社概要

2023年3月11日(土)教職員向けセミナー開催!GIGA2年目のタイピングスキルの現状と今後の可能性~第1回らっこたんセミナー~

参加費無料、横浜市立茅ケ崎台小学校・オンラインにて同時開催

株式会社ミラボ

自治体向けサービスを開発する株式会社ミラボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷川一也、以下「ミラボ」)と、情報モラル教育・プログラミング教育を手がける株式会社教育ネット(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:大笹いづみ、以下「教育ネット」)は、共同開発したクラウド型デジタルAI教材「らっこたん」を使用した「第1回全国統一タイピングスキル調査」の最終結果報告を含む、教職員向けセミナー「GIGA2年目のタイピングスキルの現状と今後の可能性~第1回らっこたんセミナー~」を開催します。

  • 開催概要
タイピング指導に注力している横浜市立茅ケ崎台小学校の今村俊輔先生にご登壇いただき、「なぜタイピングスキルの向上が必要なのか」「タイピングスキルが向上すると、子ども達の学びがどのように変わるのか」など、実体験を踏まえてお話しいただきます。
また、クラウド型デジタルAI教材「らっこたん」を使用した『第1回全国統一タイピングスキル調査』の調査結果(最終版)の詳細報告や、パネルディスカッションでは質疑応答も予定しております。
タイピング教育やICT教育にご興味のある教職員の方、教育委員会の方はぜひご参加ください。


■  GIGA2年目のタイピングスキルの現状と今後の可能性 ~第1回らっこたんセミナー~

・開催日 :2023年3月11日(土)
・開催時間:13:00~15:00(12:45 受付開始)
・会場  :横浜市立茅ケ崎台小学校 / オンライン 同時開催
・対象  :教職員・教育委員会の方 ※企業の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。
・定員  :会場参加 30名 / オンライン参加 100名
・参加費 :無料
 

■ プログラム
・13:00~13:10 開会の挨拶
・13:10~13:30 「第1回全国統一タイピングスキル調査」結果報告/教育ネット
・13:30~14:00 「タイピングスキル向上の必要性、授業でおこる変化」/横浜市立茅ケ崎台小学校 今村俊輔先生
・14:15~14:45 パネルディスカッション「学校におけるタイピングの課題と今後の可能性」
 パネリスト:横浜市立茅ケ崎台小学校 今村俊輔先生/横浜市立高田中学校 小池明先生/教育ネットメンバー

*終了後、パネリストとのティータイム交流会(30分程度/自由参加)
*参加人数の状況により、一部内容が変更になる可能性があります。

■ 申込方法
以下のフォームより、事前にお申し込みください。
https://contact.edu-net.work/seminar/rakkotan01
 
  • 第2回 全国統一タイピングスキル調査 : 無料参加自治体・小中学校 募集中!
■ 募集要項
調査実施期間:2022年12月1日〜2023年3月31日まで
調査対象者:小中学生
費用:調査・レポートは無料で実施します。(機材・ネットワーク環境は各校でご用意ください)

■ 実施の流れ
1.お申込み
2.タイピング調査実施日決定
3.自治体内の全小中学校で実施
4.2種類の結果をフィードバック
・「地域全体」「学校別」「学年別」/全体比(らっこたん内で即日確認)
・タイピングスキル調査結果レポート(後日送付予定)

■ 本調査の詳細・お申し込みについて
https://edu-net.co.jp/rakkotan_event_01
もしくは、株式会社ミラボ らっこたん担当(03-6821-8600)までご連絡ください。
 
  • クラウド型デジタルAI教材「らっこたん」とは


■ 概要
らっこたんとは、「株式会社 教育ネット」と「株式会社 ミラボ」が共同で開発している、情報活用能力を身につけることができるクラウド型デジタル教材です。AIを活用して、タイピングや情報活用に伴う基本的な知識を効率的に習得することができます。
特にタイピングでは、9年間の学習状況を教員がリアルタイムで確認できるため、効率的な指導が可能になります。
また、子どもたちが楽しく続けられる工夫もあり、日々の学習の中でタイピングスキルを始めとした情報活用能力を身につけることを目的としています。

■ 主な機能と身につくスキル
・タイピング練習(タイピングスキル)
タイピング練習を通じて、学習の基盤となる能力として重要なタイピングスキルを楽しみながら 身につけることができます。教科と連携した練習コンテンツで、子どもたちは学習しながらタイピングスキルを伸ばすことを目的としています。また、独自のAIシステムで各個人の間違えやすい問題の再出題や学習状況の記録ができます。

クイズ(情報活用能力全般
情報モラル・セキュリティを始めとした、情報活用に必要な基本的な知識を学ぶことができます。
情報収集の方法(インタビューやグラフの読み取り方)や情報発信の仕方(発表の際の注意点やWeb等で発信する際の注意点)なども、クイズ形式で楽しく学ぶことができます。
※学習指導要領・情報活用能力の体系表例に対応
 


■ 開発背景
文部科学省のGIGAスクール構想の推進により、小学校と中学校で1人1台の学習用情報端末(パソコンやタブレットなど)が整備されました。端末を活用した学習を進めるにあたって、従来の「読み」「書き」と同様に『タイピングスキル』の習得が、重要視されています。
しかしながら、授業内でタイピングの練習時間を確保することが難しく、また学校・教員が個人のスキルや学習状況を9年間の体系的なデータとして把握できないといった課題があります。
このような課題を解決するために、独自のAIシステムを持つ「株式会社 ミラボ」と、学校現場に向けた情報モラルやプログラミング教材を得意とする「株式会社 教育ネット」が共同で、教育現場のニーズに基づく「らっこたん」を開発いたしました。

■ らっこたん 詳細について:https://mi-labo.co.jp/rakkotan/
■ らっこたんに関するお問い合わせ:https://mi-labo.co.jp/inquiry/
もしくは、株式会社ミラボ らっこたん担当(03-6821-8600)までご連絡ください。
 
  • 株式会社 ミラボについて
・会社名:株式会社ミラボ
・U R L:https://mi-labo.co.jp
・所在地:東京都千代田区神田駿河台4-1-2 ステラお茶の水ビル8階
・代表者:代表取締役 谷川一也
・設 立:2013年12月

ミラボの社名は「ミライ × labo(ラボ)」に由来します。
「いまここにない未来を創造」し「社会に貢献する」ことを基本理念に、
AIを主とした先進のシステム開発、民生版ソリューション製品の販売を行っています。
・子育てコンテンツ事業
約300自治体へ向けて子育て支援アプリ「子育てモバイル」を展開。日本初の予防接種AIスケジューラー(特許取得)、電子母子手帳、自治体窓口予約システム等と連携して自治体DXを進めています。

・フォームデザイン事業:電子申請システム「+Focus」
内閣官房のマイナポータルに採用され、全国の自治体へ向けてマイナンバーカードによる
自治体窓口電子申請を進めています。

・官公庁・自治体向けソリューション事業
「コロナワクチン接種記録システム」「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」など、
官公庁・自治体のニーズにあったシステムを開発しています。
 
  • 教育ネットについて
・会社名:株式会社教育ネット
・URL:https://edu-net.co.jp/
・所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4 第6セキビル 502
・代表者:代表取締役 大笹いづみ
・設 立:2014年6月

情報モラル教育(ネットリテラシー教育)やプログラミング教育において、
先生や保護者、地域と共に未来を生きる子どもたちの可能性を信じ、
知恵を出し合うことから生まれる支援やサービスを提供することで新しい価値を創造し続けます。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ネットサービス学校・大学
位置情報
東京都千代田区本社・支社神奈川県横浜市本社・支社
関連リンク
https://mi-labo.co.jp/rakkotan/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ミラボ

4フォロワー

RSS
URL
https://mi-labo.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区神田駿河台4-1-2 ステラお茶の水ビル8階
電話番号
03-6821-8600
代表者名
谷川一也
上場
未上場
資本金
5200万円
設立
2013年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード