人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモンAI、第三者割当増資によりサントリーホールディングスから資金調達を実施

国内でも有数の人工知能(以下、「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:平野未来 以下、シナモンAI)は、サントリーホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:新浪剛史)を引受先とする第三者割当増資を実施いたします。顧客のコア業務を革新し、DXを推進することを目指し、AIコンサルティング・AIプロダクトと組織体制を継続的に強化いたします。
 

シナモンAIは、“創造あふれる社会を、AIと共に”をミッションに、顧客のコア業務を革新し、DXを推進することを目指し、AIコンサルティングとAIプロダクトを提供しています。シナモンAIはこれまで国内大手企業を中心に100社以上の取引実績を有し、DX推進の鍵となる幅広い非構造化データ活用への対応力を強みとしております。今後は、当社が、企業の成長戦略の核として提唱するハーベストループ(データが自動的に蓄積され事業の持続的な成長力につながるループ型のビジネス構造:アーキテクチャー)と、顧客企業の“パーパス”を結びつけることで、顧客企業に競争優位をもたらすAI戦略デザインを描き、顧客企業の持続的な成長を後押しすることを強化してまいります。 

サントリーホールディングスは、DX(Digital Transformation)とオープンイノベーションを推進しています。同社が目指すお客様・社会への新たな価値提供の実現に向け、シナモンAIがハーベストループの構築やパーパスドリブンなAI成長戦略の実装を後押しします。

<サントリーホールディングスからのコメント> 
サントリーホールディングスでは、有望なスタートアップ企業への投資や提携を強化することで、オープンイノベーションの推進を通じて、既存事業でのイノベーションや、新たな成長領域の創出を目指しております。シナモン社のパーパスドリブンなAI成長戦略と、当社のお客様・社会に新しい価値を提供していきたいという思いが合致したことから、同社への資本参加を決定しました。シナモン社とともに、サントリーグループのDXのさらなる加速を図ります。 

【サントリーホールディングス株式会社 会社概要】 
社 名:サントリーホールディングス株式会社 
URL:https://www.suntory.co.jp/ 
所在地: 
本社(大阪オフィス):大阪市北区堂島浜2-1-40 
サントリーワールドヘッドクォーターズ:東京都港区台場2-3-3 
設 立:2009年2月  
代表者:代表取締役社長 新浪剛史 

【株式会社シナモン 会社概要】 
社 名:株式会社シナモン 
URL:https://cinnamon.is/ 
所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階 
設 立:2016年10月 
代表者:代表取締役社長CEO 平野未来 

採用ページ(募集職種および応募方法はこちらをご参照ください): 
http://cinnamon.is/recruiting/ 

■事業内容:人工知能コンサルティング事業、人工知能プロダクト事業  
シナモンAIは、「創造あふれる世界を、AIと共に」をミッションとし、高度なビジネスAIソリューションの開発に取り組んでおり、多数の国内大手企業への提供実績を有しています。また、人工知能研究所をベトナム(ハノイ・ホーチミン)および台湾に構え、大量のAI技術者の獲得に成功しています。直近では、AI OCR「Flax Scanner」に加えて、特化型音声認識技術「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の商用化も始まり、大手企業を中心に販売を開始しております。また、シナモンAIでは、”Digitize(デジタル化)” “Structure(構造化)” “Understand(理解・活用)” という3つの独自の研究領域に基づき、高度なAIアルゴリズムを数多く保有し、業界特有の非構造化データを活用するビジネスAIソリューションの開発を継続的に行っております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シナモンAI >
  3. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモンAI、第三者割当増資によりサントリーホールディングスから資金調達を実施