宮崎県新富町に新たなコワーキンングスペースが誕生。特産品の利益を町に投資し、空き家をリノベーション。起業家育成や産業支援を目的に「こゆチャレンジフィールド」をオープン

地域商社のこゆ財団が運営。地域住民が集う新たなコミュニティ創出も目指す

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡(こゆぐん)新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、7月より財団の活動拠点である「こゆチャレンジフィールド」内にコワーキングスペースをオープンいたしました。利用は有料ですが、誰でも気軽に訪れ、仕事やミーティングなどに活用いただくことが可能となります。また、コワーキングスペースにはこゆ財団のオフィスが隣接しており、農業・産業支援をはじめ、移住や空き家に関する相談など、幅広いサポート体制を整えて常駐しています。


約120坪ある「こゆチャレンジフィールド」は、10年以上空き家となっていた店舗物件を、こゆ財団が特産品の利益を町へ投資する考えで取得し、リノベーションを施しました。空き家となる以前はギフトショップとして営業されており、かつては町民の多くが足を運んでいました。また、近接する小学校の通学路にもなっているため、多くの子どもたちが毎日行き来しています。このような場所にコワーキングスペースを設けることで、地域課題をビジネスで解決しようとする社会起業家や、Uターンで農業に従事する担い手農家などが語り合える場をつくり、人々が集う新たなコミュニティが形成できればと考えています。

また、そうした地域ビジネスの動きを支援・加速するために、こゆ財団では教育事業の一環で起業家育成や編集者育成、儲かる農業などをテーマにあらゆる講座を開講しています。これらのスクール拠点ともなり得るのが「こゆチャレンジフィールド」です。こゆ財団のグループミッションである「世界一チャレンジしやすいまちへ」の実現に向け、そのような施設名にいたしました。
 

施設概要
「こゆチャレンジフィールド」コワーキングスペース
住 所:宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1
電 話:0983-32-1082(代表)
営業時間:平日 10:00〜17:00(イベント開催時など使用できない日時もございます)
価 格:⑴ビジター会員 500円/日 、⑵月額会員 3,000円 、⑶年額会員 34,000円
※価格はすべて税込です。
※利用時は会員登録が必要です、受付にて登録手続きを御願いします。
※個人会員は今後、順次登録を受け付けていく予定です。
※学割:登録後3ヶ月間は無料で使用いただけます。登録時に学生証をご提示ください。
※詳しくは(問)0983-32-1082<こゆ財団:高橋>までお問い合わせください。


▪️ふるさと納税に関する過去のリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000028395.html

こゆ財団とは
2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社。「世界一チャレンジしやすいまちへ」というビジョンのもと、「強い地域経済をつくる」をミッションとし、行政では成し得なかったスピード感で『特産品販売』と『起業家育成』を行いながら地域経済の創出に取り組んでいます。主に、国内流通わずか1%といわれる国産ライチのブランディング・販売や、起業家育成塾「児湯シータートル大学」「地域を編集する学校」などを実施しています。
法人名:一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
所在地:宮崎県児湯郡新富町富田2-20(こゆ財団 ソーシャルデザインラボ)
代 表:代表理事 齋藤 潤一
▶︎こゆ財団HP:https://koyu.miyazaki.jp
▶︎こゆ財団FB:https://www.facebook.com/koyu.miyazaki/
▶︎こゆ財団ふるさと納税ページ:https://www.furusato-tax.jp/city/product/45402


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構 >
  3. 宮崎県新富町に新たなコワーキンングスペースが誕生。特産品の利益を町に投資し、空き家をリノベーション。起業家育成や産業支援を目的に「こゆチャレンジフィールド」をオープン