ストラタシスより13種類の新しいValidated材料とオープンマテリアルの選択が登場

製造向けH350 3Dプリンタ用の新材料PA12パウダーの供給元はALM社に

米ミネソタ州エデンプレーリー&イスラエル・レホボト --(BUSINESS WIRE)-- ストラタシス(Stratasys Ltd. NASDAQ:SSYS)は、本日、Fortus® 450mcプリンタ用の13種類のValidated材料と、SAFテクノロジーを搭載したH350®プリンタ用の材料パートナーとなるALM社がSAF™ PA12パウダーを提供することを発表しました。
また、オープンマテリアルのライセンスを含むOpenAM™ソフトウェアがFortus 450mcプリンタで利用できるようになり、その造形が可能になりました。
このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。
リリースの全文はこちら https://www.businesswire.com/news/home/20221108005234/en/

* 本プレスリリースの正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。

難燃性の高性能熱可塑性材料ULTEM™ 9085に複数のカラーバリエーションが加わり、航空機の内装など美観が重要な最終用途部品の用途がさらに広がりました。(写真 BUSINESS WIRE)難燃性の高性能熱可塑性材料ULTEM™ 9085に複数のカラーバリエーションが加わり、航空機の内装など美観が重要な最終用途部品の用途がさらに広がりました。(写真 BUSINESS WIRE)


ストラタシスCEOのYoav Zeif博士は、「3Dプリント造形に限界はないはずです。ポリマー材料業界は、これまでにないほどアディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)に投資しており、当社は世界トップクラスのお客さまに、こうした化学のイノベーションをできるだけ早くフルに活用できるように取り組んでいます。なぜなら、早急にアディティブ・マニュファクチャリングへの移行を世界中が大規模に行う必要があると考えるからです」と述べました。

DI Labs社は、深い技術と知識を持つ製品開発エンジニア集団です。急成長中のアディティブ・マニュファクチャリングのサービスビューローで、OpenAMソリューションのグローバルローンチパートナーおよび最初のベータサイトとして理想的な存在となっています。DI Labs社のCEOであるCarl Douglass氏は、「当社のFortus 450mcプリンタは、安定した信頼性の高い造形を提供してくれますが、これまでは材料が制限されていました。ストラタシスの開発チームと直接協力して、この新しいソフトウェア・プラットフォームを調整し、PEKKやPEEKなどの材料を使った造形プロセスの最適化に貢献できるエンジニアがいることを、私たちは誇りに思っています。OpenAMソフトウェアは、複雑な航空宇宙、医療機器、重工業、自動車用途にアディティブを使用して無限の機会を解き放つことを可能にします」と話しました。

13種類の新しいFDM Validated材料
ストラタシスは、材料供給会社のCovestro社、Kimya社、Victrex plc社と提携し、Fortus® 450mcをはじめとするストラタシスFDM®プリンタでストラタシスValidated材料が利用できるようなります。基礎的な信頼性試験を経たストラタシスのValidated材料は、市場で利用できる材料オプションをさらに拡大します。以下のFDM材料は現在注文可能で、2023年初頭までに出荷される予定です。
  • VICTREX社 AM™ 200: 石油・ガスや航空宇宙などの要求の高い産業における最終用途の部品製造用に特別に配合された、強度の高い半結晶PAEKフィラメントです。
  • Covestro社 Addigy® PA6/66-GF20 FR LS: 難燃性ガラス繊維複合材料で、鉄道用途のEN45545要件に適合しています。材料の強度と剛性はNylon12CFに類似しています。
  • Kimya社 PC-FR: 難燃性ポリカーボネート材料で、鉄道アプリケーションのEN45545要件を満たしており、特に少量生産と交換部品を含む最終使用部品のために設計されています。
  • FDM HIPS: 低要件のアプリケーションに適した、手頃な価格の高衝撃性ポリスチレンベースの材料です。

さらに、いくつかの既存材料は、Validated材料としてカラーで提供されるようになりました。
  • 【ULTEM™ 9085】レッド、ドリームグレー、ホワイト、ジャナホワイト、ガンシップグレー、エアクラフトグレー: 難燃性の高性能熱可塑性プラスチックに複数のカラーを提供することで、航空機や鉄道車両の内装など美観が重要な最終用途の部品用途がさらに広がります。
  • 【PC】レッド、ブラック: 耐熱性、耐久性に優れたポリカーボネートのフィラメントで、機能性試作やツーリングの用途に対応します。
  • 【PCS-ABS】レッド: ポリカーボネートとABSポリマーのブレンドにより、耐熱性と曲げ強度を両立し、さまざまな試作や最終製品の部品用途に対応します。

Fortus 450mc用サードパーティ・オープンマテリアルへのアクセス
また、ストラタシスは、今年初めにOrigin® Oneの顧客に提供した年間OpenAM材料ライセンスを通じて、顧客がサードパーティのオープンマテリアルにアクセスできるようにし、Fortus 450mc 3Dプリンタが提供する使用例を拡大し続けています。このソフトウェアは、GrabCAD PrintまたはInsightと組み合わせて使用し、オープンマーケットフィラメントや新たに開発した独自の処方を使用したい顧客に、パラメータ制御とプリンタチューニング機能を提供します。また、このソフトウェアは、ストラタシスPreferred材料およびValidated材料の顧客固有の要件に対応するためのパラメータ調整にも使用することができます。

ストラタシス、PA12パウダーの供給元にALM社を選定
ストラタシスは、H350 3Dプリンタ向けに、SAF PA12材料の最初の供給元としてアドバンスト・レーザー・マテリアル(ALM)社を選定したことを発表しました。Nylon 12としても知られるPA12は、産業用3Dプリント造形で最も人気のある材料で、機械部品、通信産業アプリケーション、プロトタイピングに幾何学的精度、耐薬品性、剛性を提供します。

粉末床積層造形システムは、生産用途に対応するために材料に特別な要件が必要となりますが、ALM社は高品質ポリマー材料のエンジニアリング、試験、製造を専門としています。「ストラタシスが重視する生産性、材料品質、プロセスの再現性は、H350プリンタの重要なバリュードライバーです。ALM社は、特定の用途やプロセスに合わせて粉体を調整することで輝きを放ちます。ストラタシスとの協力は、AM生産を拡大する顧客にとって重要であり、彼らの期待を超える品質であるALM社の PA12とSAFテクノロジーの組み合わせに説得力のある価値を見出すでしょう」と、ALM社の社長Donnie Vanelli氏は述べています。

現在のところ年内にSAF PA12の受注が可能になる予定です。
 
ストラタシス3Dプリンタ用のすべてのストラタシスPreferred材料とValidated材料については、直接ストラタシス・ジャパン、または正規代理店までお問い合わせください。

ストラタシスについて
ストラタシスは航空宇宙、車載、コンシューマ製品、ヘルスケアなどの産業向けの革新的な3Dプリンティング・ソリューションを提供し、アディティブ・マニュファクチャリングへのグローバルな移行をリードしています。スマートなコネクテッド3Dプリンタ、ポリマー材料、ソフトウェア・エコシステム、オンデマンド・パーツ造形サービスを通じて、ストラアディティブ・マニュファクチャリングチェーンの各ステージで競争面での優位性を提供します。世界をリードする企業や組織がストラタシスのソリューションを活用し、製品設計のトランスフォーメーション、製造やサプライチェーンの迅速化、患者ケアの向上を実現しています。

ストラタシス・ジャパンはStratasys Ltd.の日本子会社で、ストラタシスが製造する3Dプリンタおよび3Dプリンタ材料の販売やパーツ造形サービス(DFP)の提供を行っています。本社は東京都中央区で、大阪に支店があります。 

ストラタシスの詳細については、https://www.stratasys.co.jp/、ストラタシスのブログ、Twitter、LinkedIn、Facebookをご覧ください。ストラタシスは、SECのレギュレーションFDに基づき、当社のウェブサイトを含む前述のいずれかのソーシャルメディア・プラットフォームを利用して、重要な非公開情報を共有する権利を留保します。ストラタシスは、適用される法律で必要かつ義務付けられている範囲において、かかる情報を当社の開示書類に含めることもあります。

Stratasys, FDM, SAF, H350, Fortus, Fortus 450mc, OpenAM, GrabCAD Print, Insight, Origin, Origin One および P3 は、Stratasys Ltd. およびその関連会社の商標または登録商標です。9085およびULTEMの商標は、SABIC、その関連会社または子会社からのライセンスに基づき使用されています。Addigyは、Covestroの登録商標です。VICTREX AMは、Victrex Manufacturing Limitedまたはそのグループ企業の商標です。その他の商標はすべて各所有者の財産であり、ストラタシスは、これらのストラタシス以外の製品の選択、性能、使用に関して一切の責任を負いません。

将来見通しに関する記述に関する注意事項
OpenAMソフトウェア、SAF PA12、Validated FDM 材料の使用によって消費者が享受する利益に関するストラタシスの見解や、これらの製品の出荷予定日など、本プレスリリースに記載されている記述は、経営者の現在の予想と信念を反映した将来見通しに関する記述です。これらの将来予想に関する記述は、その性質上、急速かつ突然に変更される可能性のある現在の情報に基づいています。ストラタシスの事業に関連するリスクと不確実性により、実際の結果は、これらの将来予想に関する記述によって予測または暗示されたものと大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性には、以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。市場シェアを獲得する新製品およびソリューションの導入における当社の成功の程度、3Dプリント造形市場全般の成長の程度、COVID-19 パンデミックの強度および期間、回復および回復力の程度、および/またはインフレなど、部分的にはその副産物であるマクロ経済上の不利な傾向、当社が販売する製品もしくはサービスの価格またはマージンの変化(利益率の低い製品またはサービスへの移行を含みます)による影響、競争および新技術による影響、のれんまたはその他の無形資産の減損による追加費用発生の可能性、買収の成功または新規事業、技術、製品もしくはサービスへの投資の程度、当社の経営陣及び取締役会の潜在的な変更、グローバル市場、政治及び経済状況、特に当社が事業を展開する国々における状況(コロナウイルスが当社の事業、サプライチェーン、流動性、キャッシュフロー及び顧客注文に及ぼす影響に関するリスク、訴訟及び規制手続に関する費用及び潜在的責任、他社による当社の知的財産権の侵害又は当社による他社の知的財産権の侵害に関するリスクなど)、流動性の維持、事業および資本ニーズの資金調達の成功の程度、税制が当社の業績および財務状況に及ぼす影響、ならびに2022年2月24日に証券取引委員会(SEC)に提出したストラタシスの最新のフォーム20-Fに関する年次報告書の「リスク要因」の見出しに記載されたその他のリスク要因。読者は、当社の事業、財務状況、業績および見通しに影響を与えうるリスクおよび要因を利害関係者に助言することを目的とした、当社の2021年年次報告書およびSECに提出または提供された当社のその他の報告書を通じて行われた様々な開示を注意深く検討し、考慮するよう促されます。本プレスリリースで提供された指針およびその他の将来予想に関する記述は、本書の日付時点のものであり、ストラタシスは、新しい情報、将来の出来事などの結果であれ、法律で求められる場合を除き、将来予想に関する記述を公に更新または修正する義務を負わないものとします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストラタシス・ジャパン >
  3. ストラタシスより13種類の新しいValidated材料とオープンマテリアルの選択が登場