​アクセラレータープログラム「G-STARTUP」、第3期デモデイ(成果発表会)を開催 投資家50名超が参加、最優秀賞はサプライチェーンリスク管理サービスを手掛ける株式会社Resilireに決定

グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は7月29日(木)、スタートアップ企業を対象とするアクセラレータープログラム「G-STARTUP」(https://g-startup.jp/)の3rd Batch Demo Dayを、グロービス東京校にて開催しました。今年4月にMainTrackに採択され、4か月間のプログラムに参加した13社のスタートアップがプレゼンし、最優秀賞は株式会社Resilireに決定しました。


G-STARTUP 3rd BatchのDemo Dayは、リアルの会場とオンラインとを融合させたハイブリッド形式で開催され、集まった国内有数のベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家ら50名以上の出資検討者を前に、採択企業13社が事業のプレゼンテーションを実施。審査の結果、株式会社Resilireが最優秀賞、株式会社ventus、株式会社PalledAdの2社が優秀賞に決定しました。加えて、プログラム期間中に最も成長した企業を表彰するベストグロース賞はRecustomer株式会社と株式会社スペースエンジンの2社に、デモデイ参加者の投票によるサポーター賞は、Rsmile株式会社に決定しました。
 

                  最優秀賞 株式会社Resilire
       写真左から、審査員:沼田朋子氏、起業家:津田裕大氏、メンター:中村達哉氏
 

             優秀賞 株式会社ventus(左)、株式会社PalledAd(右)
   写真左から、審査員:原健一郎氏、メンター:根岸奈津美氏、起業家:梅澤優太氏、起業家:安彦賢氏、メンター:長野泰和氏


◆「G-STARTUP」3rd Batch Demo Day 各賞受賞企業

●最優秀賞 株式会社Resilire
代表者: 津田裕大氏(代表取締役)
事業概要: 「持続可能な社会を創造する」というビジョンの元、サプライチェーンリスク管理サービス「Resilire(レジリア)」を提供
メンター: グロービス・キャピタル・パートナーズ 中村達哉氏

●優秀賞 株式会社ventus
代表者: 梅澤優太氏(代表取締役社長)
事業概要: 電子トレカ®︎を用いた「デジタルグッズ×ファンシステム」ORICALなどを運営する、fantech企業
メンター: STRIVE株式会社 根岸奈津美氏

● 優秀賞 株式会社PalledAd
代表者: 安彦賢氏(代表取締役)
事業概要: OOH(屋外)広告の効果を可視化しオンライン上で取引できるマーケットプレイス「AdVice」を運営
メンター: 株式会社ANOBAKA 長野泰和氏

●ベストグロース賞 Recustomer株式会社
代表者: 柴田康弘氏(代表取締役社長)
事業概要: 顧客ファーストな小売事業者のジレンマを解消する、顧客リテンションSaaS「Recustomer」を提供
メンター: East Ventures 金子剛士氏

●ベストグロース賞 株式会社スペースエンジン
代表者: 野口寛士氏(代表取締役社長)
事業概要: D2Cブランドや小規模メーカーの商品を仕入れることができる卸仕入れマーケットプレイス「orosy」を運営
メンター: Heart Driven Fund 熊谷祐二氏

●サポーター賞 Rsmile株式会社
代表者: 富治林希宇氏(代表取締役社長)
事業概要: 不動産管理業界のラクスルとしてシェアリングプラットフォーム「COSOJI」を提供
メンター: グローバル・ブレイン株式会社 立岡恵介氏


「G-STARTUP」は、ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームを目指し、2019年4月に開始。第3期となる3rd Batchでは、将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップ企業をMainTrackとして13社、Incubate Trackとして19社を採択し、チームの成長を支援してきました。また、今期より、MainTrackの採択企業に対しては「G-STARTUPファンド」より原則投資を開始しました。
採択企業は、約4カ月間、グロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP)代表パートナー・今野穣や、本プログラムの趣旨に賛同いただいた起業家らがファカルティを務める講義を受講。ユニコーンを目指すための意識づくりや組織のマネジメント、事業戦略、ファイナンスなど、最新の経営知を学びました。Main Track採択起業家は、メンターの伴走の元、プロダクト開発・事業開発に心血を注ぎ、今回のデモデイに臨みました。

審査員は、小林賢治氏(シニフィアン株式会社 共同代表)、沼田朋子氏(ジャフコ グループ株式会社 プリンシパル)、丸山聡氏(ベンチャーユナイテッド株式会社 ベンチャーキャピタリスト)、原健一郎氏(DCMベンチャーズ プリンシパル)、今野穣(GCP代表パートナー/G-STARTUP共同代表)の5名が務めました。
 

               G-STARTUP 3rd Batch Demo Day 全体写真

グロービスではこれまでに、グロービス経営大学院が最大1000万円を出資するビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge(G-CHALLENGE)」や、在校生または卒業生が起業したベンチャー企業に最大1億円を投資するプログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」を実施しています。またGCPでは、180社以上の投資実績を持ち、運用総額累計は1,100億円を超えるなど、グロービス・グループ全体でベンチャーの生態系構築を精力的に推進しています。これに続き、「G-STARTUP」によるスタートアップ企業の成長支援に取り組むことで、ベンチャーの生態系構築をより加速していきます。

「G-STARTUP」では第4期の実施を決定しており、来年1月頃の募集開始を予定しています。


◆「G-STARTUP」概要
ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームの構築を目指し、将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を支援するアクセラレータープログラムです。成功した起業家のファカルティとの対談や、採択企業がユニコーンを目指すために必要な視点や最新の経営知を授ける講義を実施。現役ベンチャー・キャピタリストのメンターによる伴走を通じて、ユニコーンに向けた資金調達をサポートしていきます。採択企業とグロービス双方の合意に基づき「G-STARTUPファンド」より出資を実施。投資先総数は13件となります。
詳細:https://g-startup.jp/


◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内集合研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS 知見録」
・「GLOBIS Insights」
・「グロービス学び放題」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

◆本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田村菜津紀
E-MAIL: pr@globis.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グロービス >
  3. ​アクセラレータープログラム「G-STARTUP」、第3期デモデイ(成果発表会)を開催 投資家50名超が参加、最優秀賞はサプライチェーンリスク管理サービスを手掛ける株式会社Resilireに決定