社会問題解決の若き担い手を年間100名輩出する!高校生・大学生対象ボーダレスユースフェロー第1期生募集開始!

BE a SOCIAL CHANGE MAKER - 社会を語る人よりも、自ら社会を動かす人に -

社会問題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開する、ソーシャルビジネス業界最大手の株式会社ボーダレス・ジャパン(代表取締役 田口一成/東京都新宿区 )は、社会問題解決に本気で挑む高校生・大学生のためのオンラインプログラム「ボーダレスユースフェロー」第1期生の募集を、令和2年7月13日より開始します。詳細:https://www.borderless-japan.com/release/44628/

■ ボーダレスユースフェロー設立の背景
昨今のコロナウイルスの世界的大流行による経済活動の停滞により、貧困や格差などの社会問題は今後より深刻化されることが予測されます。

ボーダレス・ジャパンでは、前年度より開始した新卒起業家育成プログラム「RISE」(https://www.borderless-japan.com/recruit/fresh_rise/)にて、社会問題解決に取り組む社会起業家を目指す200名を超える学生からすでにエントリーをいただき、若者世代の社会問題への関心の高まりを感じてきました。

こうした背景から、喫緊の社会問題解決に最前線で取り組むボーダレス・ジャパンでは、一人でも多くの社会問題解決を目指す若い担い手を社会に輩出するため、本オンラインプログラムを設立するに至りました。

■ ボーダレスユースフェローとは
ボーダレスユースフェローとは、社会問題に挑戦する学生が、社会問題解決のために自らのプロジェクトを立ち上げ、ともに社会問題解決にアクションを起こす”実践の場”です。

スポーツクラブチームが、「強化選手」を指定し、そのスポーツの将来の担い手を育成するように、ボーダレスユースフェローでは、社会問題解決に取り組む35名の社会起業家を輩出してきたボーダレス・ジャパンが、「ユースフェロー」を認定し、社会問題解決を目指す担い手を育成する環境を提供します。

ユースフェローには、社会問題解決のプロジェクトを加速化させるために、下記のような機会を用意しています。
▼ 詳細はこちら
https://www.borderless-japan.com/release/44628/


1.徹底的なプロジェクト伴走
ボーダレス・ジャパン代表・田口や事業立ち上げの経験豊富な社員が、月に一度メンターとしてプロジェクトのフィードバックをします。

2.社会起業家ゼミへの参加
定期的に、ビジネスで社会問題解決に取り組むボーダレスグループ各社の経営者による講義を、オンラインにて実施します。

3.特設ページへの活動紹介
ボーダレス・ジャパン公式HP(https://www.borderless-japan.com/)上にて、ユースフェローのプロフィールやプロジェクトについて掲載します。

4.社会問題解決に挑む生涯の仲間
ユースフェローは、描く社会の実現のためのアクションを起こす同世代と出会い、生涯の仲間となる場になります。 (オンラインコミュニティ開設予定)

5.起業へのサポート
プロジェクトを進めていく中で起業を検討される方には、ボーダレスグループが35のソーシャルビジネスを立ち上げてきた独自のメソッドより、ビジネスモデルづくりを全面サポートします。


■ カリキュラムについて
カリキュラムは、コロナウイルスの影響を考慮し、全てをオンラインにて実施します。主に3つのステップから構成しています。

 

STEP 1|キックオフ合宿@オンラインに参加
オンライン上で開催するキックオフ合宿に参加していただきます。

合宿では、ボーダレス流の事業コンセプトの実戦演習やビジョン・ミッションの深堀りワーク、社会問題解決に向けてのプロジェクト設計に取り組みます。

STEP 2|プロジェクトの仮説検証を実行
合宿で設計した自身のプロジェクトに対する仮説検証を実行していきます。期間は最長3ヶ月を予定しています。

期間中、毎月ユースフェローの認定のための「プロジェクト報告会」を開催します。プロジェクトに対する取り組みを評価し、基準を満たした方をユースフェローとして認定していきます。

STEP 3|ユースフェローとして社会問題解決へ
社会問題解決に挑む一人のプレイヤーとして自立しながら、同じユースフェロー同士・ボーダレスグループ各社の社会起業家とともに、実現したい社会に向けてアクションを加速していきます。


■ 代表者

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
田口 一成
1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。株式会社ミスミに入社後、25歳で独立しソーシャルビジネスしかやらない会社ボーダレス・ジャパンを創業。2020年4月現在、社会問題を解決するための35の事業を世界13カ国で展開している。2019年2月、日経ビジネスが選ぶ「世界を動かす日本人50」に選出。

■ 募集概要
対象  :社会問題解決に意欲的な高校生・大学生(30歳未満)
定員  :50名(最大)
費用  :参加無料
募集期間:2020年7月13日(月)〜2020年8月10日(月)
応募・エントリー方法(下記参照):
https://www.borderless-japan.com/release/44628/
条件  :
① 自らで解決したい社会問題があること
※すでに事業を持つ/団体に所属する学生は、取り組むプロジェクトをブラッシュアップする機会としてエントリー可能です。
② 「キックオフ合宿@オンライン」に参加できること
▼合宿の開催日程
日時:8月18日(火)、19日(水)  ※オンライン(zoom)

<ボーダレス・ジャパン 会社概要>
会社名   株式会社ボーダレス・ジャパン
設立    2007年3月
本社    東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
資本金   1,000万円
売上高     54億円(2019年度)
役員      代表取締役社長 田口 一成
        代表取締役副社長 鈴木雅剛

▼ボーダレス・ジャパン公式サイト
https://www.borderless-japan.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ボーダレス・ジャパン
広報担当:鈴木 健太郎
E-mail:kentaro.suzuki@borderless-japan.com
TEL:092-292-5791
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボーダレス・ジャパン >
  3. 社会問題解決の若き担い手を年間100名輩出する!高校生・大学生対象ボーダレスユースフェロー第1期生募集開始!