東プレ、「REALFORCE」新製品 「R3キーボード」 20種類発売

Bluetooth®5.0ワイヤレス対応、カスタマイズ可能なキーボード

東プレ株式会社は、静電無接点容量方式スイッチを採用したPC用キーボード「REALFORCE」の新製品「R3キーボード」20種類を2021年11月1日に発売します。同新製品では、高速入力を実現するAPC機能を全機種に搭載し、Bluetooth 5.0&有線両対応版や省スペースのテンキーレス版も含まれます。
東プレ株式会社(代表取締役社長:内ヶ崎 真一郎 本社所在地:東京都中央区日本橋) は、REALFORCE(リアルフォース)ブランドの静電容量無接点方式を採用したキーボード日本語配列モデル20製品に無線接続をはじめとした新機能を搭載して、マスターシリーズ「R3キーボード」として2021年11月1日に発売します。
なお、既存の「R2」シリーズ日本語配列モデルは2021年10月29日で生産終了となります。

今回発売するR3キーボードでは、ユーザーからのニーズが多かったワイヤレス対応を実現しました。
0製品中16製品をワイヤレスとUSBの両接続に対応するハイブリッドモデル、4製品をUSB接続できるモデルとして発売します。全20製品が高速入力を可能にするAPC機能を搭載、専用ソフトウェアによってキーマップの入替が可能になりました。さらにキーボード上面のパネルを交換することで、デザインをカスタマイズすることもできます。

R3キーボードは、同社直販Webサイトの REALFORCE Store( https://store.realforce.co.jp )、
楽天市場( https://www.rakuten.co.jp/realforce/ )、
Amazon( https://www.amazon.co.jp/s?me=A1HJJSZ8D2GRC1&marketplaceID=A1VC38T7YXB528
にて販売します。
製品価格は、23,980円~34,980円(税込)。
また、同製品に対応するアクセサリー(カラーキーキャップセット、パネルデザインキット等)も発売します。
 

 

 

 

 

 

 

 

主な機能
ワイヤレス:Bluetooth 5.0 ワイヤレスおよびUSB 接続(ハイブリッドモデル)(対応モデルのみ)

R3 キーボードのハイブリッドモデルでは、Windows パソコンだけなくスマートフォンやタブレットPC など最大4つの機器とマルチペアリングで接続して随時切り換える事が可能です。また、付属の着脱式USB ケーブル(USB Type-C⇔ USB Type-A)を使用し、USB 接続のキーボードとしても使う事ができます。 ※USB ケーブルを無線接続の給電用として使用することも可能です。
 

 





カスタマイズ:パネルデザインキットで自分好みのデザインに
別売りのパネルデザインキット(クリアパネル1 枚、パネルシート5 枚)のパネルシートに、お好みのデザインを印刷、そのパネルシートをR3 キーボードに取り付けてカスタマイズできます。さらに、8 色のカラーキーキャップセットから色を選んでパネルと一緒に取り付けることで、キーボードを自分好みのデザインにして楽しめます。




APC 機能:各キーのアクチュエーションポイントを4 段階で設定可能

R3 キーボードでは、APC 機能(アクチュエーションポイントチェンジャー)を搭載しています。専用ソフトウェアで4 段階(0.8、1.5、2.2、3.0mm)に設定が可能です。これにより、高速入力を必要とするタイピングでは0.8mm の浅めにアクチュエーションポイントを設定したり、間違えて押しやすいキーは深めの3.0mm に設定したりすることで誤入力の抑止効果が期待できます。また、キーボード本体のオンボードメモリーに設定を2つまで保存してワンタッチで切り換えられます。

キーマップ入替機能:キーの配置をカスタマイズ
キーマップ入替機能は、すべてのキーの配置を変えられる機能で、専用ソフトウェアを使用して設定できます。
例えば、比較的遠い位置にあるCtrlキーや半角/全角キー、BackspaceキーをCapsLockキーや変換、無変換キーと入れ替えるなど、自分が打ちやすいようにすべてのキーの配置を入れ替えることができます。APC機能と同様にキーボード本体のオンボードメモリーに設定を2つまで保存できます。

 



その他:オンラインでのユーザー登録受付開始
オンラインでユーザー登録の受付を開始します。ホームページ上よりご登録が可能となります。
今後新製品の情報などをお伝えできるように予定しております。
 

スペック表1スペック表1

スペック表2スペック表2

 


■REALFORCE(リアルフォース)について
東プレ株式会社は1983年に静電容量無接点方式のスイッチを搭載した入力機器を業務用端末として開発し販売いたしました。その入力機器が高い評価を受けたことから、PC用キーボードを開発し2001年に「REALFORCE」として個人用途向けに発売しました。
「REALFORCE」が変わらず守り続けているのは、高機能、高品質、高品位な製品をお客様に提供することへのこだわりです。使う人のことを考えながら誠実に開発を続けています。
キーボードは現在に至るまで、日本品質にこだわり、設計から製造、サポートまで一貫して相模原市(神奈川県)の工場で対応しています。
「REALFORCE」は、ホーム&オフィス用の「マスターシリーズ」、ゲーミング用の「ゲーミングシリーズ」、「アクセサリー」の3つで構成され、これからも「REALFORCE」は「本物を求める人」に満足して頂ける最高の道具をお届けしていきます。


■東プレ株式会社について

東プレ株式会社は1935年の創業以来、塑性(プレス)加工技術と金型設計技術を応用し、自動車関連製品、定温物流、空調機器、電子機器の各分野で、日本、アメリカ、メキシコ、中国、インドネシア、インドの工場で生産しています。企画設計段階から開発に携わる一貫生産体制に強みを持ち、独立系ならではの自由で柔軟な発想で時代のニーズに合ったものづくりをしています。東京証券取引市場第一部に上場、東証一部証券コード:5975。




※東プレ、TOPRE、TOPREロゴ、REALFORCEおよび、REALFORCEロゴは、東プレ株式会社の登録商標です。
※仕様、および、デザインは予告なしに変更される場合があります。
※本資料に掲載した写真は実際の製品とは多少異なる場合があります。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東プレ株式会社 >
  3. 東プレ、「REALFORCE」新製品 「R3キーボード」 20種類発売