新型コロナで人事担当者が直面する課題にリアルタイム回答する「コロナ危機における人事課題の相談所」多数のご要望により、ゲストと共に毎週火・金曜日の定期開催へ

〜vol.2は4月14日(火)18:00よりライブ配信〜登壇者:株式会社All Personal 堀尾 司、株式会社ZENKIGEN 清水 邑

WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ:https://harutaka.jp/)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤 比日樹)と日本初のCHRO共育プラットフォーム「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(本社:東京都港区、代表取締役:堀尾 司)の共同企画、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の関する悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所」は、4月7日に実施した第一回にて継続のご要望を多数いただいたことを受け、毎週火・金曜日に定期開催することを決定*いたしました。
今後は、東証一部上場 さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕様、株式会社morich 代表取締役All Rounder Agent 森本千賀子様などのゲストを迎え、皆様と共に更なる情報共有や課題解決を目指して参ります。
*5月1日(金)までを想定しております。(2020年4月9日現在)
「コロナ危機における人事課題の相談所」とは
新型コロナウイルスの感染拡大により刻々と変化する社会情勢の中、人事担当者は過去の成功に学ぶことができない課題を短時間で解決する必要に迫られています。また各企業で同様の課題が発生しているなか、その対応や解決策は共有されずにいるのが現状です。
そこで、上場企業やスタートアップの人事顧問を複数兼任しながら、CHRO共育プラットフォーム「CANTERA」のプロデュースも担当する人事のプロフェッショナルである堀尾氏他、人事の専門家を迎え、ライブ配信による双方向コミュニケーションで、人事担当者間での情報共有や課題解決を目指す取り組みです。

「コロナ危機における人事課題の相談所Vol.2」概要
日時  :4月14日(火) 18:00〜19:00
定員  :各回100名(申し込み多数の場合は抽選)
参加費 :無料
参加対象:企業の人事部門に所属する方
応募方法:下記URLより事前にお申し込みください。
ゲスト登壇日程は下記LPにて随時更新いたします。
https://lp.harutaka.jp/SM-20200407_CANTERA_.html

参加方式:ご応募いただいたメールアドレス宛にZOOMのURLを送付いたします。
※ライブ配信は匿名にてご質問が可能です。お気軽にご参加ください。

第一回開催の様子
4月7日(火)に開催した「コロナ危機における人事課題の相談所」では60名を超える人事担当者の方が参加。事前質問のみならず配信中に出た20問近い相談にもそれぞれ回答を行った。

<いただいた相談と回答(一部抜粋)>
・不慣れなテレワークによりメンタル不調者を出さないためにはどうしたらよいでしょうか。
→マネジメント層は、部下と同様のリモート環境にないことをまず深く理解しましょう。1人暮らしをしていたら、誰とも話さずに1日を終えている可能性があります。オンライン会議システムなどを使って顔を見て様子を確認しましょう。
また、サボる人よりも「頑張りすぎる人」に注意する必要があります。社員の「オンオフの切り替え」をしやすくするため、昼休みの時間を1時間から1.5時間に延ばして午前午後の休憩を意識的に取る、業務時間外のやりとりをなくす、など制度として実施することも対策の一つです。

・新卒向け説明会の開催方法について、会社の上層部にどのように伝え、説得すればよいか一緒に考えていただけないでしょうか。
→まず上層部の方のご子息が新型コロナウイルスに感染する恐れのある中、説明会出席をさせるか否か、問いかけましょう。またSNSや匿名性企業口コミサイトで容易に実名入りで企業の告発ができてしまう時代です。企業のブランドを損なう恐れがあることも丁寧に説明し、思い止まっていただきましょう。

・22卒のスケジュールの引直しが必要だと思っています。もし他社はどうするなどの事例が入ってきていたら教えてほしいです!
→まずは今年度、新卒採用を実施するか否か決めましょう。実施が決定しているのであれば、オンラインでのインターン実施で学生との接点を作ったり、多くの情報を開示するツールの導入、情報の言語化のためのブランディングを進めたり、できることはあるのではないでしょうか。

登壇者プロフィール
株式会社All Personal 代表取締役|堀尾 司 氏


(株)All Personal代表取締役CEO
1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。2017年6月(株)AllDeal創業。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。CHRO共育プラットフォームCANTERA責任者。



<コメント>
新型コロナウイルス感染症で 、お亡くなりになられた方々、ご遺族の皆さまに謹んで哀悼の意を表するとともに、 罹患されている方々に心よりお見舞い申し上げます。この度、ZENKIGEN様からの企画に賛同し、CANTERAとしての社会貢献のあり方を形にさせて頂きました。新型コロナ感染の逆境に勝利する人と組織創りを、日本の人事の皆さんと「ONE TEAM」で創っていければと考えております。

株式会社ZENKIGEN コミュニティプロデューサー|清水 邑


新卒でマーケティング系のベンチャー企業に入社。
同社が上場までの4年間、BtoBセールス・マーケティングコンサル業務に従事し組織の急成長を牽引。
上場後は、経営企画室にて新規事業企画やM&Aを担当しながら採用業務をサポート。
2018年株式会社ZENKIGEN入社。HRtech領域のカンファレンス「NEXT HR カンファレンス」を立ち上げ。




<コメント>
新型コロナ感染の終息が見えない中、社員の安心と安全を支え、社会・経済を支える人事の役割に貢献したいと考え、オンラインコミュニティを立上げました。多くの卒業生を輩出する『CANTERA』と共に、一人では対応が困難な喫緊の人事課題に正面から向き合い、人事から社会に貢献できればと思います。



WEB面接サービス『HARUTAKA』(ハルタカ)について https://harutaka.jp/
WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」は、採用面接のオンライン化を通じて、採用業務の効率化、採用プロセスの歩留まり解消、自社にフィットする人物の発見に貢献する採用ソリューションです。録画選考とライブ面接の2つの機能は、いつでも、どこでも、かんたんに採用面接を行え、新卒、中途、アルバイト・パートなど、様々な採用活動を支援します。

CHRO共育プラットフォーム『CANTERA』(カンテラ)について https://club-chro.biz/academy
CANTERAは戦略人事の育成を目指し、「業容拡大に伴う組織人材マネジメントシステムの構築」「事業を成長させるリーダーの育成」「活気ある組織風土づくり」など、様々ある成長する組織の課題の中で、人事施策づくりの前提となる考え方を一通りマスターすることができるアカデミーです。事業と連動した人事戦略、成長や組織活性化のメカニズムを理解したうえでの人事施策がつくれるよう、テーマを分けて講座を開催します。
<次期開催>
第10期:https://canterabasic10.peatix.com/



【会社概要】
会社名 :株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)https://zenkigen.co.jp/
代表者 :野澤 比日樹
所在地 :東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F
設立  :2017年10月
事業内容:WEB面接サービス『HARUTAKA(ハルタカ)』の企画・運営
                人事イベント『NEXT HR CONFERENCE』の運営

会社名 :株式会社All Personal https://allpersonal.co.jp/
代表者 :堀尾 司
所在地 :東京都港区麻布十番2-20-7 麻布十番髙木ビル9F
設立  :2017年6月
事業内容:HRコンサルティング、HRアナリティクス、HRプロダクト
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZENKIGEN >
  3. 新型コロナで人事担当者が直面する課題にリアルタイム回答する「コロナ危機における人事課題の相談所」多数のご要望により、ゲストと共に毎週火・金曜日の定期開催へ