今年度は東京都に加え、新たに公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が後援!「小中学生による社会課題解決アイデアNo.1」を競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』

グランプリ受賞者にはドバイ万博視察のチャンスも!エントリー受付は12/1まで

子どもの体験型キャリア教育およびビジネス教育事業を推進している株式会社バリューズフュージョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹内 慶太、以下バリューズフュージョン)が開催している小中学生による社会課題解決の優れたアイデアを競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』(後援:東京都、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)のエントリー締め切りまであと1ヶ月を切りました。今年度は東京都に加え、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会に後援いただくと共に、新たにNEC、東京証券取引所、平和不動産をはじめ多数の企業・団体からの協賛、協力を得て、昨年度以上の大きな盛り上がりが予想されます。(公式サイト:http://startupjr-award.jp)

 

 

『スタートアップJr.アワード2020』は、小中学生自らが考えた社会課題解決のアイデアを、一次審査(書類選考)と二次審査(プレゼンテーション風景の動画)で審査を行い、決勝大会は、現役ビジネスパーソンの審査員を前にプレゼンテーションを行ってグランプリを決定します。小学生、中学生の2部門あり、アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価されます。
バリューズフュージョンでは、次世代を担う子どもたちが豊かな発想力で自由にアイデアを考え、社会に発信できるこのイベントを通じて、自身の将来に「活きる学び」の機会をもたらすと共に、キャリア教育の促進につなげていきたいと考えています。

堂々としたプレゼンテーションを披露する昨年の参加者。堂々としたプレゼンテーションを披露する昨年の参加者。


<後援>

 

 



<協賛/協力企業・団体>

一般社団法人プレゼンテーション協会


株式会社ウェルカム

株式会社iLab



株式会社 小学館『HugKum』


株式会社コクーンラボ


株式会社Strobolights

日本電気株式会社


株式会社東京証券取引所


平和不動産株式会社


●主催
株式会社バリューズフュージョン

●決勝大会審査員
<審査員長>
一般社団法人 プレゼンテーション協会
代表理事 前田 鎌利氏

書家、プレゼンテーションクリエイター。株式会社 固 代表取締役、一般社団法人 継未 代表理事。一般社団法人 プレゼンテーション協会 代表理事。17年にわたり通信業界(光通信、ジェイフォン、ボーダフォン、ソフトバンク)に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され、初年度第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりを担当。ソフトバンク退社、独立後、2016年7月に株式会社固を設立。ソフトバンク、ベネッセ、ジャパネットホールディングス、松竹、Jリーグ、KDDI、日立システムズ、キヤノンなど年間200社を超える企業にて講演・研修を行う。著書「社内プレゼンの資料作成術」「社外プレゼンの資料作成術」「プレゼン資料のデザイン図鑑」(ダイヤモンド社)は累計25万部を超える(2019年10月時点)。2018年12月、一般社団法人プレゼンテーション協会を設立、代表理事に就任。

 
<審査員>
株式会社ウェルカム
代表取締役  横川 正紀氏

1972年東京生まれ。京都精華大学美術学部建築学科卒業後、2000年に株式会社ジョージズファニチュア(2010年に株式会社ウェルカムへ社名変更)を設立、DEAN & DELUCAやCIBONEなど食とデザインの2つの軸で良質なライフスタイルを提案するブランドを多数展開。その経験を活かし、商業施設やホテルのプロデュース、官民を超えた街づくりや地域活性のコミュニティーづくりへと活動の幅を拡げている。武蔵野美術大学非常勤講師。


株式会社iLab  取締役
TEPCOライフサービス株式会社 取締役
株式会社タカラトミー 社外取締役
株式会社ヤマノホールディングス 社外取締役
一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム 専務理事
伊能 美和子氏

国際基督教大学卒業後、NTT入社。企業内起業家として、事業開発に従事。NTT研究所開発技術を活用し、音楽の著作権処理フローの大変革を実現。また、デジタルサイネージの事業化を推進する傍ら市場創生・拡大をめざした業界団体を設立する。日本初のMOOC(大規模公開オンライン講座)サービス、「gacco」を立ち上げ、同サービスの運営会社、株式会社ドコモgacco代表取締役社長に就任。タワーレコード株式会社代表取締役副社長を経て、現在は、複数の会社の取締役として、企業の持続的成長と企業価値向上をめざした事業開発や支援を行っている。著書に「自分を成長させる 最強の学び方」(2017総合法令出版)がある。


株式会社 小学館 
子育てウェブメディア『HugKum』責任者 
村上 奈穂氏

2006年小学館入社。『CanCam』、『Oggi』などのファッション誌編集部に所属したのち、2年間のクリエイティブ休暇でロンドンに滞在。 イギリスで子育てをしながら、未就学児向けの芸術教育の幅広さに感銘を受ける。
小学館復帰後は子ども向けの書籍を扱う児童学習局へ。保育雑誌編集を経て、2018年に子育てウェブメディア HugKumを立ち上げる。 
現在はメディア責任者として月間300本の記事を配信しながら、子ども、親子向けの新規事業の開発も担当中。 


●審査基準
・アイデアの独創性、着想力
・プレゼンテーションの構成
・プレゼンテーションの表現力、訴求力
*アイデアの実現性よりも上記を重視。

●部門
小学生部門/中学生部門
*ともにチームでの参加も可。

●賞及び副賞
小学生部門、中学生部門ともにグランプリ/準グランプリ/3位を各1名ずつ選出。
グランプリ受賞者は、ドバイ万博2020(開催時期:2021年10月1日〜2022年3月31日)への招待を予定しています(各部門のグランプリ受賞者本人とお付き添いの保護者さま1名を1組としてご招待)。日本の子どもを代表して「ドバイ万博子どもレポーター」として現地で世界中の文化や科学、新しい技術に触れていただき、そのメッセージを国内外へ発信する機会等を設ける予定です。
*ドバイ万博へのご招待は2021年10月以降となりますが、その時期における社会情勢を考慮した上で、状況によっては中止する場合があります。あらかじめご了承ください。

●スケジュール
<プレエントリーおよび一次審査>
プレエントリーと一次審査書類の応募受付:2020年8月1日(土)~12月1日(火)
*プレエントリーをされた方には、一次審査書類の提出方法をご案内させていただくと同時に、特典としてyoutubeにて、一般社団法人 プレゼンテーション協会監修の限定公開動画『プレゼンテーションのコツ』が視聴可能になります。

<二次審査>
一次審査通過者によるプレゼン動画の応募受付:2020年12月20日(日)~2021年1月20日(水)

<決勝大会>
二次次審査通過者(ファイナリスト)による決勝大会:2021年3月6日(土)

●決勝大会会場
「FinGATE KAYABA」(1F イベントスペース)

住所:東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町一丁目平和ビル
アクセス:東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分/銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分 
*現時点で上記会場を予定していますが、開催時の社会情勢によってはオンライン開催となる場合もあります。

●「スタートアップJr.アワード2020」オフィシャルサイト(プレエントリー受付もこちら)
http://startupjr-award.jp
*その他の情報については、オフィシャルサイトにて随時情報を更新してまいります。

●「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジへの参加について
バリューズフュージョンは、大阪・関西万博の開催に向けて、そのテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現し、SDGsの達成に貢献するために、さまざまな参加者が主体となり、理想としたい未来社会を共に創り上げていくことをめざす取り組み「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参加しています。
当社の共創チャレンジにご興味をお持ちの法人・団体さまはぜひお気軽にご連絡ください。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.expo2025.or.jp/team/report/2020-12-03-464/


<会社概要>
・会社名:株式会社Values Fusion (バリューズフュージョン)
・代表者:代表取締役社長 竹内慶太
・所在地:東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
・設立:令和元年5月7日
・事業内容:体験型キャリア教育事業/エンプロイーエクスペリエンス事業ほか
・ URL:https://valuesfusion.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ValuesFusion >
  3. 今年度は東京都に加え、新たに公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が後援!「小中学生による社会課題解決アイデアNo.1」を競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』