年初めに相応しい干支のお酒「干支ワイン“LES 12 ANIMAUX(レ・ドゥーザニモ)”」が新発売。ウィズコロナの今だからこそ、新たな年の景気づけとして、大切な人に贈りたいワイン。

2021年の干支「丑(牛)」が金箔で描かれた特徴的なデザイン。世界的な格付けシャトー醸造家が⼿掛け、トリプル⾦賞を受賞。2021 年新年を迎えるに相応しい、⼲⽀ワインが⽇本初上陸!

株式会社トゥエンティーワンコミュニティ(本社:東京都港区、代表:守川敏)は、干支ワイン「レ・ドゥーザニモ」(販売価格:税抜1,500円)を2020年12月4日(金)に発売しました。


干支ワイン「レ・ドゥーザニモ」は、フランス・ボルドーのサン=テミリオン地区の特級格付けシャトー「シャトー・アンジェリュス」のオーナー醸造家である、ユベール・ド・ブアール氏が手掛ける本格派のボルドーワインです。

本国では、70 MILLIONS DE DEGUSTATEURSコンクール」「ジルベール&ガイヤール Gilbert & Gaillard誌」「1001 Degustations.comにて、いずれも金賞受賞、3つのゴールドメダルを受賞している実力派ワインで、ブドウ畑は自然栽培、特に生物多様性を維持した持続可能型の農業にこだわっており、テラ・ヴィティスの認証と、フランスでは最高レベルのHVE3の認証を受けています。
 

 



日本文化をリスペクトし、世界のワインスペシャリストたちがコラボレーション。

フランス出身のワインスペシャリスト、クリストフ・カスタニエ氏監修、ボルドーで活躍するブランドコンサルタント、クリストフ・ル・バイ氏がデザインを手掛けた「レ・ドゥーザニモ」は、毎年の干支に合わせてラベルが変わるデザインが特徴です。

 


1970年にフランスで生まれる。
1980年代後半からワインビジネスを確立するために来日するようになり、それから約15年 間の歳月の中でワインのフリーランス、スペシャリストとして経験を積み、日本のワイン市場の発展に多大な貢献をしてきた。
2008年にPerfect Wines 社を設立し、日本だけでなくアジア全域と南米へと活動の場を広げる。「次世代のスターワインの仕掛け人」として、フランス中を駆け回り、優れた小規模生産者を発掘。
親日家でもあり、流暢な日本語を操り、ワインセミナーや、ワイン展示会への出店、また店頭でのデモンストレーションなど様々な活動をこなし、お客様と直にふれあいその感想を聞くことを楽しみとしている。
 


1967年生、フランス北西のブリタニー出身。
大学で経済を学んだあと、1996年から彼はメゾン・リヴィエールというボルドーの会社のマネージャーとして働くことになりました。
彼はその中で、5年間東京で暮らし、日本語学校にも通って言葉を学び、日本の文化にも精通するようになりました。 2002年には彼はフランスへ戻り、ワインのブランディングをメインとするコンサルタント会社を立ち上げました。
様々な国の文化に親しんだ彼は、マーケティング、ブランディングの観点から、世界中のワインに関してアドバイスをし、デザインに関わっています。
今回の干支ワインのラベルデザインを手掛けています。


ワインの生産者は、サンテミリオンの付近でワイナリーを営むヴィニョーブル・ムルグです。ボルドーでは知らぬ人はいない程の名醸造家、ユベール・ド・ブアール氏をコンサルタントに迎え、頭角を現している生産者で、毎年のようにコンクールで受賞を重ねています。
ブアール氏は、シャトー・アンジェリュスを第一特別給Aへ昇格させただけではなく、ワインコンサルタントとして、フランス国内だけでなく、海外(スペイン、ポルトガル、タイ、レバノン、南アフリカ)でも精力的な活動を行っています。
このような功績が評価され、ユベール・ド・ブアール氏は、フランス共和国より、国家功労勲章シュヴァリエ、およびレジョン・ドヌール勲章シュヴァリエが授与されています。

ブドウ畑は自然栽培、特に生物多様性を維持した持続可能型の農業にこだわっており、テラ・ヴィティスの認証と、フランスでは最高レベルのHVE3の認証を受けています。
メルロをライムストーンと粘土質の混じる粘土石灰質土壌に、カベルネ系の品種は粘土石灰質と砂質の混じる水はけの良い土壌で栽培します。平均樹齢は18年です。

ブドウの収穫をまず機械で行い、その後選果台で複数のスタッフがブドウの粒ごとに入念にチェックし、品質のよい房、粒だけをより分けます。その後プレスを行いますが、強い負荷はかけないようコントロールし、えぐみのでないよう注意します。
果汁が染み出た後に、約10度で発酵前の状態で醸しを行い、アロマや色素をしっかり抽出します。その後21日間かけて発酵を行います。発酵は温度管理機能のついたステンレスタンク内で行います。
 


2021年の干支は「丑年」。年初めに相応しい、干支のお酒です。
ウィズコロナの今、忘年会や新年会、年末年始の帰省もはばかられる事態となっていますが、このような時だからこそ、新たな年の景気づけとして、大切な人に贈るギフトとして、“稀代の醸造家が手掛ける、金賞三冠”の干支ワイン「レ・ドゥーザニモ」をお飲みいただけるよう、生産者たちは願っています。

【製品概要】
名称:干支ワイン「レ・ドゥーザニモ」
発売日: 2020年12月4日
価格:1,500円(税抜)
販売場所: 全国の酒屋、デパート、オンラインストア
製品に関するお問い合わせ先:
株式会社トゥエンティーワンコミュニティ TEL.03-5413-3211

【会社概要】
社名:株式会社トゥエンティーワンコミュニティ
代表: 代表取締役社長  守川 敏
本社所在地: 東京都港区六本木6-1-12 21六本木ビル6F
URL: http://www.21cc.co.jp
設立年: 1996年9月
資本金: 5000万円
従業員数: 60人
事業内容:
・ワイン事業 (ワインの輸入・販売、ワインショップ店舗運営、
通信販売業務、卸業務)
・飲食事業 (直営レストラン・ベーカリーショップ・パティスリー
店舗運営)
・飲食店コンサルティング事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トゥエンティーワンコミュニティ >
  3. 年初めに相応しい干支のお酒「干支ワイン“LES 12 ANIMAUX(レ・ドゥーザニモ)”」が新発売。ウィズコロナの今だからこそ、新たな年の景気づけとして、大切な人に贈りたいワイン。