「認知症新時代 いきいきと暮らすために」オンラインフォーラムを12月5日(日曜日)にライブ配信します

認知症の医療とケアの実践がはじまって約20年。
いま、当事者と家族はどのような日々を過ごし、どういった支援を求めているのか・・・。

コロナ禍を経て激動する社会の中で、今改めて認知症とともに生きる“共生”について考えます。
あなたが認知症になった時、どう生きますか?

2021年12月5日(日曜日)にライブ配信します。


日時
 2021年12月5日(日曜日)
 開演:午後1時 終演予定:午後3時45分 ※途中休憩あり

出演者
【パネリスト】
繁田 雅弘
 東京慈恵会医科大学附属病院 精神神経科 診療部長(メモリー外来) 同大学精神医学講座 教授
堀田 聰子
 慶應義塾大学大学院 教授 認知症未来共創ハブ 代表
望月 省吾
 日本認知症本人ワーキンググループ所属 かながわオレンジ大使

【コーディネーター】
町永 俊雄
 福祉ジャーナリスト

詳細、お申し込みはこちらもご覧ください。
https://www.npwo.or.jp/info/20111

申し込み
参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です(先着500人)。
申込方法:こちらの申し込みフォームhttps://www.npwo.or.jp/entry-ninchishou20211205
からお申し込みください。

チラシのダウンロードはこちらから
https://www.npwo.or.jp/wp-content/uploads/2021/11/1205pr.pdf

開催形態
インターネットでのライブ配信

※会場での観覧はできません。
※インターネットに接続された環境下にあるパソコン、スマートフォン、タブレットで全国どこからでもご視聴いただくことができます。
※参加申し込みをいただいた方には、事前に「ライブ配信ご視聴の手引き」などの本フォーラムに関する資料を郵送します。(申し込みが11月26日以降の場合、事前資料はお送りしません。「ライブ配信ご視聴の手引き」「困った時は…(Q&A)」「プログラム」を11月25日にホームページに掲載しますので、そちらをご確認ください。)
※Wi-Fi(無線)接続の場合、状況により映像や音声が途切れる場合があります。長時間の視聴になるため、3G/4G/5G/LTE回線でのご視聴は、データ通信量が決められた上限に達してしまう場合がございますのでご注意ください。
※参加者ごとに個別の「ユーザー名」「パスワード」をお送りしますので、お一人ずつ事前申し込みが必要です。
※新型コロナウイルス感染症の影響などにより変更が生じた場合は、ホームページにてお知らせします。

問い合わせ
 NHK厚生文化事業団「認知症新時代フォーラム」係
 電話 03-5728-6633(平日 午前10時~午後5時)
 メール info@npwo.or.jp
 ※件名に「認知症新時代フォーラム」とお入れ下さい。

主催 NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ
後援 NHK横浜放送局 厚生労働省 公益社団法人認知症の人と家族の会
協賛 エーザイ株式会社


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社会福祉法人NHK厚生文化事業団 >
  3. 「認知症新時代 いきいきと暮らすために」オンラインフォーラムを12月5日(日曜日)にライブ配信します