ノルディックスキー複合の渡部暁斗選手とオールバーズがパートナーシップ契約。共に気候変動の問題に立ち向かう。

「Allbirds(オールバーズ)」は、ノルディックスキー複合の渡部暁斗選手とパートナーシップ契約を締結いたします。気候変動と密接に関わるウィンタースポーツと、ビジネスの力で気候変動を逆転させることを目標に掲げる「Allbirds」の想いが一致し、パートナーシップが生まれました。

©ファーストトラック / オールバーズ

長野県の白馬村で育ち、世界の山々を転戦する渡部選手にとって、気候変動は選手生命の危機でもあり、次世代のためにも挑戦すべき世界的な課題です。そのため、渡部選手が移動において排出するCO2(70トン)を、長野県の森林活動を通じてカーボンオフセットを行います。カーボンオフセットは本質的な気候変動の解決策ではないかもしれませんが、トップアスリートである渡部選手との取り組みが多くの方々の気づきとアクションに繋がることを期待しています。また、2022/23シーズンのヘッドスポンサーのみならず、渡部選手のトレーニングや普段履きのシューズを「Allbirds」がサポートし、製品フィードバックをいただきます。“ビジネスの力で、気候変動を逆転させる”という「Allbirds」の目標は、2030年までにカーボンフットプリントを、ほぼ「ゼロ」するだけでは達成できません。社会全体が変革するようなムーブメントを起こす必要があります。本パートナーシップ契約が、スキー業界のみならず、すべてのアスリートの行動にほんの少しでも変化をもたらすきっかけになることを願っています。

【渡部暁斗選手コメント】
「現状に満足せず、ビジネスの力で気候変動を逆転させるという目標へ向かうAllbirdsの強い意志と行動力に感銘を受けました。シーズンを共に戦って頂くことは、私が戦い続けることをこれまで以上に意味のあるものにしてくれます。足に吸い付くようなフィット感のシューズで足元を支えて頂き、新しい挑戦の道を歩んで行きたいと思います」

【「オールバーズ合同会社」マネージングディレクター 片岡正宏 コメント】
「スポーツと気候変動は、とても密接な関係にあります。特にウィンタースポーツは、雪がなければ決して成り立ちません。カーボンフットプリントと上手に付き合って、この地球を孫の世代まで美しく保っていくのが、我々が掲げるブランドミッションです。渡部選手のようなトップアスリートが「Allbirds」を着用するだけでなく、一緒に気候変動へ立ち向かっていただけるのは、我々のような若いブランドにとっては、まさに宝のような機会です。」
  • 渡部暁斗選手プロフィール

©ファーストトラック / オールバーズ

【渡部暁斗】
1988年5月26日生。長野県北安曇郡白馬村出身。ノルディック複合競技者。
・白馬高校在学中の2006年にトリノオリンピック出場。
・2010年バンクーバーオリンピック個人9位、2011年オスロ世界選手権5位と頭角を現す。
・2011/2012シーズンはW杯4勝、個人総合2位となり世界のトップに躍り出た。
・2014年ソチオリンピックでは、日本人として20年振り2人目の個人戦ノーマルヒル銀メダルを獲得。
・2017-2018シーズンは平昌五輪で銀メダルを獲得、さらにワールド杯総合優勝を果たした。
・2022年北京五輪で個人、団体銅メダルと獲得。・二児の父であり、地球温暖化で雪資源が減りゆく現状を問題視する

©ファーストトラック / オールバーズ

カーボンフットプリントとは?
カーボンフットプリントとは、製品を作るために排出されたkg CO2eのこと。
あらゆる温室効果ガスの排出量を、CO2の排出量に換算したものです。
「Allbirds」では2020年4月より、全製品においてカーボンフットプリントを表示。製造過程における排出量ゼロを目指すと共に、食品のカロリー表示のように、「地球のためにCO2e排出量を知る」が当たり前の世の中をつくります。
▼詳細はこちら https://allbirds.jp/pages/sustainability
 
  •  ストア情報
Harajuku Store
ストア名:Allbirds 原宿(オールバーズ原宿)
住 所 :東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル1階
営業時間:11:00 ~ 19:00 不定休

Marunouchi Store
ストア名:Allbirds 丸の内(オールバーズ丸の内)
住 所 :東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階 105区
営業時間:11:00 ~ 20:00 不定休
※ 日・祝日は10:00 ~ 19:00まで営業

Osaka Store ※〜2023年1月31日(火)
ストア名:Allbirds 大阪(オールバーズ大阪)
住 所 :大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館5F
営業時間:11:00 ~ 21:00 不定休

Online Store
URL  :allbirds.jp
送 料  :無料(日本国内のみ)
返品交換 :30日以内であれば無料
 
  • お客様お問い合わせ先
Tel: 0800-080-4054
email: help@allbirds.jp
 
  • Our Story

サッカーの元ニュージーランド代表のティム・ブラウンとバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー。2人の異色のチームにより、2016年にサンフランシスコで誕生したのが「Allbirds(オールバーズ)」です。
大きなロゴや派手なカラー、ケミカルな素材で作られた従来のシューズ製造に疑問を持ち、着目したのが、ティムの母国であるニュージーランドのメリノウールでした。ティムは優れたメリノウールの可能性を信じ、ジョーイとタッグを組み、快適性とサステナビリティ、シンプルなデザイン性を兼ね備えた「Allbirds」が誕生しました。
代表作である「Wool Runners(ウールランナー)」は最高級メリノウールが柔らかく足を包み込みます。保温性、通気性、防臭性に優れたその快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル、インソールにはヒマシ油、靴底はサトウキビから生まれたSweetfoamを用い、カーボンフットプリント排出量を抑えるといった環境配慮した徹底的なモノ作りを行ってきました。さらには洗濯機で丸洗いできるその利便性が共感を呼びました。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞の受賞経験もあり環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価は世界中に広まっていきました。
その後も、ユーカリ繊維で作られた通気性と快適さをそなえたメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズ、ズワイガニから防臭性のあるキトサンを抽出したTrinoXOをTシャツに採用するなど、サステナブルで革新的な素材開発を行い、地球環境への負荷を考慮した現代社会に必要とされている商品を世の中に送り出しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Allbirds合同会社 >
  3. ノルディックスキー複合の渡部暁斗選手とオールバーズがパートナーシップ契約。共に気候変動の問題に立ち向かう。