ファーウェイ:業績回復を促進し試練多き環境を乗り切るためにポートフォリオを最適化

[2021年4月12日、中国深圳市] 深圳市で、ファーウェイによる第18回グローバルアナリストサミットが開幕しました。イベントでは産業界および金融アナリスト、主要オピニオンリーダー、メディア代表など400名以上の参加者を会場に迎え、オンラインでも世界中のアナリストとメディア代表が参加しました。
 

第18回グローバルアナリストサミット基調講演を行うファーウェイ輪番会長 Eric Xu氏第18回グローバルアナリストサミット基調講演を行うファーウェイ輪番会長 Eric Xu氏


ファーウェイ輪番会長のEric Xu氏より、同社の2020年の業績および今後の戦略的イニシアチブについて講演がありました。Xu氏によると、ファーウェイの今後の予定は以下の通りとなります:

・業績回復を促進するため、ポートフォリオを最適化:この一環として、ファーウェイはソフトウェア能力を強化するとともに、インテリジェント・ビークルのコンポーネントと併せ先進プロセッシング技術への依存度がより低い事業への投資を強化

・5Gのバリューを最大化し、業界関係者と5.5Gを定義しモバイル・コミュニケーションの進化を促進

・すべてのユーザーシナリオに渡り、シームレスでユーザーセントリック、かつインテリジェントな実体験を提供

・低炭素社会に向けエネルギー消費を削減するイノベーション

・サプライの継続性の課題に対応

「世界中の半導体サプライチェーンにおいて信頼を再構築しコラボレーションを復元させることは、この業界をあるべき姿に戻すために欠かせません」とEric Xu氏は述べています。

「ファーウェイは引き続き、全世界を取り巻く複雑かつ不安定な環境の中に身を置くことになります。COVID-19の観戦再拡大および地政学的不安定要素により、あらゆる組織、事業、そして国々が課題に直面しています。ファーウェイはデジタルテクノロジーの力で、私たち全員が直面する問題への新たなソリューションを生み出せることを心から信じています。そして私達は、お客様とパートナーと共にすべての人々、家庭、組織が完全につながり合い、かつインテリジェントなデジタル環境を提供するため、イノベーションとデジタル・トランスフォーメーションの促進を続けていきます。

ファーウェイ取締役および戦略研究院院長であるWilliam Xu氏はその基調講演の冒頭で、高齢化社会および高い水準であり続けるエネルギー消費など、この先10年の社会的ウェル・ビーイングに影響する課題について言及しました。2030年のインテリジェントな世界についてのファーウェイの見通しについても、9つの技術的課題と研究内容として言及しました。これには、次のものがあります:

1)     数百億もの多様なコネクションに対応できる5.5Gを定義

2)     ファイバーの伝達能力を爆発的に増加させる、ナノスケールオプティクスの開発

3)     すべてのものをつなげるためのネットワークプロトコルの最適化

4)     インテリジェントな世界に対応する、十分な先進コンピューティング能力の提供

5)     産業AIでブレイクスルーを生み出す、膨大な量のデータからの知識の抽出

6)     フォン・ノイマンアーキテクチャを超え、100倍濃密なストレージシステムを構築

7)     コンピューティングとセンシングを組み合わせ、ハイパーリアリティかつマルチモーダルな実体験を実現

8)     個々人のバイタルサインの継続的自己管理により、さらに積極的な健康維持の実現

9)     よりグリーンな電源の発電、蓄電、消費のためのインテリジェントなインターネット・オブ・エネルギーの構築

William Xu氏は、次のように話しています。「これからの10年は、社会で多くの偉大な改善を目にすることになるでしょう。これらの努力課題に取り組むことで、様々な産業、学会、研究機関、アプリケーション開発者と力を合わせ、人類が直面する共通の試練に対応していけることを期待しています。共有されるビジョンの元、私たちにはそれぞれ接続性をより強力に、コンピューティングをより早く、そしてよりグリーンなエネルギーを実現するために果たすべき役割があります。2030の『インテリジェントな世界』に向けて、共に手を取り歩んでいきましょう。」
 
ファーウェイ・グローバルアナリストサミットの第1回目は2004年に開催され、以来毎年継続されてきました。今年のサミットでは、「完全につながったインテリジェントな世界」をテーマに4月12日から14日にかけて開催され、世界中の産業界の専門家の知見を共有し未来のトレンドを議論し合う多くのセッションが開かれます。
  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン >
  3. ファーウェイ:業績回復を促進し試練多き環境を乗り切るためにポートフォリオを最適化