高速・精密造形!「RAYSHAPE」光造形3DプリンターがECサイト「サンステラ3Dモール」で販売開始!~精密な造形が可能で耐久性が高いDLP方式を採用~

高速・精密造形で世界中の大手メーカーへの納入実績。ついに日本上陸。

株式会社サンステラが運営するECサイト「サンステラ3Dモール」において、「RAYSHAPE」ブランドの3Dプリンターを販売開始。
DLP方式で高速造形が可能、繊細な造形と高い安定性、工業グレードの樹脂が利用可能です。
URL: https://sunstella.co.jp/collections/ray-shape
コンシューマー向けの3Dプリンター・マテリアルの輸入販売を手掛ける、
株式会社サンステラ (本社:東京都豊島区、代表取締役:和田 裕介)は、株式会社サンステラが運営するECサイト「サンステラ3Dモール」におきまして、「RAYSHAPE」ブランドの3Dプリンター・レジンの販売を開始いたします。

株式会社サンステラはRAYSAHPEブランドの日本総代理店です。
関連会社の株式会社フュージョンテクノロジーを通しての法人営業販売も行っております。
 


【「RAYSHAPE」DLP 3Dプリンターについて】

RAYSHAPE 3DプリンターはDLP方式を採用しており、
フュージョンテクノロジーとして販売実績のあるSLA方式と比較して、造形時間が早く、同じ時間で複数の造形物を同時に造形する事が可能です。
一般的な汎用のレジンが利用できる他、RAYSHAPE独自開発の工業グレード樹脂が利用可能で、造形物を最終製品として利用することも可能です。


【「RAYSHAPE」DLP 3Dプリンターの特長】

高速造形!コンシューマー機と比較し、30%以上高速に!
造形速度が速いことが特徴です。
大型造形品でも、コンシューマー機での通常の造形の30%以上早く造形が可能なため、
リードタイムを大きく縮小することができます。

安定造形・メンテナンスフリーで高寿命
高精度・高品質の工業用DLPプロジェクターを搭載しており、LCD方式の3Dプリンターと比較してメンテナンスが簡単。部品が高寿命で末永くお使いいただくことができます。
歪みや減光が少なく、光の均一性が高いため、成功率が高く、大量生産のニーズを満たすことができます。

画素サイズは最小32.5μm
DLPプロジェクターの画素サイズは最小32.5μmまで印刷することが可能です
(Shape1+:100μm / Shape1+HD・P200:75μm / P400:65μm / P200HD・P400HD:50μm / P200UHD:32.5μm)。金型製品を凌駕する繊細なディテールを容易に再現することができます。
この高精度な印刷機能は、医療業界、精密電子機器業界、科学研究機関、その他の業界や企業に新たな可能性をもたらします。

最大60℃まで加熱可能。高粘度・高分子樹脂が利用可能に。
ビルドチャンバーにはハイパワー熱風ヒーターが搭載されており、10分以内に60℃まで(Shape1+/Shape1+HDは30℃までの対応)加熱することができます。

これにより、今までのDLP・LCD方式の3Dプリンターでは難しかった高分子量・高粘度の感光性樹脂が利用可能になり、高い総合機械強度や物理的特性を備えた造形物をプリントできます。
また、最終用途部品の直接製造も可能になります。

工業グレードの樹脂も豊富にラインナップ。オープンレジンで市販の水洗いレジンも利用可能。
RAYSHAPE の純正レジンとして10種類の工業グレードレジンをラインナップ。
スタンダードレジンだけでなく、高耐熱レジンや高強度・高剛性・高靭性レジン、ディテールレジンなど、様々な用途に合わせ用意されます。
また、オープンレジン方式の為、国産の水洗いレジン等安全性に配慮された樹脂や他社プリンターとの備品共通化も可能で、拡張性とコストパフォーマンスがとても優れています。

充実のアフターサポート。テクニカルサポートは無料。
ご購入後にありがちな「印刷設定」のご相談やエラーなど、お客様で解決の難しい不明点がある場合、法人向け関連会社株式会社フュージョンテクノロジーのテクニカルサポートにてご対応致します。
「使っていただいてこその3D プリンター」という方針の元、メール対応であなたをサポート。
レジンや備品類も全て国内在庫を行うため、必要なタイミングで素早くお届けします。



 
取り扱いラインナップ

 


Shape 1+ series
Shape1+
Shape1+HD

Shape 1+は、まったく新しいDLP方式3Dプリンターとして誕生しました。これまでSLA方式の大きな問題だった造形時間の長さを、同等の精度を持たせたまま大幅に短縮。さらに安定性も向上させて、印刷のロスも改善しています。
直感的に操作できるタッチパネル方式。使いやすいスライスソフト「ShapeWare」付属。材料は「フリーレジン」方式なので縛りが無く、自由に材料を選んで使うことが可能です。
まったく新しいDLP 3Dプリンター「Shape 1+」は製造現場に新たなイノベーションを生み出す理想的なデバイスです。
価格:要問合せ(参考価格110万円程度)


P200 series
P200
P200 HD
P200 UHD

P200のピクセルサイズは75μm超高精度の印刷が可能で、ミリメートルレベルのディテールを簡単に再現できます。またタフな産業現場に対応するべく、工業用のグレードの高品質DLPプロジェクターを搭載。歪みが最小限で、光の均一性が高く、光の減衰が少ないのはもちろん、長時間の使用強度に耐え、大量生産のニーズを満たすことができます。さらに、庫内温度は60℃まで加温でき、これまで使えなかった粘度の高いレジンでも印刷が可能。P200は、高付加価値をもたらす高性能精密部品のダイレクトプリントに最適なDLP 3Dプリンターです。

価格:要問合せ(参考価格240万程度)


P400 series
P400
P400HD

産業用として開発されたP400シリーズは、当初から大型印刷や量産を想定し、大きな造形エリアが特徴です。産業用として正確な出力制度を追求した独自の補正機能により、高精度と高解像度を実現しました。庫内温度は60℃まで加温でき、これまで使えなかった粘度の高いレジンでも印刷が可能。さらに印刷安定性にも優れ、サポート材も独自の技術で除去しやすく、印刷後の後加工時間が大幅に削減できます。そして何よりDLP方式による圧倒的な印刷時間の短縮は、これまでの生産現場を凌駕します。

価格:要問合せ(参考価格530万円程度)
 


 レジン各種​
  • スタンダードレジン
  • Tough 20 レジン
  • Rigid 20 レジン
  • Red-HD レジン
  • Pro 10 レジン
  • Hi-Temp 160 レジン
  • Fastレジン 
  • E-ABS 10 レジン
  • Detailed レジン
  • Clear 10 レジン


「サンステラ3Dモール」
【URL】
https://sunstella.co.jp/
【取り扱いブランド】
Creality・Polymaker・Tiretime・EinScan
今後取扱い予定:Elegoo・formlabs・INTAMSYS・各種業務用フィラメントメーカー等
※取扱ブランド拡大中。お取引をご希望の方はご連絡ください。

 
【RAYSHAPE 3Dプリンターについて】
Suzhou Rhensai Intelligent Technology Co.は、2014年中国蘇州で設立された、3Dプリンターメーカーで、安定した造形精度に定評があり、中国国内においてSONYやHuaweiをはじめ数々の大手メーカーへの導入実績があります。株式会社サンステラが日本総代理店契約を締結いたしました。


【株式会社サンステラについて】
株式会社サンステラはPolymaker社・RAYSHAPE社の日本総代理店・Creality社・Elegoo社・Tiretime社・formlabs社・SHINING 3D社・SUNLU社の日本正規代理店として、世界中の優れた3Dプリント機器・各種造形材料の輸入販売・技術サポートを行っています。
10年に及ぶ3Dプリンターのサポート実績、お客様に安心してお買い求めいただける体制を整えております。
ものづくりの世界を通じてお客様の喜びと幸せに貢献するオンリーワンの企業を目指し、
2007年の創業より3Dプリンティング分野に対して多くの革新をもたらしています。

 

■会社概要
商号 : 株式会社サンステラ
代表者 : 代表取締役 和田 裕介
所在地 : 〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-3 REID-C 6F
設立 : 2014年7月
事業内容 : 3Dプリンターの販売・開発・技術サポート、各種造形材料の輸入・販売
資本金 : 1,000万円
URL : https://sunstella.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サンステラ >
  3. 高速・精密造形!「RAYSHAPE」光造形3DプリンターがECサイト「サンステラ3Dモール」で販売開始!~精密な造形が可能で耐久性が高いDLP方式を採用~