【日本テラデータ:2018年 年頭所感】ビジネスの未来予測を支援するアナリティクス

日本テラデータ株式会社
代表取締役社長 高橋 倫二

 新年おめでとうございます。

 昨年は、AIやIoT、そしてクラウドを活用したデジタル変革が加速し、業務効率化による働き方改革、成果報酬型ビジネスやシェアリング・エコノミーの拡大など、新しいビジネス・モデルが次々に登場した1年になりました。
 本年もテクノロジーが進化し続けるなか、企業は日々生み出される膨大なデータを活用して、投資リスクを低減しつつROIを最大化し、競合他社に先んじて素早く行動することが求められます。

 ビジネスの未来予測が困難な時代に、テラデータは、戦略的にアナリティクスを活用して、大きなビジネス成果獲得を目指す企業を支援します。製造、金融、流通・小売など各業種のビジネスやテクノロジーに精通したコンサルタント、およびデータサイエンティストが、お客様のビジネス要件に合わせ、先進的なアナリティクスの活用戦略策定からアーキテクチャー設計、構築と運用管理まで包括的なサービスを提供します。

 また、クラウド、オンプレミスを問わない柔軟な価格体系で、どこでもアナリティクス環境を迅速かつスケーラブルに利用できる「Teradata Everywhere™」戦略により、企業の投資リスクを低減し、高い費用対効果を実現します。さらに、企業が抱えるAIのスキルセットや人材不足を補い、AIに対する投資と実装リスクを低減するエンタープライズ向けの各種AIソリューションおよびサービスも提供します。

 テラデータは昨年、独立10周年を迎えました。日本においても事業強化のためのトランスフォーメーションを加速して、「データとアナリティクスのリーディング・カンパニー」としての価値を高め、ビジネスとテクノロジーの両面から日本企業のデータ活用における競争力強化の貢献を目指してまいります。

 本年も、日本テラデータにぜひご期待頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 年頭所感
https://www.teradata.jp/Press-Releases/2018/New-Year-Message-2018

# # #

◆ テラデータについて
 テラデータは、顧客企業のビジネス成果を最大化する支援を行っています。ビジネス・アナリティクス・ソリューション、アーキテクチャ・コンサルティング、および業界をリードするビッグデータとアナリティクスのテクノロジーのポートフォリオが、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。http://www.teradata.com/

* TeradataおよびTeradataロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本テラデータ株式会社 >
  3. 【日本テラデータ:2018年 年頭所感】ビジネスの未来予測を支援するアナリティクス