M&Aクラウド、STRIVE・四方智之が取締役に就任

経営体制及びガバナンス強化と企業価値向上を図る

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営する株式会社M&Aクラウド( https://macloud.jp/ )は、2021年10月に発表した資金調達ラウンドにおけるリードインベスター・STRIVEの四方智之が取締役に就任したことをお知らせいたします。

M&Aクラウドは「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに掲げ、売り手企業が無料かつオンラインで買い手企業の情報を閲覧し、直接打診ができるM&Aおよび資金調達のマッチングプラットフォームを展開しています。M&Aはスタートアップの出口戦略としても注目度が高まっており、買い手・売り手ともにさらなる需要の拡大が予想される中、M&Aクラウドは2021年10月に約10億円の資金調達を完了し、買い手・売り手双方のニーズに応える新機能の開発やサポート体制の強化を図っています。この度、同資金調達ラウンドのリードインベスター・STRIVEに参画している四方智之を取締役に迎えることで、経営体制及びガバナンス強化と企業価値向上を図り、ミッションの実現に向け取り組んでまいります。

■四方智之プロフィール
ジョージタウン大学外交政策学部卒
大学在学中に米国にて政治経済メディアを創業。新卒でGE(ゼネラル・エレクトリック)にてファイナンスのリーダー育成プログラムであるFMPに所属し、エネルギー部門の北アジア3ヶ国のファイナンス・経営企画業務や、ヘルスケア部門の営業戦略立案に従事。2018年にSTRIVEに参画。

■新取締役 四方智之 コメント
今回取締役を拝命し、チームM&Aクラウドの一員としてご一緒できることを光栄に思います。
M&Aクラウドのビジネスは、企業にとって大きな成長機会となりえるものであり、経済の持続的な成長に不可欠だと考えます。
今後日本経済全体およびスタートアップエコシステムの成長を支えるような偉大な会社をともに創っていければと思います。取締役として、常にチームを応援しつつ、あらゆるリソースを注ぎ込む所存です。

■代表取締役CEO 及川厚博 コメント
四方さんの投資先にフルコミットしていく姿勢が、M&Aクラウドの掲げる企業価値最大主義と非常にマッチしていて、共にM&A業界をUPDATEしていけることがとても楽しみです。背中を預けて戦える方だなと感じています。10兆円企業の礎を一緒に築いていきましょう!

■ M&Aクラウド概要
社名:株式会社M&Aクラウド
設立:2015年12月7日
所在地:東京都新宿区新宿一丁目34-16 清水ビル3階
代表者:及川 厚博(おいかわ あつひろ)・前川 拓也(まえかわ たくや)
資本金:1億円(累計資金調達額:12億4千万円)
URL:https://corp.macloud.jp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社M&Aクラウド >
  3. M&Aクラウド、STRIVE・四方智之が取締役に就任