Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表

〜キャッシュレス社会の実現を加速〜

ウォレットアプリ「Kyash」、決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供する
株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、このたび凸版印刷株式会社(本社: 東京都台東区、代表取締役社長: 麿 秀晴、以下「凸版印刷」)、三菱UFJニコス株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 石塚 啓 以下「三菱UFJニコス」)と業務提携契約を締結しました。これにより、さらに広い範囲でのキャッシュレスを実現してまいります。

  • 凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携について
凸版印刷株式会社 執行役員新事業開発本部長 田中秀武氏からコメント
凸版印刷は、Kyashが提供する決済プラットフォーム「Kyash Direct」のより広範な事業推進において協業いたします。
私たちは、Kyash社のサービスや業態の枠を超えて、価値移動ができるプラットフォーム構想に強く共感し、業務提携を締結させて頂く運びになりました。これまでの金融・貨幣とは異なる新たな“金融(価値)サービス”事業者として、我が国の社会課題となっているキャッシュレス社会の構築に、大きく寄与するスタートアップであると期待をしております。今般、協業できることを大変喜ばしく思っており、Kyash Directの普及に向けて、事業連携を進めるとともに、新たな共同サービスの開発を実施してまいります。

三菱UFJニコス株式会社 デジタル企画部長 熊田健一氏からコメント
三菱UFJニコスはウォレットアプリ「Kyash」の利用促進や新規ビジネス開発などについて協働いたします。
アプリを用いた個人間送金や決済が多数登場する中、当社にとってKyash社のサービス、優れたUI/UXデザインは大変魅力的です。今回の提携を通じて両社の強みを活かすことによりオープンイノベーションを実現し、決済サービスを通じたキャッシュレス化の加速を目指します。

■ Kyashについて
Kyashは「価値移動のインフラを創る」というミッションのもと、カード発行・プロセシングプラットフォームを提供しています。
Kyashが発行するVisaカードは国内外のVisa加盟店でご利用いただけます。
またスマホ(非接触)決済にも対応しており、全国のコンビニ、スーパー、タクシーなど幅広い店舗で利用可能です。個人向けにはウォレットアプリ「Kyash」を、パートナー企業へはAPIを通じて即座にVisaカードを発行できる「Kyash Direct」を提供しています。

【会社概要】
会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号
代表者:代表取締役 鷹取 真一(一般社団法人 Fintech 協会理事 )
設立:2015 年 1 月 23 日
資本金:27億7,493万円(資本準備金含む)
主要株主:Goodwater Capital、JAFCO、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SBI Investment、新生企業投資、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、凸版印刷、等
業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」の運営
URL:https://kyash.co
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Kyash >
  3. Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表