【プレスリリース】50代社員の活躍・キャリア自律を支援する 研修等サービスを提供開始

定年前後に備えるキャリア支援プログラム。黄昏研修ではなく、人生100年時代に向けて社員が「雇用関係に依らず仕事をする」ための研修等支援サービス

自分の名前で仕事をしたい人のための非営利支援団体 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (東京都中央区、代表理事:平田麻莉、以下「フリーランス協会」)は、この度、50代・60代のベテラン社員の定年前後に向けたライフキャリア支援プログラム「50代からの自律志向人材育成プログラム」をリリースします。

■プログラム設立の背景


人生100年時代となりつつある現在、労働人口減少により人材活用の重要度が高まる中で、2021年4月から70歳までの就業機会確保が企業の努力義務となり、企業での雇用延長以外に70歳まで継続的に業務委託契約するという選択肢も追加されることとなりました。

このドラスティックな社会変化を受けて、ベテラン社員のセカンドキャリア構築の選択肢の一つとして、雇用関係に依らない個人事業主等として収入を得ていく基盤づくりを支援をしたいという企業からのご相談が増えています。

そこで、実際に活躍している個人事業主や副業ワーカーが多数所属する当協会の豊富な知見や事例、マッチング事業者等とのネットワークを活かし、社員が自分のやりたいことやスキルを棚卸しして「雇用関係に依らず、自律したキャリアを築く」ための研修・伴走支援や他関連サービスを提供します。

■キャリア支援プログラム概要    名称:50代からの自律志向人材育成プログラム


メニュー:


1.定年前後に向けた副業・兼業・独立支援研修*最低2時間から。プログラムは以下などご要望に応じ調整可能

ベテラン社員のこれからのライフキャリアを考えるワークショップ
転職・副業・独立・ボランティアなど、働く選択肢を知る
副業・開業の手続き(開業届・登記・税金・保険などの開業手続き等)
開業の法律や実務知識(契約書締結、請求書発行方法、経理など)
自分の名前で仕事を取るには(何を業務にするかの切り出し、営業方法、人材マッチング事業者によるレクチャーなど)

2.副業・兼業チャレンジサポート

仕事を受けやすいプロフィールを作る
マッチングサービスの紹介・登録方法
自分にあった案件の探し方、相手に響くアプローチ方法
個別サポート

3.従業員の意識調査・アンケート支援

今後の希望する働き方調査(副業、業務委託契約等含む)
定年前後のキャリア意識調査
今後のキャリア形成に向けてのニーズ把握(学びたいテーマ・ノウハウ等)

4.ベテラン社員向けキャリアカウンセリング

フリーランス協会認定「フリーランス&パラレルキャリア支援アドバイザー」による個別カウンセリング

5.人事・上長・経営層向け支援サービス

(経営)(人事)副業や業務委託制度導入のコンサルティング
(上長)ベテラン社員・副業実施社員のマネジメント研修
社内セミナー等

価格:下記フォームよりお問い合わせください。
https://forms.gle/aQPc1tnbE377tR4z8


■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について

「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティ。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使える「ベネフィットプラン」(福利厚生制度)や、フリーランス版イエローページ「フリーランスDB」を提供するほか、フリーランスや副業・兼業など多様な働き方に関する実態調査や政策提言、多彩なイベント運営、サービス開発等を行っている。フォロワー総数42,064名、一般会員数5,826名、賛助企業235(内、コワーキングスペース112)社。(2020年12月1日現在)

<団体概要>
・法人名 :一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・URL  :https://www.freelance-jp.org
・代表理事:平田麻莉
・設立日 :2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・所在地 :東京都中央区 八重洲2-8-7 福岡ビル4F DIAGONAL RUN TOKYO内


【本プログラムに関するお問い合わせ先】
フリーランス協会プログラム事務局担当:cr-staff@freelance-jp.org
または、https://forms.gle/aQPc1tnbE377tR4z8よりお問い合わせください
  1. プレスリリース >
  2. プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 >
  3. 【プレスリリース】50代社員の活躍・キャリア自律を支援する 研修等サービスを提供開始