エディオン、約1,200店舗と本部のコミュニケーションツールに「Shopらん」を導入

-他システムとの連携で、多店舗運営全体の業務改善-

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、株式会社エディオン(大阪府大阪市、代表者:久保 允誉、以下エディオン)が展開する家電専門店「エディオン」(以下エディオン)を始め、グループ全店舗に多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん®(ショップラン)」を、2020年10月より導入したことを発表いたします。エディオンでは「Shopらん」導入によってグループ全体約1,200店舗、10,000人以上のスムーズなコミュニケーション実現を目指します。
これまでのエディオンにおける本部-店舗間コミュニケーションはオンプレミスの掲示板が中心でした。掲示板は導入から時間が経過していたため機能が陳腐化しており、バージョンアップも困難でした。
そこで、エディオンでは本部-店舗間のコミュニケーションに特化したクラウドサービスの「Shopらん」を導入しました。導入の理由は下記の3点です。

Shopらん導入の理由
  • シンプルで分かりやすい画面と整理された情報で業務効率向上が期待できる
  • 他システムとの連携により、本部-店舗間だけでなく本部内を含めた多店舗運営全体の業務改善につながる
  • クラウドサービスであるため、環境維持やバージョンアップにかかる人員負荷やコストを抑制できる

エディオンが「Shopらん」活用で目指す姿

エディオンでは、クラウドサービスを活用することでクイックに成功を積み上げることを目指しています。「Shopらん」導入においても、導入後1ヵ月を目安に「Shopらん」の情報が整理される店舗ポータルのほか、既読管理機能や利用状況を可視化するダッシュボードを活用することで、フランチャイズ店を含むすべての店舗に正しく情報が浸透する状態になることを目標としています。
その後も、タスク管理や、アンケートなどにも活用を広げることで、エディオンにおける店舗運営レベルの向上に貢献することを期待しています。

 

 

 


『Shopらん(ショップラン)』について https://shoprun.jp/

 

「Shopらん」は、多店舗企業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。本サービスはアダストリア様やすかいらーく様、RIZAP様など幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約37,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。「Shopらん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※サービス概要や事例を紹介するセミナー動画を公開中
 https://shoprun.jp/mov/intro-seminar-apply/

株式会社ドリーム・アーツについて https://www.dreamarts.co.jp/
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドリーム・アーツ >
  3. エディオン、約1,200店舗と本部のコミュニケーションツールに「Shopらん」を導入