富士見町開発合同会社とヒルトン、2022年の開業に向け「ヒルトン広島」を2月1日より着工

中四国で初進出となるヒルトンの起工式を実施

せとうちDMOを構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション(広島県広島市、代表取締役社長:藤田明久 以下、瀬戸内ブランドコーポレーション)、およびヒルトン(米国バージニア州、取締役社長 兼 最高経営責任者:クリストファ J. ナセッタ)は、富士見町開発合同会社が「ヒルトン広島」の起工式を本日執り行い、2020 年 2 月 1 日より着工することをお知らせいたします。

外観完成イメージ図(ヒルトン広島)外観完成イメージ図(ヒルトン広島)

起工式は、五洋建設・増岡組特定共同企業体が主催し、広島県知事、広島市長、広島商工会議所会頭ら約70名が出席し、神事が行われ、建設中の安全を祈願しました。

中国・四国地方で初進出となる「ヒルトン広島」は世界遺産の原爆ドームや広島市中心部の繁華街から徒歩圏内に位置し、420室の客室、料飲施設やスパ、プールなどに加えて、国際会議の開催が可能な約1,300平米の会議施設を備え、広島市の高次元都市機能の強化や、観光振興への貢献を目指します。

同ホテルは、富士見町開発合同会社とヒルトンとの間で、2018年に運営委託契約の締結がされています。また、瀬戸内ブランドコーポレーションは、ホテル建設にあたり、株式会社せとうち観光パートナーズ(広島県広島市中区基町、代表取締役社長:丹治朋之 以下、せとうち観光パートナーズ)が管理運営する「せとうち観光活性化ファンド」を通じて、富士見町開発合同会社に対する資金支援も行っています。

参考資料
【ホテル概要】
所在地:広島市中区富士見町11-4、11-5、11-14、11-15、11-18(地番)
敷地面積:6,403㎡
延床面積:48,050 ㎡
建物規模:地上22階
構造:鉄骨造
客室数:420 室
館内施設:オールデイダイニング含むレストラン・ラウンジ・バー、コンベンション施設、屋内プール、エグゼクティブラウンジ、フィットネス、スパ、チャペル等
設計:浅井謙建築研究所株式会社
施工:五洋建設・増岡組 特定共同企業体
着工:2020年2月
竣工:2022年 4月(予定)
開業:2022年(予定)
※上記は2020年1月現在の計画で、今後も予告なく変更する場合がございます。

【ホテル位置図】


【完成イメージ図】

コンベンションホールコンベンションホール

客室客室

ロビーロビー

※いずれもイメージ画像です。

###
株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションについて
瀬戸内地域を中心とした金融機関と域内外の事業会社計46社の出資を得て設立。せとうち観光推進機構と緊密な連携をとり、プロモーションを通じて創出した観光需要の受け皿として自主事業を展開するほか、事業者に対する事業開発支援、98億円の観光活性化ファンドを活用した経営支援や資金支援を行い、瀬戸内地域の価値の最大化を目指しています。

一般社団法人せとうち観光推進機構について
瀬戸内地域7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の行政と民間の事業会社が参画。綿密な調査に基づくマーケティング戦略により瀬戸内の魅力を国内外の人々に発信し、新たな観光需要を創造しています。また、地域の事業者による新たな観光プロダクト(観光サービスや地域産品等)の開発促進にも取り組んでいます。

せとうち観光活性化ファンドについて
瀬戸内地域7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)の地方銀行および株式会社日本政策投資銀行と株式会社海外需要開発支援機構の出資により組成されました。瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうち観光活性化ファンドを活用した資金調達や事業者支援の決定・実行を行い、せとうち観光パートナーズは、せとうち観光活性化ファンドの管理運用を行っています。

富士見町開発合同会社について
ホテル開発を目的に、瀬戸内ブランドコーポレーションが設立した特別目的会社です。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界117ヵ国に約6,000軒(954,000室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、「the 2019 world’s best workplaces list(2019年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング)」のひとつとして選ばれています。ヒルトンはこれまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。

現在、17のグローバル・ブランド・ポートフォリオ(ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、LXRホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、シグニア・ヒルトン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトン、エンバシー・スイーツbyヒルトン、モットーbyヒルトン、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトンbyヒルトン、トゥルーbyヒルトン、ホームウッド・スイーツbyヒルトン、ホーム2 スイーツbyヒルトンおよびヒルトン・グランド・バケーションズ)を展開しています。(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・16軒のホテルを展開)また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億人以上を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。
最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒルトン >
  3. 富士見町開発合同会社とヒルトン、2022年の開業に向け「ヒルトン広島」を2月1日より着工