バイオポリアミド市場2026年に96億円規模に

MDB Digital Search 有望市場予測レポートシリーズにて調査

株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR 本社:東京都港区、代表取締役:譲原正昭)が提供するMDB Digital Searchではバイオポリアミド市場を調査し市場規模を推計いたしました。
【URL】 http://search01.jmar.co.jp/mdbds/
バイオポリアミド市場規模・予測


バイオポリアミド市場概況
・2026年度の国内バイオポリアミド市場は96億円となる見込み
・バイオポリアミドとはポリアミドの一種で、植物油であるヒマシ油を原料として製造される
・低吸湿性、軽量性、耐衝撃性、耐薬品性等に優れるという特性からエンジニアリングプラスチックとして活用される
・主要用途の自動車部品の他、電子部品、スポーツ用品、医療機器、3Dプリンター用材料など用途は幅広い
・石油原料由来のポリアミドに比べ植物由来の製品のためCO₂削減効果を持つことから、環境性を評価した利用も拡大が見込まれる

ポリアミド(PA)とは、アミド結合によって多数のモノマーが結合してできたポリマーの総称です。バイオポリアミド(バイオPA)はポリアミドの一種で、バイオマス(生物資源)の植物油であるヒマシ油を原料として製造されます。主なバイオPAとして、ヒマシ油が原料100%のPA11と、ヒマシ油が原料の約60%で残りは石油由来原料で製造されるPA610があります。

バイオPAは低吸湿性、軽量性、耐衝撃性、耐薬品性等に優れるという機能性を持つことから、エンジニアリングプラスチックとして市場を形成してきました。特に自動車部品が主要用途で、バイオPAの機能性に加え、金属部品の代替としてバイオPA採用の部品を用いることで車両の軽量化を実現できる点も利用メリットとなっています。バイオPAの用途は幅広く、電子・電気部品メーカーからはコネクタ等で採用されているほか、スポーツ用品や医療機器、高機能3Dプリンター用材料としても需要が伸びています。

機能性が評価されてきたバイオPAですが、国連の2015年のパリ協定やSDGsの採択を契機とした脱炭素化の潮流、ESG投資の活発化を背景に、近年はバイオPAの持つ環境性への関心が高まっています。CO₂排出量削減を目的に、100%石油由来PAから、植物由来のバイオPAへと切り替えが進むことも予想されます。

2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大や半導体不足の影響により自動車の生産が落ち込んだため、バイオPA市場も停滞が生じましたが、2022年度以降は自動車生産台数の本格的な回復とともにバイオPA市場も拡大に転じることが予想されます。大手メーカーの生産体制強化による供給量の増加、環境性を評価した採用増加などを要因に、市場は今後拡大が見込まれます。

本調査では、国内におけるバイオPAの出荷金額を対象に市場規模を推計しました。

本調査結果の詳細は、JMARが提供するリサーチプラットフォームMDB Digital Search
http://search01.jmar.co.jp/mdbds/)に同レポートを収録し、ご提供しております。

レポートの構成
1. 調査対象市場定義  2. 主要参入企業一覧  3. 市場規模・予測  4. 価格動向  5. マーケットシェア
6. 主要参入企業動向  7. 業界構造・ビジネスモデル  8. ユーザー動向  計6ページ
MDB Digital Searchでは、「有望市場予測レポート」シリーズとして、各種の新サービス・注目製品の市場規模を推計しています。

【会社概要】
会社名: 株式会社 日本能率協会総合研究所
所在地: 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22日本能率協会ビル5階
代表者: 譲原 正昭
設立:  1984年4月
URL:  http://www.jmar.co.jp/
事業内容: 官公庁の政策立案・計画立案のための調査研究事業と、民間企業のマーケティング、コンサルティングを行う調査研究事業、および、会員制のビジネス情報提供サービス事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 日本能率協会総合研究所 >
  3. バイオポリアミド市場2026年に96億円規模に